« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

ブルーマン

先日、念願だったブルーマンを観に行った。

私は下調べをするのが苦手だし、先入観があると楽しめないと思ったので、ろくに情報を得ないで行った。 ブルーのスキンをかぶった三人のアメリカ人が、何か面白いことをやってくれる・・・そういうイメージだけ抱いていた。

アメリカン・ジョーク。

観終わった後、いや、観ている途中で私の頭に思い浮かんだ言葉だ。 

日本人には理解できないアメリカン・ジョーク。 でも、アメリカ人は腹を抱えて笑ったりする。 アメリカの映画に出てくる皮肉をこめたセリフや、仲間内の冗談の言い合いで、翻訳者の努力にもかかわらず、「??」と思った経験は誰にもあるはず。

ブルーマンのパフォーマンスの中には、彼らが『何を表現したいのか』『何を目指しているのか』『何を伝えたいのか』というのがわからないものがあったということだ。

この消化できない思いは、一緒に行った友達の感想が裏付けている。「思ったものと違いました」 それに最近、マッスルミュージカルという単純明快に面白いものを観てしまった私には、ちょっと肩透かしを食らった気分であった。

ただ、全く面白くないわけではない。 思わず笑ってしまうようなところは随所にちりばめられている。 そして結構、客席参加型でもあり、ともすれば舞台に引っ張り上げられる。 選ばれるか選ばれないかのスリルも味わえる。

やはり「面白い!」と思える人がいるからこそ、ロングラン公演となっているのだろう。

いろんな物事は、友人の口や、新聞・雑誌での評、ブログでの感想などで真に理解したとはいえないはずである。 それは発した人の主観に他ならないからだ。 自分の目で確かめるのが必要。

興味がある人は是非観に行ってみよう!!

*****************

ちなみに私たちは、舞台上の液体が飛んでくるかも!というポンチョシート(舞台から四列目まで)という席を選んだ(8,500円)。 右ブロック、左ブロックは舞台からいろいろ飛んでくる!というスリルとサスペンス(?)は味わえるのだが、飛んでくる確率は少ない(実際に私たちは何も浴びなかった)。 何かを浴びたい人にはポンチョシートの中央のブロックをお勧めしたい。 

また、そうでなければ少し後ろの中央ブロックをお勧めする。 なぜなら、左右の電光掲示板や舞台上に文字が出たりするのだが、前過ぎると見にくいからだ。 また、ブルーマンは結構客席に下りてきて、後ろの席まで歩いてきたりするので割りと楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス・ネイル

3週間から5週間の割合で、カルジェルを塗り替えている。 「毎回写真に残そう!そしてブログにアップしよう!」と意気込んでいたのは最初だけで、すっかり忘れていた。

でも今回は特別。

2008121723070000_2  ザ・クリスマスバージョン

冬っぽいシルバーラメのグラデーションに、両薬指にクリスマスアートを入れてみた。

だから、25日を過ぎたら落とす・・・といっても塗ったばかりでもったいないから薬指だけね。 

代わりに入れるお正月っぽい、もしくは冬っぽいアートを考え中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷ロゴスキー

ずっと書き忘れていたのだが、渋谷ロゴスキーに行った。 ロシア料理の店で、渋谷東急プラザの最上階のレストランフロアーにある。

入り口付近には昭和17年(?)だかの渋谷の白黒写真が飾ってあり、建物などほとんどなぁんにもない風景が後ろに広がるなか、電信柱に『ロゴスキー』の看板が出ている。 そのぐらい、古い歴史を持つお店なのだ。 (この写真の記述は、私の頭の中の記憶のみなので、間違っているかもしれません)

夏に誕生日会をかねて家族で行って、11月末に公認会計事務所の人たちと早めの忘年会で再度足を運んだ。

「おいしい!」

最初、親に誘われるまでは「ロシア料理なんて・・・」と馬鹿にしていた。 しかし、食べてみればその印象が間違いだったことに気づく。

しかも、店は二回とも予約で一杯。7時~8時には満席状態だ。

やはり、一番のお勧めはピロシキ!! 肉と野菜の二種類あるが、肉の方が断然うまい!(そりゃ、肉好きですから、私は)

水餃子(シベリア風ぎょうざ”ペリメニー”)は、レモンとバター風味の不思議な味。 こちらもお勧め。

コーカサス風串焼きは、牛も羊もいけるし、ラムチョップも絶品。実は、私は羊肉が大の苦手なのだが、「すごくおいしいよ、だまされたと思って食べてごらん」といわれたので一口食べたのだが、だまされてよかった。

