« 洞窟ホテル | トップページ | おもしろ岩とローズバレー »

トルコの朝食

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

私たちの泊まった洞窟ホテル『エルケプ・エヴィ』では、夕食も朝食も屋外で食べた。

2006_0916turkey0029 夕食は沈む夕日に照らされ、月に照らされるロマンチックな食事だったが、朝食は更に素敵だった。 

9月中旬のカッパドキアは朝晩の冷え込みが激しく、ちょっと寒かったが、朝日に照らされてみんなで囲む朝食は、他のホテルでは味わえない。

しかも、ツアー中の他のホテルでの朝食はアメリカンスタイルのブッフェだったのだが、洞窟ホテルでは、トルコ式朝食! 2006_0916turkey0030

”エキメッキ”というフランスパンを大きくした感じのパン。 それからきゅうり、トマト、チーズの角切り。オリーブと数種類の手作りジャムや蜂蜜。

それからチャイ!(←トルコ式紅茶)  とっても簡素なのだ。

2006_0916turkey0031 また、ホテルのサービスだろう、ギョズレメというのも出された。 なんとテーブルの近く、すなわち屋外でおばさんが地べたに座り焼いてくれる。 

(トルコの街中では、こうやって焼いて売っている人がいるらしい)

ギョズレメというのは、トルコ風のクレープといったところか。 厚めの小麦粉の皮に、チーズがはさんであったり、トルコ風マッシュポテトがはさんであったりする。

これがまた、温かくておいしかった。チーズは癖があったのだが、ポテトの方はおいしかったのでお代わりまでした。

|

« 洞窟ホテル | トップページ | おもしろ岩とローズバレー »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルコの朝食:

« 洞窟ホテル | トップページ | おもしろ岩とローズバレー »