ヒエラポリスとエフィソスの遺跡

アンカラ → カッパドキア(2泊) → コンヤ → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

トルコといえば、カッパドキアやパムッカレといった大自然の世界遺産が有名だが、じつはたくさん遺跡がある。

これはローマに支配された時代があったためで、その時代のものが何箇所か観光地として残されているのだ。

イタリア旅行記の中(特にポンペイ)でも書いたが、ローマ人はすごい!

2000年前に、すでに下水道を作って、お風呂を作って、二階建ての家を作って、商売をやって・・・近代に近い暮らしをしていたんではないだろうかと思われるような建築技術・知識と生活水準を持っていた。

そんな彼らの技術を垣間見ることの出来る遺跡・・・・ヒエラポリスやエフィソス、ベルガモン(アクロポリスとアスレピオン)が有名だ。

2006_0916turkey0102 ← ヒエラポリスのトイレ   エフィソスのトイレ → 2006_0916turkey0121

 なかでも、エフィソスの遺跡は、他と比べるとかなり保存状態が良く、とても面白い。

かなり広範囲にわたるので、ガイドさんの話を聞きながら2時間近く観て周れるほど。

例えば、既にこの時代に娼婦の家があり、その看板が残っていたり、右上の写真に見るトイレ、門の美しい彫刻、班円形劇場などなど見ごたえばっちり!

またエフィソス考古学博物館もあって、遺跡から発見された彫刻などがきれいに保管されている。女神アルテミスの神殿の模型などもあり、とても見ごたえあり。

エフィソスは遺跡好きにはたまらないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白い綿の城、パムッカレ

アンカラ → カッパドキア(2泊) → コンヤ → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

いよいよ、トルコでカッパドキアと並んで有名な世界遺産のひとつ、パムッカレへ!

カッパドキアとパムッカレを訪れることがここ数年来の私の最大の夢だったので、果たすことが出来て本当に幸せだ。

パムッカレとは綿の城という意味で、白い石灰の段々畑のような美しい風景が広がっている。 パムッカレを知らない人でも、テレビや雑誌や旅行会社のポスターなどで、その美しい白い城を目にしている人も多いだろう。

2006_0916turkey0108 石灰質を多く含む温泉が同じところを何度も何度も流れて、こうした段々畑を形作っていったのだ。 自然の力はすごい。

2000年前のローマ時代からここは保養地となったほど温泉がたくさん湧き出ていたのだろうが、現在では悲しいことにその量が減ってきているらしい。ここにも地球温暖化の影響か・・・。

また観光客が世界中から訪れ、土足で歩き回ったため、その美しい白さがどんどん失われていってしまった。 世界遺産保護のため、現在ははだしでしか入れず、入れる場所も制限されている。温泉の流す場所も量も専門家によってコントロールされているらしい。

昔は写真の段々畑のその一つ一つに美しいブルーの温泉がなみなみと入っていたのだろう。 その頃に一度、来たかったなぁ。

ところで。 2006_0916turkey0104 パッケージツアーの悲しい定めとして、私たちはここパムッカレでの自由行動は1時間しか許されなかった。

足首しかつからぬほどの高さのぬるーい温泉に足をつけて、入場許可の部分を延々と歩き回るのも結構時間が掛かるし、美しい風景の撮れる写真スポットが、パムッカレの右端と左端に点在している。

そのすべてを楽しんでいたら、十分楽しまないうちに時間がなくなってしまった。

最後は駆け足になり、泣く泣くこの場を後にした。ああ、また来たいなぁ。今度はゆっくり半日過ごしたい。

*****************************

最後に、パムッカレという場所は、意外と小さいものだった。2006_0916turkey0093_1

写真やテレビで見たパムッカレは、そのアングルのうまさなのか、延々と白い石灰棚が続いているように思えた。

実際は、山の下から見ると、こんな感じでこじんまりとした規模である。

遠くから見ると茶色い山(丘?)の中腹に、白いかたまりが一箇所に付着しているという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トルコ料理 1

きょうは、一休みしてトルコ料理をご紹介。

まずはアンカラで入ったレストラン。

観光客が来るレストランだからなのだろうが、先日の『トルコの朝食』でも紹介したような、いかにもトルコのおばちゃん的女性がパンをこしらえている所を通って、レストランにはいる。2006_0916turkey0015

2006_0916turkey0019 ← このパンが実際に出されたのだが、焼き立てなので、とてもおいしかった。 素朴な味という感じ。

また、この店では、名物の”パシャ・ピデ”というトルコのピザが出された。 超ロングなピザ!!

