« 北イタリア フィレンツェ編(ドゥオモ) | トップページ | 北イタリア フィレンツェ編(事件編) »

北イタリア フィレンツェ編(美術館)

ミラノ2泊-(ヴェローナ)-ヴェネツィア2泊-(ラヴェンナ)-フィレンツェ3泊-<ピサ>(アッシジ)-ローマ3泊

フィレンツェは芸術の街だ。メディチ家のおかげでたくさんの芸術品が残った。たくさんの美術館があるが、私たちはそのうちの二ヶ所を訪ねた。

『アカデミア美術館』と『ウフィッツィ美術館』。ミラノ編でも書いたが、ここでも入館料がそれぞれ1.5ユーロ、2ユーロと値上がりしていた!!ガイドブックが間違っているというより、訂正に追いつかないほど、どんどん値上がりしているらしい。

通常は、大変込むので予約があったほうがいい。。11月にここを訪れた友達は、ウフィッツィの前で2時間も待ったといっていた!!そこで、友人がネットで予約を入れてくれたが、当日来て見ると誰も並んでいない・・・・。予約すると手数料を取られてしまうが、ひょっとしたらと思って予約のことは言わずにチケットを買ってみた。なんと待たずに入館できたのだ!ちょっと得した気分(^ー^)。12月中旬までは、西洋人がクリスマス休暇を待つのですいているそうだ。

ちなみに、ネットでは番号を取得するだけで、名前も住所も入力しなくて済むらしいので、心配な人はやはり予約していったほうがいいと思う。

*******************************

ここからは”素人の目から見た美術館”なので、あしからず。

『アカデミア美術館』には、あの有名なミケランエジェロ作のダビデ像がある。これは本当に見る価値がある!というより、この彫刻のよさは、肉眼によってしか体験できないと思う。まさに、圧倒される。圧巻である。力強い筋肉。本当に美しい若者の肉体だ。友人と一緒に飽きずに30分以上は眺めていただろうか・・・。(像の前にも後ろにも座ってみることができるようになっている)。でも他の美術品は、申し訳程度の展示だ。

先日、『トリビアの泉』で「ダビデ像の目は、ハート型」というのをやっていたが、残念ながら私たちはそういう情報なく見てきてしまったので、わからない・・・。

『ウフィッツィ美術館』は、なんといってもボッティチェッリの『春』と『ヴィーナス誕生』が有名だ。・・・こちらも本当に見に行ってよかった・・・・。ここでも飽きずに眺めていた。芸術のわからない私でも、かなり感動した。『ヴィーナス誕生』は気にいったので、複製を買ってきて部屋に飾ってある。

また美術館自体がルーブルやメトロポリタンのように広くないので、3-5時間もあれば、一周できるのもうれしい。それからやはり、何も資料がないと流し見になってしまうので、ガイドブックを見ながら見ると面白い。私は10ユーロで日本語ガイドを購入。ツアーに参加すれば、面白い展示物はかいつまんで説明してもらえるし、裏話なども教えてもらえるのでそれに参加してもいいかもしれない。

|

« 北イタリア フィレンツェ編(ドゥオモ) | トップページ | 北イタリア フィレンツェ編(事件編) »

北イタリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北イタリア フィレンツェ編(美術館):

« 北イタリア フィレンツェ編(ドゥオモ) | トップページ | 北イタリア フィレンツェ編(事件編) »