« 友達を招く2 深大寺 | トップページ | 横須賀 »

センス in マンダリン・オリエンタル東京

010  宿泊料金が一番安くて7万円と高いことが有名なマンダリン・オリエンタル東京の『センス』という中華料理レストランに行ってきた。 (宿泊料金はその後、プランによっては多少安く泊まれるものができた)

『センス』は広東料理のレストランで、『ミシュラン東京2009』の一ツ星を獲得している。 

中華料理で、なぜ”SENSE (センス)”なんて店名?と疑問に思ったが、テーブルクロスの刺繍を見てピンときた。 おそらく、マンダリンのトレードマークである扇子と、”五感”という意味があり、「センスがある」などと使われる”SENSE”という英語をかけたのだろう。

013_2  今回は、彼のご両親にご馳走するという企画。 彼らには「中華が好きなので、(夫婦二人だとなかなか楽しめないから)今度一緒に連れてって」と前々から言われていたのだが、私の彼の都合でなかなか実現せず・・・・満を持して企画を決行! 

5月は彼のお母さんのお誕生日があり、母の日もあり、しかも数年越しでやっと叶えた中華料理だったので、奮発することに。(っていうか、私自身も『マンダリン』にも『センス』にも来てみたかった・・・。)

****************

015 あのマンダリン・オリエンタル東京に足を踏み入れられるということだけでも、密かに胸躍る。 

もう二度と来られないかもしれない!ということで、コース料理のすべてを写真に収めてきた。 お店の人も、わざわざ北京ダックやふかひれを取り分ける前に、写真を撮らせてくれるという親切さ。 ミシュランに選ばれるだけあって、スタッフの対応も気持ちいい。

メニュー選びのとき、「混雑しているので、単品よりコース料理の方が時間が掛かりません」といわれた。 不況というのに、たくさんの人が高級中華に来るんだな、と感心。

017 どれにしていいのかわからないほどコースがあったが、海鮮・肉料理から好きなものを二品選べるというコースを選択。 20,000円なり。

最初に各々ビールやカクテルを頼み、二杯目からは紹興酒に! やっぱ、中華料理なら紹興酒でしょ。

20年物の紹興酒を勧められたので、それにしたが、お値段は500mlのボトルで21,000円なり!!

ちなみに、安い紹興酒は温めて氷砂糖なんか入れちゃったりするが、これは邪道。 この20年物のお勧めの飲み方は、常温でストレート。 これがまた飲みやすい。

結局、総額117,000円。

020 ネットで一人予算20,000 - 29,999円と書かれていたが、まさにその通りになってしまった。 お酒をたくさんたしなむ人なら、もっと予算を見なくてはならないだろう。(ちなみに一番安いコースは14,000円)

**************

さて、下世話なお金の話はさておき、さすが天下一品のホテルのミシュランレストラン。

そのすべての料理が芸術的に盛られ、かつおいしかった。 本当においしいものは、普段食べているものと名前は同じでも、違うものじゃないかと思うほど味が違う。

021 口に入れた瞬間、五感を刺激する味。

上の写真から紹介すると・・・細かいメニュー名は忘れてしまったので悪しからず・・・前菜三品の中から選んだ『マグロのカルパッチョ』。 これは口の中で溶けて、めちゃくちゃおいしかった! 

それからやはり「他店とモノが違うぞ」と思わせるような絶品『北京ダック』、『ふかひれのスープ』と続き、10品の海鮮・肉料理の中から選んだ『あわび』と『サーロインステーキ』。 あわびやサーロインステーキも、口に入れた瞬間「おいしい!」と思わず口から出てしまうほど。 添えられている野菜も一味違ったり(特にセロリがおいしかった!)、珍しかったり。(サーロインステーキの横には、赤いほうれん草と、からし菜の仲間の野菜が載っていて、どちらも歯ごたえしゃきしゃきでおいしい)。

022 それから、食事のシメはズワイガニのチャーハン(こちらは、私的には唯一”いまいち”だった)。

最後に、デザートのムラサキ芋のタピオカミルク。 私は、マンゴープリンと杏仁豆腐が苦手で、タピオカミルクが大好き! ムラサキ芋との組み合わせが最高だった。

最後に中国茶が出されるのだが、とてもフルーティー。聞けば『ライチ』のブレンドティーだった。こんなの飲んだことない!

チャーハンの前で既に満腹に近く、紹興酒も適度に効いて大大大満足の夕飯だった。

019 ちなみに、ネットで「34階のトイレからの眺めが最高!」という書き込みを見つけたのだが、ホテルの宿泊客ではないから行けず。 

レストラン階である37階のトイレは、夜景こそ見えないが、大理石でしつらえてあって、素敵! 思わず写真に収めてしまった。 

もちろん、食事をしながら素晴らしい東京の夜景が堪能できるので、トイレからあえて見る必要もないか・・・。

機会があれば、『センス』と同じフロアー(37階)にある『シグネチャー』というフレンチにも行ってみたい・・・と密かにもくろむ私であった。

|

« 友達を招く2 深大寺 | トップページ | 横須賀 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。