カテゴリー「ネイル(カルジェル)」の9件の記事

サマー・ネイル

Korea069 前回紹介した『オーロラ・ネイル』の一つ前にしていたのが、これ。

私は7月が誕生日で、自分の誕生日を過ごすネイルだったので、好きな赤にした。

ただ、後から考えたらちょっとつまらなかったかな。

その後、オーロラ・ネイルにして、「夏はやっぱり、ブルーだよね!」と思って、やったのが右下のもの。

001 実はこれ、6月に紹介した『お菓子みたいなネイル』のオリジナル・バージョン。

右のものが見本で飾ってあったのだが、ネイリストさんが自分の指にやっていたのが、ピンク系にアレンジしたものだった。 私はそのピンク系に惚れて、自分にもやってもらったのが6月のものだ。

そしてこのたび、夏っぽいブルーをベースにしたオリジナルをやってもらったというわけ。

ちなみに、ピンクのときはラメ・ラインを引いたらあまりよくなかったので、ラメ・ラインなしにしてもらった。 色が違うと、印象も全然違ってくる。

| | コメント (0)

オーロラネイル

002 しばらくアップしていない間に、ネイルの写真がたまってしまった。

これは、8月にしていたネイル。

夏なので、夏っぽくブルー系に挑戦。

結構お気に入り!! 人にも「綺麗なネイルですね」とほめられることが多かった。

ブルーとパープルのグラデーションに、天の川のようにラメがちりばめられている。

私が勝手にオーロラネイルと呼んでいる。 また来年の夏もしたいなぁ。

| | コメント (0)

お菓子みたいなネイル

001 現在のネイルです。 色合いがお菓子みたいでかなり気に入ってます。

4週間前にこれにしたのですが、現在右手の二本が欠けてしまいました・・・。

来週、新しいのにする予定。 次はどんなものにしようかな~?!と今から楽しみな私です。

| | コメント (0)

スプリング・ネイル

005 前回の『スプリング・ネイル』という記事では、「次回はピンク系の3Dアートにすると決めている」と書いていた。

ネイル・サロンに行くまではそのつもりだった・・・。

ところが店頭の見本でこの柄を見つけてしまったときに、一瞬にして私の心は奪われてしまったのだ・・・!!

黄色地にオレンジのぼかしが入っている。

わたしはこういう同色系の組み合わせに弱い!(前回の『ウチハクツヤジャナイ 4』でもちょっと触れましたが)

ただ、ホログラムが気に入らないんだよね・・・・。 若い子がするならかわいいかもしれないけれど、アラフォーの私がするとアホっぽく見えてしまうのではないかという私の偏見的意見。 見本はホログラムのラインが二本。 ホログラム無しだと境界線がマヌケに見えてしまうのでしょうがなく、一本にしてもらった。

まあ、それでも結構、私のお気に入り上位に入るネイルである。

| | コメント (0)

スプリング・ネイル

最近のネイル(カルジェル)をご紹介しまっす。

001ジェルネイル・ウィンターバージョン』が、だいぶ気合の入ったアートだったので、いったん一休み。 2月から3月頭にかけては、ノーマルで攻めてみました。

それでも、薬指のアートは欠かせません! 赤いストーンでアクセント。

一応、グラデーションにしているツメの先の赤い部分には、ボカシ模様が入ってるんですよ!

**************

そして、満を持して春バージョン!!

Kankoku002 前々から、春になったら3Dアートでお花を描いてもらお!って決めてたんです。

ベースの色がちょっと冒険で、2,3週間して爪が伸びてきたらみっともなくなるかも。 見本は黄緑色だったんだけど、塗ったら黄色っぽくなってしまいました。

この次は、ピンク系の3Dアートにするって決めてます。

お楽しみにっ!

| | コメント (0)

ジェルネイル ウィンターバージョン

Disney_wz_ume003 今のネイルはこれ →

いつも行っているネイルサロンで、何ヶ月か前にサンプルの中から見つけたときに

「冬になったら雪の結晶にしよう!!」と決めていた。

地の色は自分で決められる。 濃い色だと爪が伸びるとみっともなさが増してしまうので、オレンジ色を選択。

とっても細い筆を使って一つずつ手作業で書いていく。・・・私だったら、途中で発狂しそうなほど細かい作業! ネイルサロンのおねぇさまには恐れ入る・・・・。

いつもアートは二本だけなので十本やったのは初めて。こちらもじっとしていなければならない時間が長くて肩が凝る。

せっかくなので、今回も五週間、がんばって保たせてみよう。 ちなみに現在三週間目突入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・ネイル