2006_0916turkey0016 ← こんな大きな刀を持った人がパフォーマンスとして切ってくれる。

とても華麗な刀捌きだった。2006_0916turkey0017

ピザは、割とシンプル。チーズだけ載った部分、ひき肉だけ載った部分、肉とたまねぎだけ載った部分、のグラデーション?である。 味は、どの部分もシンプルだけどおいしい。

それから、ビベルドルマスという料理。

2006_0916turkey0018 こちらは、ピーマンやズッキーニの中に、米とひき肉、野菜が詰められたもの。

すごくやわらかくて、肉のうまみと野菜の甘みが調和したおいしい料理だった。これが、いかにもトルコ料理という感じで、うれしかった。 ツアーに入ってからの初めての”トルコ料理らしい”トルコ料理だったのだ。

その前は、空港で食べた超高級ハンバーガーと、ホテルの朝食だけだったからだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドライブ・イン

トルコ旅行は、ほとんどがバス移動ということは前にも書いた。

だから、二時間おきにトイレ休憩が設けられている。 

余談だが、日本人の観光は”トイレ・ツアー”と西洋人社会では呼ばれているそうだ。 大体、日本人ツアーは二時間おきにトイレ休憩を設けなければならないが、西洋人のツアーは四時間に一回でいいらしい。 膀胱が大きめに出来ているということか・・・。 

いいなー。 そうだったら、トイレを気にせず、たくさん飲み物をのめるのに。

そんなわけで、観光名所を転々とする日は問題ないが、ひたすら4,5時間バス移動という日は、ドライブ・インを利用する。

トルコの住人が普通に利用する売店やガソリンスタンドのあるドライブ・インのこともあれば、”まるで観光客向け”といった場所もあった。2006_0916turkey0092

右の写真を見て、何かお気づきだろうか?

そう、日本語と韓国語が書いてあるのだ! 日本人と韓国人の観光客が多いことがわかる。

2006_0916turkey0091 ← こんな看板まであるのだ! まるで意味がわからない。

 何ゆえ、大阪と東京・・・?っつーか、これ、日本人が書いた字だな。

ちなみにここは、コンヤからパムッカレに向かう途中にあるDINARという町にあったドライブ・インである。

なんでも、松の蜂蜜と、チーズのような”硬い”ヨーグルトが有名な町だとか。2006_0916turkey0090

右の写真はそのヨーグルトに、その蜂蜜をかけたもの。

2006_0916turkey0089 左の写真は、ヨーグルトの硬さを教えるパフォーマンスである。

「ほら、逆さにしても落ちないでしょ?!」ってな具合。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インジェ・ミナーレ博物館

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

コンヤでもう一箇所行ったのが、インジェ・ミナーレ博物館だが、ここはものの10分、15分いた程度である。

まあ、先日書いたメブラーナ廟はとても興味深く観ることができたし、いろいろ展示してあって面白いが、こちらはそれほど面白い観光名所ではないかな・・・?!

ここは13世紀ごろに建てられた神学校で、セルジュク時代の建築・美術(彫り物)に興味がある人なら面白いかも。

2006_0916turkey0083右の尖塔(ミナーレ)は落雷で折れてしまったそうだが、中に入るとその昔の姿を小さな写真でみることができる。(下の写真)

2006_0916turkey0084

そのほか、セルジュク時代、オスマン時代の、目を見張るような木彫りの彫刻を展示した部屋がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メブラーナ廟

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

この記事に取り掛かる前に、コンヤで悲しい事故が起きてしまった。 私の参加したツアーと同じく(旅行会社は違うが)、バス移動というパッケージツアーで、しかも亡くなった方は私と同じ年。 ご冥福をお祈りする。

**************************************

この、コンヤという町には、カッパドキアからパムッカレに向かう途中、1,2時間ほど立ち寄っただけだ。

ここは、イスラム教徒の聖地のひとつともなっており、イスラム教徒の格好、つまり頭にスカーフを巻いた女性がたくさんいた。 トルコは政教分離策をとっているし、それほど厳格なイスラム教徒ばかりではないので、女性はスカーフを巻いていない人も多いのだ。

