« 南イタリア ナポリ・ポンペイ編 | トップページ | 南イタリア レッチェ編 »

南イタリア マテーラ編

2005年6月 8日間のツアーにて

ナポリ(ポンペイ)-カプリ島(青の洞窟・アナカプリ)-マテーラ(世界遺産)-アルベルベッロ(世界遺産)-レッチェ-ローマ

洞窟住居『サッシ』が世界遺産の町、マテーラへ。

ここは、キリストの最後を描いた映画『パッション』の撮影で使用されたそうだ。

DSCN2688  残念ながら、私はこの映画を観ていない・・・(ツアー客の 

 21人のうち、誰も見ていなかった)。

 ここは、とにかく貧しい町で、見ていて悲しくなった。

 歓声を上げて見る観光地ではなく、声をひそめて静かに

 歩くべき観光地。(実は、治安も悪いらしい)

 ここに住んでいるということは、イコール貧民とみなされ、人々は働かず(働けず)、政府から生活保護を受けているらしい。

住居の一軒が改造され、昔のここの人々の暮らしを見ることが出来る。(日本語のガイダンスもある。)20畳もないところに、親子11人が暮らしたそうだ。

赤ん坊の死亡率は50%。不衛生だったからだ。 DSCN2702

暖房もなく、家畜を家の中で飼うことで暖をとっていた。

(右の写真は蝋人形)

今は、水道とガスが引かれているらしいが、貧しいことには変わりない。

|

« 南イタリア ナポリ・ポンペイ編 | トップページ | 南イタリア レッチェ編 »

南イタリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南イタリア マテーラ編:

« 南イタリア ナポリ・ポンペイ編 | トップページ | 南イタリア レッチェ編 »