« ニューヨーク旅行記 あとがき | トップページ | スペイン到着 »

スペイン旅行 プロローグ

9月の後半、12日間をかけてスペインを周遊するツアーに参加した。

スペインといえば、燦燦とふりそそぐ太陽のイメージ、情熱の国、シエスタ、ガウディの建物(サグラダ・ファミリアなど)、フラメンコ、パエリア、イベリコ豚、治安が悪い・・・などいくつかの偏った、限られた知識しかなかった。 でも、最初に想像していた国と結構違ったのがこのスペインだった。 そんな私の驚きを数週間かけてここで紹介していきたい。

まず最初に驚いたのは、スペインには直行便が飛んでいないということだ。 そのためか他の西欧諸国に比べて日本人を見る機会が少なかった。

そして、1939年から1975年までの36年間、フランコ将軍が統治する独裁国家だったということ。 第二次世界大戦後、東欧の社会主義に対し、西欧は自由を享受できているというイメージだったので驚いた。 私が1970年生まれだからそう思うのか、そう遠くない過去の出来事である。

******************

治安については、あるガイドブックによれば、他の西欧諸国に比べてダントツに悪いらしい。 特に、平和ボケで、比較的お金をたくさん持ち歩いている日本人が狙われる。

治安は1992年のバルセロナ・オリンピック以降、急激に悪くなったと聞いた。 観光客目当てに引ったくり、スリや置き引きなどの泥棒軍団が都市に集まってきたからだと。 それが、幸か不幸か、2004年の爆弾テロ以来、取締りが強化されて治安がよくなったらしい。 といっても、最悪の状態に比べたら、マシになっただけということだが。 スリや置き引きは依然としてあるが、引ったくりは少なくなったそうだ。 つまり、自分が注意していれば防げる。

幸い、同じツアーの参加者15名は全員無事だった。

ただ、バルセロナを観光中、現地ガイドが常連のスリが後からついてくるのに気が付いて追い返したといったことが少なくとも二回もあった!!

いやー、不謹慎だが、どんな人たちがスリなのか一目見てみたかった。 これからどんな人たちに注意すればいいのか、役立ったかもしれなかったのに・・・。 二回とも「先ほど、常習犯のスリが私たちのあとをつけていたので、追っ払いました」と事後報告だったので、残念!

|

« ニューヨーク旅行記 あとがき | トップページ | スペイン到着 »

スペイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン旅行 プロローグ:

« ニューヨーク旅行記 あとがき | トップページ | スペイン到着 »