また、3種類ほどあるボルシチだが、忘年会は6名だったので全ての種類を頼んで食べ比べ! どれもおいしかったが、私の一番のお気に入りは”ウクライナ風ボルシチ”。  

しかも、窓からは六本木通りとその先に六本木ヒルズが見え、とてもいい眺めだ。

「ロシア料理ぃ?!」と思っている人、だまされたと思って行って見て下さい! 週末近くは予約した方が良いかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大掃除

今更であるが、11月にあった二回の三連休は、大掃除に費やした。

理由は3つ。

一つは、ダスキンを呼んだことがきっかけ。 他人を家に招く前に、ちょっとは綺麗にしておかないと!と思ったのだ。

もう一つは、最近アレルギー性鼻炎の調子が悪いこと。 ひょっとして、ダニやハウスダスト・アレルギーかも?! 特にリビングにいるときに、鼻の調子が悪い気がしていた。 掃除機は”見えるところには”定期的にかけていても、テレビ台の裏などは、何ヶ月といわず、何年も掃除してないような・・・? ということで、すっきりしようと思ったのだ。

またもう一つは、風水的に綺麗にした方がいいかなと。 風水は根っから信じているわけではないのだが、どうも最近運気が下がっているような・・・・。 風水では家が汚いと”気が滞る”といわれている。 綺麗にすることで運気も上がり、綺麗な部屋で過ごすことで気分もよくなるなら一石二鳥ではないか。 

******************

余談だが、年末の大掃除よりも秋や春のいい季節にやったほうが楽だということを以前新聞の投稿かなんかで読んだ。 年末は何かと忙しいし、大掃除は窓を開け放してやった方が良いので、窓を開け放しておくのが辛い12月よりも、小春日和の11月のほうがうってつけじゃないだろうか。

*****************

そんなわけで、思い切ってテレビ台や飾り棚の後ろに掃除機をかけ、水拭きをしてから空拭きをした。 ビデオやステレオ、DVDやテレビなどの配線も雑巾で拭く。 山になった雑誌や本もよけて雑巾で拭いた。

そうこうしているうちに、掃除モードにスイッチが入る。

カーテンを洗った。 窓を全開にして乾かすが、晴れているし湿度が低いのですぐ乾く。

002 そして、床のワックスがけ。 8年目に突入したマンションの床は、恐ろしいぐらいに汚れていた。 そこをマジックリンをかけて綺麗に磨いた後、マジックリンの成分をふき取るために水拭きを三、四回繰り返す。 その後ワックスを塗っては乾かし、塗っては乾かしを三度繰り返す。 結構手間だ。

結局、全ての床をかけるには至らず、リビング・キッチンの一部だけとなってしまった・・・・。 写真はその境。 まさに”使用前・使用後”じゃ。 残りの黒い部分はいったいいつやることになるのか・・・・・また私が大掃除モードに突入するのを待たなければならない。

***************

この掃除をして以来、鼻の調子がいい。 

そう思っていたが、10月の健康診断で『アレルギー検査』を受けていて、その結果が先日届いた。 なんとダニ・アレルギーやハウスダスト・アレルギーはないことがわかったのだ。 もともとスギ花粉症なので他の花粉症もあるかもしれないが、その検査は今回受けていない。

・・・思い込みってすごい。 まあ、結果を先に知らなくてよかったかも。 掃除をあんなにがんばらなかったかもしれないからだ。 

おかげで気持ちよく年を越せそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

風邪と治癒力

先週月曜日、仕事中に猛烈に喉が痛くなった。

去年の6月から毎週筋トレに通い、免疫力がアップした気がしていたのだが、残念ながら今冬も風邪を引いてしまった。 む、無念・・・。

ただ、今まで風邪を引いたら間違いなく熱に発展していたのだが、頭部だけで完結したのは大きな進歩といえよう。 

『頭部だけで完結』というのは、喉の痛み、鼻水のつらさ、頭がボーっとする等の頭部のみで起こる症状ばかりで、熱が出たり手足がだるかったりしなかったということだ。

おかげで、筋トレも休まず、会社の忘年会も出席した。 もう一つの飲み会も出る気満々だったが、肝心の相手が風邪でダウンしてしまった。 残念。

*******************

ところで、今までは”早めのパブロン”を忠実に守って「やばいっ」と思ったときには風邪薬を服用してきた。

でも今回思ったのは「風邪薬を飲まないで、風邪を治してやる~」。

ま、普通は風邪薬を飲まなくても風邪は治るものなのだが、長い間ずっと風邪薬に頼ってきたので風邪を引くというのがどういうことなのか私の体も忘れてしまっている。

”治癒力”

