« 2010年4月 | トップページ

この夏は寒い?!

冷え性の私は、冷房に弱い。 一人で家で過ごす時は窓を開けてなるべく冷房を入れないのだが、会社で働いているので通勤電車やオフィスビルで絶えず冷房にさらされる。

特に、なぜだか今年の夏の始めはすごく寒かった。 猛暑だから余計に冷房が強くなっているのか、通勤電車は普通の車両には乗れず、弱冷房車でもかなり寒く感じた。

「これって、弱冷房じゃない?!」と思ったが、他の車両はもっと寒い。 

去年より、冷えがひどくなっている・・・?

弱冷房車で長袖カーディガンを着ても寒かったし、当然去年まで着ていたノースリーブも着られず、肩が大きく開いている服も寒さを感じた。

幸い会社は集中冷暖房ではなく、3台あるうち、直接風が当たるものを切ったり、温度を上げたりできるので、他の従業員の方には悪いが勝手に調節している。

**********

2005年に『冷え性』という記事を書いて、養命酒を飲んでいることを告げているが、2~3年続けたら体調がよくなっていたのでやめていた。

今回、養命酒を再開した。 

前回もすぐに改善は見られなかったけれども、何ヶ月も飲み続けて段々よくなっていったので今回もそのつもりだった。 ところが一本のみ終わり、ドラッグストアで二本目を買おうとすると、女性店員が

「飲むのはお客様ですか? もし冷えの症状で飲むのであれば、養命酒よりもこちらをお勧めします。」

といって紹介されたのが、ツムラの薬養酒

ビンは養命酒より一回り小ぶりで、値段は倍もする。

それでも、30代にみえるその店員さんも飲んでいるらしく、効果を実感しているという。

しかも「養命酒は冷えも治すけれど、メインは胃腸が弱い方。ツムラの薬養酒は、冷え性の方メインに作られています」という。

入っている成分もほぼ同じだし、養命酒にもツムラの薬養酒にもラベルには『冷え性・胃腸虚弱・虚弱体質・病中病後・・・・』などと同じ症状が並ぶ。 こんなの口頭で紹介されなきゃ絶対に違いがわからないじゃん!

とは思いつつも、わらにもすがる思いでツムラの薬養酒を買ってみた。 私は胃腸には問題を抱えていないし、メインは冷えだ。

果たして・・・・養命酒を飲んでいたときよりも、改善している気がする。しかも飲み始めてすぐだった。

とりあえず、弱冷房車は問題なく乗れるようになったし(普通の車両はやはりダメなまま)、最近はノースリーブを着ている。 

冷え性は、ふつうに寒いのと違う。 夏なのに体の奥に氷の塊が入っているんじゃないかと感じるくらい辛い時があるのだ。

たとえツムラの薬養酒を飲んだからといって、ソッコーで冷え性がなくなるわけではないが、だいぶこの感覚が消えたのでありがたい。

ちなみに養命酒やツムラの薬養酒はアルコール(それぞれ12%と14%)。

両方とも食前に飲むのだが、養命酒は飲んだら胃がアルコールで刺激され温かくなる感覚があったが、不思議とアルコール度が高いツムラの方が飲んだ後に刺激が少ない。これも体には良い気がするが。

*********

余談だが、毎日薬酒を飲んでいると、アルコールの弱い私でもだんだんアルコールに強くなってくる。 実際、アルコールが弱い人が絶対に強くなったりしないらしいが、明らかに「お酒を飲みたいな」と思う頻度が高くなり、飲んでも前より酔っ払わないようになる。

これは私だけの感覚ではないらしい。 知人で養命酒を飲んだいる人 二人が同じことを言っていた。

| | コメント (2)

ショウガの威力?

冷え性の私は、最近朝にショウガ紅茶(ショウガを摩り下ろしたものを紅茶に入れたもの)を飲んでいる。

少し前のことになるが、お盆休みに二泊三日で旅行に行った。 

旅行当日の朝食で、ショウガミルクティー(ショウガ紅茶に牛乳を入れたもの)を飲んだ。 

牛乳は体を冷やすので普段入れないのだが、旅行前に牛乳を消費したかった。(ちなみに彼は毎朝ミルクティーを飲んでいるため、牛乳は常備)

ショウガミルクティーは朝食に飲みきらず、出かける用意をしながら飲むつもりでそのままテーブルの上に。

ところが出かける準備でばたばたしており、ショウガミルクティーの存在をすっかり忘れていた!!

新幹線に乗っているときに、飲むのを忘れたことに気づいたのだが後の祭り。

東京の連日35度近い猛暑の中、締め切った部屋に三日間のミルクティーの放置プレー。

考えるだけで怖かった。

しかし、帰宅して家のドアーを恐る恐る空けたのだが、腐臭はせず。

よかった~。

さすがにショウガミルクティーは白いどろどろした部分と透明な液体に分離していたのだが、くさくなっていなかったのは幸いだった。

これってショウガの殺菌能力のおかげなのだろうか?

普通のミルクティーだったらどうだったのかな? 恐ろしくてとても実験する気にならないけど!!

| | コメント (0)

無題

しばらくネットの世界(ブログやmixi)から遠ざかっていたら、ココログにはアバターとかいう世界が出来、mixi にも”アプリ”だの”つぶやき”だのの機能が追加されている。世の中はツイッターブームである。 

そして、案の定 私はその波に一つも乗り切れていない・・・そして、今後も乗ることはないだろう。

ブログもこんなに書いてないのなら、いっそやめてしまおうかなぁ~とも思うけど、とりあえずもうしばらくは残しておこうかな。

*************

唐突だが6月に父が亡くなった。 享年70歳。 原因はガンで、見つかってから亡くなるまで約半年であった。 半年かけて段々と覚悟をしていったせいか、本当に亡くなったときは大きなショックを受けなかった。 むしろ、去年末にガンが見つかって、結構進行しているとわかった時の方がショックであった。

ただ、ご両親を亡くされた方々が口をそろえて「亡くなった時より、それから数ヶ月してから本当に悲しみを感じるよ」と言っていた。 私にもそういうときが来るのだろうか。

この一ヶ月半の間、本当にいろいろあった。 「遺族は悲しんでいる間もない」というのは本当で、次から次へといろいろな手続きが発生する。 忌引きで一週間休んだあとは、たまった仕事が容赦なく待っていた。 

母が働いていないし動けるから基本的には一人でいろいろとこなし、合間に私や妹が手伝っているが、若くして共働きで小さな子供がいて・・・という境遇の方だったらその忙しさたるや、想像を絶するだろう。

そして人の優しさに触れて涙を流し、人の無神経さに触れて腹を立てる。人生劇場。 

・・・・・父の死をブログに書くことは不謹慎と感じる方もいると思う。 実際、私も書きながらそう思っている。 でも、何がいけなくて何がいいのか、正直わからない。 そのボーダーラインは人それぞれだから。 

だから折に触れてまた書くかもしれない。 でも次の書き込みはいつになるかな・・・。

***************

そんな中、7月に私は40歳になった。 

惑ってばかりの不惑 (by 論語)。

アラフォー真っ只中。

人生の折り返し地点。 

介護保険が給与から天引きされる。

***************

最後に見た父の苦しそうな顔を思い出しながら、何を考えていたのだろうかと想像してみる。 

願わくば、自分が最期に目を閉じる時に「ああ、いい人生だった」と思える人生を生きたい。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