« 働く子供たち | トップページ | メブラーナ廟 »

キャラバン・サライ

アンカラ → カッパドキア(2泊) → (コンヤ) → パムッカレ → イズミール → チャナッカレ → (トロイ) → イスタンブール(2泊)

トルコには、日本語に訳すと”隊商宿”という意味の、キャラバンサライがある。 交易が盛んだった頃、5km ~ 10km ごとにこうした宿があったそうだ。

2006_0916turkey0076 キャラバンサライの目的は、商人たちを狙った盗賊が多かったため、商人たちが安心して取引したり、休んだりできる場所を提供すること。 分厚い塀に囲まれ、入り口は一箇所。 入るときと出る時に、持ち物を検査されたそうだ。 もちろん、キャラバンサライ内での盗難を防ぐためである。2006_0916turkey0071

キャラバンサライはそのほとんどが既にかなり崩壊しているか、残っていないが、カッパドキアを出発してコンヤに向かう途中、わりと保存状態のいいものがありそこが観光名所となっている。(うっかり場所を確認するのを忘れたが、ガイドブックによればアウズカラハンというところらしい)

たとえば、トイレ、お風呂、市場(取引所)、寝室の跡を見学できる。真ん中の建物は、モスクで、ちょっと怖いがてっぺんまで登ることもできる。 遠い昔に、人々がここで盛んに取引をしていたことに思いをはせると、なかなか面白い。

************************

この日は、別のキャラバンサライにも行った。そこは、レストランに改築されていて、かなり大きな規模のものだと思う。(先日紹介したアナトリア文明博物館も、キャラバンサライだ)

ここには、コンヤ見学の後、パムッカレに向かう途中によったが、名前はわからない。

2006_0916turkey0085 ← 外観。 内観もなかなか味があってよく、店員も愛想がよかった。

食事もおいしかったので、立ち寄る価値あり!2006_0916turkey0088 (食事については後日紹介予定)

|

« 働く子供たち | トップページ | メブラーナ廟 »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キャラバン・サライ:

« 働く子供たち | トップページ | メブラーナ廟 »