« 番外編 6 (寄木細工) | トップページ | ガウディの世界 1 (カサ・バトリョ) »

バルセローナ!

マドリッド(3泊) - カルモナのパラドール(1泊) - マルベーヤ(コスタ・デル・ソル)(2泊) - グラナダのパラドール(1泊) - バルセロナ(3泊)

(八日目の行程) グラナダ → バルセロナ

いよいよこの旅行最後の地、バルセロナへ。 

マドリッドを離れてからというもの、割とこじんまりしていたり、中世の名残を残した静謐な町ばかりを旅行してきた私には、バルセロナという大都市は活気に満ちあふれて見えた。 ここは今までとは違ったスペインの一面を私に見せつけ、パワーをもたらした。

Spain123 まだ明るいうちにホテルに到着したが、移動ばかりで疲れた体を休ませるため、夕飯までの数時間は自由時間となった。

もうすぐアラフォーとは言っても、ツアーの中ではかなり若い方の私と妹。 さっそくバルセロナの町へ繰り出した。

お目当ては、CACAO SAMPAKA というチョコレートのお店。 

スペインは、コロンブスの大航海によって発見された南米大陸の宝をヨーロッパに持ち込んだ国だ。 黄金はもちろん、カカオ(チョコレート)もその一つ。 なにげにスペインのチョコレートショップははずせないスポットなのだ。 

この店はチョコレートショップのほか、カフェでお茶も出来る。 (英語のメニューもあるので安心。) ただ、高い。

とりあえず二種類のサンデーを頼んでみる。 濃厚なチョコレートアイスがすごくおいしい! 旅の疲れもあったのだろう。 普段はそうそう甘いものを大量に食べられない私も、大喜びでアイスを口に運んだ。 

だが、半分まで。

残りの半分は、その甘さに辟易・・・・。 やはり、”甘さ控えめ”の日本で慣れた舌にはきつかった。 ただ、やはり食べてみる価値はあると思う。 本当においしいことに変わりはなく、私が甘いものの大量摂取が苦手なだけだ。

もうひとつ難を言えば、片方のサンデーに入っていたブラウニー。 パサパサで、日本の某ファミレスのブラウニーパフェに入っているブラウニーの方がはるかにおいしい。 だから、ブラウニーが入っていないものをお勧めする。

****************

この夜は、日本食レストラン。 

若い頃は「せっかくの海外旅行で日本料理を食べるなんてナンセンス!」と思っていた私も、年には勝てぬ。

実は連日のオリーブオイルでやられたのか(*)、胃腸に変調をきたしていた私には日本食はおいしかった。 しかもその「やしま」という日本料理店は、本当においしい。 白いご飯が、ほうじ茶が、五臓六腑に染み渡った。

*) オリーブオイルを食べ慣れない日本人は、連日オリーブオイルを摂取するとお腹がゆるくなる人がいる。 私はトルコでもこれでやられた。

だが、途中、脂っこい食べものの摂取を控え、「人由来の乳酸菌」と銘打っている胃腸薬のおかげで大分回復していた。

|

« 番外編 6 (寄木細工) | トップページ | ガウディの世界 1 (カサ・バトリョ) »

スペイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バルセローナ!:

« 番外編 6 (寄木細工) | トップページ | ガウディの世界 1 (カサ・バトリョ) »