« マヨール広場とバルのタパス | トップページ | 新幹線AVE »

番外編 2 (スペインの食事時間)

スペインの食事時間は遅い。 日本と比べ、約二時間は遅いと考えていいだろう。

お昼は2時くらいから、夜は9時、10時くらいからが本番となる。 すなわち、レストランの開くのがお昼は1時ぐらいから、夜は早くて8時半ぐらいからとなる。 もちろんバルなど軽食を出すところは、もうちょっと早めに開店している。

先日書いたパエリアが有名なレストラン、カサ・デ・バレンシアが『私たちが入ったころはがらがらだったが、出るころには満席となっていた』理由は、これである。 私たちは8時半の開店と同時に入ったので他に客はいず、私たちが店を後にする10時ごろに、スペイン人の夕飯のピークが来て混みあったのだ。

食事時間が遅いことで困るのは、就寝時間が遅くなるということである。

観光は見所がたくさんあり、またスペインは広くて移動距離が長かったりするので、やはり朝は7時~8時に起きて朝食、8時~9時ぐらいにホテルを出発ということになる。

(ただ、朝もホテルのブッフェは6時台には営業していないから、他の国のツアーに比べたら出発は比較的ゆっくりだ。) 

連日観光や移動をしていると疲れもたまってくるわけだが、今日は早めに寝て明日に備えよう!とはいかない。 夕飯を終えて部屋に戻るのが10時、11時なのだから、交代でお風呂に入ったり、明日の用意をするとなるの寝るのは12時を回ってしまう。

ツアー催行側も観光後はなるべく早めにホテルに戻り、夕飯まで数時間の休養タイムを設けたりしていた。 もちろん、体力のある人はその間に出かければよい。 昼寝してもよいし、夕飯から帰ってきたらすぐに眠れるように、シャワーを浴びてしまってもよいというわけ。

私も何度か夕飯前にシャワーを浴びて、スッピンで夕飯に行ったりしてしまった。 旅の恥はかき捨てじゃ。

|

« マヨール広場とバルのタパス | トップページ | 新幹線AVE »

スペイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 番外編 2 (スペインの食事時間):

« マヨール広場とバルのタパス | トップページ | 新幹線AVE »