この町では、その聖地である「メブラーナ廟」と、「インジェ・ミナーレ博物館」の二箇所を観光した。2006_0916turkey0082 写真は、メブラーナ廟。

ここ、メブラーナ廟はイスラム神秘主義教団の導師、メブラーナ・ルーミの霊廟でもあり、そのほかの聖人のお墓もあり、コーランや衣装などさまざまなものが展示されている博物館である。

展示してある主なものは

1)セマの様子を描いた蝋人形 : かなりリアルな蝋人形で、ちょっとこわい! ”セマ”とは旋舞の儀式で、ひたすらぐるぐる回り続ける。なんと3時間も回っているとか!! 

白い装束(フレアーロングスカートのようなもの)を身に着けた男性が、ぐるぐる回る姿をご覧になったことがあるだろうか。 あれは回ることにより忘我の境地になり、少しでも神の世界に近づくことが出来るというもの。

2)コーラン: 家においておく”どでかい”書物から、持ち運び用の小さなコーランまで展示してある。 右の写真で、私の指と比べると、その小ささがわかるだろう。 2006_0916turkey0080

驚いたことに、書いてある内容は同じ量だとか?!ほんとかなー。

2006_0916turkey0081 3)ひげ: 左の箱には、教祖のひげが入っているそうな。

イスラム教徒の男性はひげを生やしている。 なぜか?

イスラム教では偶像崇拝禁止なので、マホメットの肖像というものがない。 だが、『ひげを生やしていた』ということだけは言い伝えられており、少しでも彼に近づきたいという思いから、ひげを生やしているのだそうな。

4) お墓 : 霊廟なので、もちろん遺体が安置されているのだが、アンカラでのアタチュルク霊廟でも説明したとおり、遺体はメッカの方に顔を向けて地下に埋葬されている。

つまり、私たちが観ることができるお棺はただの箱なのだ。2006_0916turkey0078 なんか、すごく派手だなー。

ちなみに、とぐろを巻いているのは、イスラム教徒の男性がかぶるターバンを模したもの。埋葬されている人の地位によってその大きさが違うのだそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラバン・サライ

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

トルコには、日本語に訳すと”隊商宿”という意味の、キャラバンサライがある。 交易が盛んだった頃、5km ~ 10km ごとにこうした宿があったそうだ。

2006_0916turkey0076 キャラバンサライの目的は、商人たちを狙った盗賊が多かったため、商人たちが安心して取引したり、休んだりできる場所を提供すること。 分厚い塀に囲まれ、入り口は一箇所。 入るときと出る時に、持ち物を検査されたそうだ。 もちろん、キャラバンサライ内での盗難を防ぐためである。2006_0916turkey0071

キャラバンサライはそのほとんどが既にかなり崩壊しているか、残っていないが、カッパドキアを出発してコンヤに向かう途中、わりと保存状態のいいものがありそこが観光名所となっている。(うっかり場所を確認するのを忘れたが、ガイドブックによればアウズカラハンというところらしい)

たとえば、トイレ、お風呂、市場(取引所)、寝室の跡を見学できる。真ん中の建物は、モスクで、ちょっと怖いがてっぺんまで登ることもできる。 遠い昔に、人々がここで盛んに取引をしていたことに思いをはせると、なかなか面白い。

************************

この日は、別のキャラバンサライにも行った。そこは、レストランに改築されていて、かなり大きな規模のものだと思う。(先日紹介したアナトリア文明博物館も、キャラバンサライだ)

ここには、コンヤ見学の後、パムッカレに向かう途中によったが、名前はわからない。

2006_0916turkey0085 ← 外観。 内観もなかなか味があってよく、店員も愛想がよかった。

食事もおいしかったので、立ち寄る価値あり!2006_0916turkey0088 (食事については後日紹介予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

働く子供たち

下の写真は、カッパドキアの絨毯屋にて。 パッケージツアーに付き物のおみやげ物屋に連行(?)された時のものだ。 絨毯をどうやって織っていくのか、教えてくれる。2006_0916turkey0048

