« アタチュルク廟 | トップページ | 塩の湖  »

アナトリア文明博物館

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

”アナトリア文明博物館"”では、トルコのすごい歴史が見られる!!紀元前6000年前から出土品が時代ごとに展示されている。

紀元前だよ、紀元前!!

なんでも、トルコ(アナトリアと呼ばれた領域)では既にB.C.7000年(つまり9000年前!)から、人の住んだ跡があるらしい。

2006_0916turkey0014 ← これは、B.C.6000 年の遺跡から発見された地母神像。出産の神秘としての女性が神様として、祭られていたことを物語る。原始、女性は太陽だった・・・・。

トルコの歴史は、それから侵攻と征服の繰り返しだ。 まずはB.C.2000年にヒッタイト人がどこからかやってきて、B.C.700年にはウラルトゥ王国やルフリギア王国が支配し、次はペルシア・・(中略)・・・ローマ帝国(B.C.~A.Dにかけて)。・・・・セルジュクトルコ・・・十字軍が来たとおもったら、オスマントルコ・・・

こんな具合に、ガイドブックの簡単な歴史を読んだところで、全然頭にはいらん!!つまりは、いろいろな民族が入れ代わり立ち代わりしたということだ。

だから、純粋なトルコ人というのはいないらしい。

ヨーロッパ系(白人)もいれば、中近東系の濃い顔もいれば、ギリシャ系のごつい顔もいる。 トルコの人々はそんないろいろな民族のミックスなのだ。

話を元に戻すが、このトルコのながーい歴史の中の紀元前のものが、この博物館に展示されている。 宝飾品から、武器や飾り物、鏡やガラスの器まで、その技術には目を見張る。

2006_0916turkey0013 ちなみに博物館の建物は、キャラバン・サライで、バザール(市場)として使用された建物だそうだ。 キャラバン・サライについては、また。

|

« アタチュルク廟 | トップページ | 塩の湖  »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナトリア文明博物館:

« アタチュルク廟 | トップページ | 塩の湖  »