3週間から5週間の割合で、カルジェルを塗り替えている。 「毎回写真に残そう!そしてブログにアップしよう!」と意気込んでいたのは最初だけで、すっかり忘れていた。

でも今回は特別。

2008121723070000_2  ザ・クリスマスバージョン

冬っぽいシルバーラメのグラデーションに、両薬指にクリスマスアートを入れてみた。

だから、25日を過ぎたら落とす・・・といっても塗ったばかりでもったいないから薬指だけね。 

代わりに入れるお正月っぽい、もしくは冬っぽいアートを考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェルネイル

ハワイでトライしてからというもの、すっかりお気に入り。Hawaii002

行く先々で「かわいいですね」と話題にも上り、すっかりはまっている・・・・。 右の写真は一ヶ月前にも載せた、ハワイでのジェルネイル。

私はマニキュアをする習慣がない、というか、なかった。 友達の結婚式か、海外旅行のときぐらいだ。 ふつうのマニキュアは、家事をこなす身としては(そんなに熱心ではないけれど) 3,4日で剥げてしまったりして出来ない。 お金をかけてももったいない。 ところがジェルネイルは、2,3週間はもつのでありがたい。 せめて夏の間だけでもやっておこうかな・・・と思っている。

男性にはマニキュアが不評だが、女としては指先におしゃれをしていると気持ちも立ち居振る舞いも違うものだ。005  薬指に、アートしてもらうのもなかなか気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハワイ初日とジェル・ネイル

ハワイ初日。 

今回はまるっきりフリーのツアーを申し込んだ。 つまりフライト&ホテルのみである。 パンフレットのタイトルに『円高還元』を掲げているため、”ハイアットリージェンシー ワイキキ リゾート&スパ”に4泊するツアーだったのだが、かなりリーズナブルな価格だった(11万円台 +燃料サーチャージなど)。 もちろん、部屋はオーシャンビューではない。

この日は朝の10時頃にホノルル空港に着き、ツアー会社によってDFSギャラリアに連れて行かれる。 ここでオプショナルツアーやおみやげ物の紹介、市内を走るトロリーバスの乗り方などを説明され、13時のホテルチェックインまで放り出される。 『ホテルへは各自行ってください』なのだ。 

DFS ギャラリアは、ほとんどの店の前を通らないと出口に出られないような巧妙なつくりになっていて、買わせようという魂胆がみえみえなのだが、そうは問屋がおろさない・・・・というわけではないが、ぶらぶらしつつも気に入ったものが見つからなかったので、ほとんど何も買わずに外に出た。 

途中ランチをとり、14時過ぎにホテルにチェックインするとトランクが到着していた。 こういうところは、ツアーがとても楽である。 ベルボーイに渡すチップのことは考えなくてもいいからだ。

さて、この時間からわざわざどこかに行くほどでもなし、寝不足気味の体だったので、まずハワイアンマッサージであるロミロミにいって、旅の疲れや日本での仕事の疲れを取ることに。 

本当はハイアットリージェンシーの中の”ナ ホオラ スパ”というエステのロミロミマッサージを受けに行きたかったのだが160ドルと高くて却下。 ツアー会社に手渡された数々のチラシの中からロミロミマッサージをやっている店を見つけ、行ってみることに。 定価は65ドルだが、チップを要求されるので、結局一人75ドル。 

友達は気持ちよかったそうだが、私は個人的にあまり気に入らなかったので店の紹介は割愛。 ヒントは『牛角』があるビルにある。 日本人スタッフばっかりだったのでとても気軽だ。 しかも、気軽過ぎて下の名前を”ちゃん付け”で呼ばれてしまう。 恐ろしい・・・。

そして、初めてのジェル・ネイルに挑戦!!Hawaii002_2

ジェル・ネイルは模様の上に更に分厚く透明のネイルを載せていくため、持ちがいい。 通常3週間ぐらいは持つという。 普通のネイルは、家事をする私にとって一週間持たないで取れてしまうので、これは嬉しい。 しかも割れやすい私の爪も補強してくれる。 (その代わり、爪は分厚くなるので、少々不便が生じることも事実。)

私の行った店は、ハイアットリージェンシーの一階にある。スタッフは日本人がメインらしい。 山田優とそのお母さんの来店時の写真が飾ってあったのだが、お母さんが美人だこと!! 一瞬、杉本彩なのかと思ったほどだ(しかし、杉本彩にしては老けていた)。

私のネイルをやってくれたのも日本人で、彼女と相談しながら、今流行っているというラメ入りのネイルで、日本で仕事に戻っても大丈夫なように控えめなものを選んだ(つもり)。でもせっかくハワイに来たので、ハワイア~ンな感じを出すためにプルメリアを両薬指に施してもらった

これで135ドル。 ネイル常用者の友達いわく、「日本と同じか、少し高いぐらいかも・・・」。

まあ、仕方ない。東南アジアのリゾートではなく、ここはハワイなのだ。 しかもハイアットのテナントだ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)