「トルコでは15歳以下は働いてはいけない。だから、彼女は16歳」と絨毯屋がうますぎて胡散臭い日本語で、説明していた。

絨毯織りは本当に重労働らしい。 織り方を見ていたら、その作業の細かさで気が遠くなりそうだった。 だから、絨毯は高いのだ。

でも、トルコでは結婚する時に義母に絨毯を2枚、プレゼントしなければならないのだそうだ。 

「私は、家事ができますよ(絨毯が織れますよ)」というパフォーマンスである。

つまり、トルコで絨毯は必要不可欠、女性は絨毯を織れることが基本条件なのだそうだ。

とはいっても、働く女性も多いトルコ。

現地ガイドさん(38歳、女性)がいうには、キャリアはあるが絨毯が織れない女性は、絨毯屋さんで購入するそうな!?

***********************

おっと、話がそれた。

働く子供、というテーマに戻る。

土産物屋などでは子供たちが働いているのをよく見かけた。2006_0916turkey0042_1

親の店を手伝っているのだ。日本じゃ考えられない光景だ。

ちなみに、これはあのトルコののび~るアイス、ドンドルマ。

一つ買って、写真のようにパフォーマンスをしてもらった。

ドンドルマは、ミルキィの味だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊料理

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

私は羊肉が苦手である!

トルコに行く前、結構気にしてはいたが、行ったことのある友達に聞くと「そんなに羊肉が出てきた記憶がないなぁ・・」。

カッパドキアの中のギョレメという町のレストラン。2006_0916turkey0067 (写真は、レストランからの眺め。モスクが見え、お祈りの声が聞こえた)

名物の『羊のつぼ焼き』 (パッケージツアーなので、メニューが決まっている)

ひょえ~!!

「トルコの羊はくさくないんだって」と妹。(ガイドブックにも同じことが書いてあった)

2006_0916turkey0068 ちなみに、このレストランではそのつぼ焼きの壷を写真のように私たちに割らせてくれる! もちろん私も挑戦。 ナタを振り下ろした→。

2006_0916turkey0069 じゃじゃーん。

恐る恐る・・・・ぱくっ。

あ、ほんとだ。くさくなーい!

ということで、ほとんど食べつくしましたとさ。

この旅行中、たまに私の苦手な臭みのある羊肉とも出会ったが、基本的には大丈夫であった。というか、このつぼ焼きはおいしかった。

ところで、長いながーいカッパドキアも今回で終了。 カッパドキアに飽きてしまった読者もおられるやも知れません。 お付き合いありがとうございました。

2006_0916turkey0062 左の写真は、私の泊まったホテル『エルケプ・エヴィ』のテラスからの眺めでござい。

きれいでしょー!!

(手前のテラスもエルケプ・エヴィのもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カイマクル地下都市

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

トルコ旅行に行く数週間前NHKで放映していて、非常に興味を持っていたのが、カイマクル地下都市だ。2006_0916turkey0061_1

カッパドキアにはキリスト教徒が逃げ込み、岩に穴を掘るだけでなく、地下にも巨大住居を掘っていた!!

カイマクルはその中でも有名で、地下8層(深さ55m)だそうだ!! 大部分は9-10世紀ごろに作られる。

粉ひき臼が置いてあったり、ワインを作るための穴がある部屋や貯蔵室、教会などがあるが、残念なことに何にも文献が残されていないのだそうだ。 今わかっていることは、専門家たちの推測でしかないというわけ。

ちなみに右上の部屋は、特にどこを撮ったというわけではない。 妹に、「写真の白い点々は妖精みたいなものが写っているのだ。」と指摘されたのだが、このことについて知っている方は教えてください。

話を元に戻すが、いろいろな工夫がされていて、空気孔のほか、煙突もある。煙突は敵に煙で居場所を突き止められないよう、秘密の煙突出口を作ったそうだ。 また、敵が来た時に、洞窟の要所要所にふたをする仕掛けを作ったり、迷路にしてみたり・・・。

岩壁の迷路が延々と続く。 かがまなくては通れないところもたくさん。 見えてくるものは灰色一色で、ガイドの説明なしじゃ何の面白みもない。 だって、ワインを造る水槽も指摘されなくちゃ全然わからないもの!

| | コメント (0) | トラックバック (0)