« 羊料理 | トップページ | キャラバン・サライ »

働く子供たち

下の写真は、カッパドキアの絨毯屋にて。 パッケージツアーに付き物のおみやげ物屋に連行(?)された時のものだ。 絨毯をどうやって織っていくのか、教えてくれる。2006_0916turkey0048

「トルコでは15歳以下は働いてはいけない。だから、彼女は16歳」と絨毯屋がうますぎて胡散臭い日本語で、説明していた。

絨毯織りは本当に重労働らしい。 織り方を見ていたら、その作業の細かさで気が遠くなりそうだった。 だから、絨毯は高いのだ。

でも、トルコでは結婚する時に義母に絨毯を2枚、プレゼントしなければならないのだそうだ。 

「私は、家事ができますよ(絨毯が織れますよ)」というパフォーマンスである。

つまり、トルコで絨毯は必要不可欠、女性は絨毯を織れることが基本条件なのだそうだ。

とはいっても、働く女性も多いトルコ。

現地ガイドさん(38歳、女性)がいうには、キャリアはあるが絨毯が織れない女性は、絨毯屋さんで購入するそうな!?

***********************

おっと、話がそれた。

働く子供、というテーマに戻る。

土産物屋などでは子供たちが働いているのをよく見かけた。2006_0916turkey0042_1

親の店を手伝っているのだ。日本じゃ考えられない光景だ。

ちなみに、これはあのトルコののび~るアイス、ドンドルマ。

一つ買って、写真のようにパフォーマンスをしてもらった。

ドンドルマは、ミルキィの味だったよ。

|

« 羊料理 | トップページ | キャラバン・サライ »

トルコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 働く子供たち:

« 羊料理 | トップページ | キャラバン・サライ »