本来、人間に備わった病気を治すという能力。 風邪薬に頼ってきたばかりに、私の治癒力は弱まっていないか? 今は一週間に一度でも体を鍛えているという自負もあったので、熱など出さずに治る気もしていた。 

また、熱を出しても週末は用事がなかったのでいざとなったら寝込んでもいいという安心感もあった。 

またまた、これから忙しくなる師走に、早めに風邪を引いて免疫力をつけておけば、今後は風邪を引かないのではあるまいか?という期待もある。

一日目、喉が猛烈に痛い。

二日目、喉の痛みも残りつつ、鼻水(さらさらしたもの)も出始めた。

三日目、喉の痛みは完全に治まり、鼻水に粘りが出始める。(筋トレの日) 

四日目、少し咳き込み、その際に痰が出始める。鼻水も出る。(忘年会の日)

五日目、黄色く粘り気のある鼻水と痰、ひどい鼻声。

六日目以降、 同じ

そして鼻をかむ回数が日ごとに少なくなり、回復していることを感じる。今朝なんか、風邪を引いていることを忘れていたぐらいだ。

熱を出さずにすんだのは、運動のおかげで免疫力が上がってきた証拠だろう。

でも、やはり風邪自体を引かないに越したことはない・・・・やはり、ジョギングとか水泳とか、常日頃から体を鍛えなくてはダメかも。 パーソナルトレーナーは、もう風邪らしい風邪を8年ぐらい引いたことがないそうだから、すごい。 

これから年末年始にかけて、楽しい企画が目白押し。 風邪なんか引いてられないよ!

*******************

ちなみに風邪を引いたとわかってからは、みかんとか野菜を多めに取るように心がけた。  それから、トレーナーに勧められて”グルタミン”というのも内服。 免疫力を助ける栄養素である。 グルタミンを取るのは憚られたのだが、やはり仕事もしている身。 早めに回復するに越したことはないと思い直した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダスキン 再び2

先日書いたとおり、お風呂場とガスレンジの掃除を頼んだ。 前回から二週間後、お風呂もガスレンジも、二人の男性がおよそ二時間ずつかけて綺麗にしてくれた。

大満足!

003 誉のために言っておくが、お風呂は結構綺麗にしていたと思う。 毎週掃除を欠かさず、換気もまめにしているため、少なくとも見える部分にカビはあまり生えていない。 ただ8年間使い続けて徐々にたまっていった水垢は自分ではもう落とせなくなった。 例えば鏡や浴槽や洗いおけなど。 

ただ、浴槽のエプロンは今まで開けた事がなかったのでびっくり!! (開けられると思っていなかったし) →

浴槽の周りにびっしりカビが生えていたのがとっても綺麗になった。(↓下の写真) 

004 また、浴槽のふちにこびりついた水垢でざらざらしていた部分は、なめらかーになった。 本当に頼んでよかった~!!

******************

ガスレンジについては、不名誉ながら、正直に言って掃除をサボっていた。

レンジシートを敷いているので底の部分は汚れていない。 問題は五徳部分のこびりついた焦げ。 以前は定期的に磨いて綺麗にしていたのだが、最近はあまり掃除をしなくなってしまったのだ。

これもダスキンをもってしても落としきれない部分はしょうがないとして、かなり綺麗になった。 こびりつき防止のトップコートも施してくれた。 今後はキープするために、私もまめに掃除しなくては!

***********

確かにエアコン内部と違って、ガスレンジもお風呂場も常日頃から綺麗にしていれば問題がない部分ではあるが、今後ずっと住んでいく(つもりの)家なので5年~10年に一度ぐらいはプロに掃除をやってもらうのも悪くないなと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスの飾りつけ

001 街は既に、巨大なクリスマスツリーが点灯していたり、様々なイルミネーションで飾られている。

うちも、ささやかながらクリスマスの飾り付けを行った。

リビングには、ドイツで一年中クリスマスグッズが売られている『ケーテ・ウォルファルト』で仕入れてきたものを飾った。 写真のソリと、右上の金のエンジェルがそれ。(ちなみに一番右のツリーは西友で買った安物で、クリスマスカラーのリボンは私がつけた)。

005 玄関と洗面所の鏡にはジェム・ジェルのクリスマスバージョンを貼った。 すでに三年目。

ところで、右の写真のジェム・ジェルのサンタさん。 ご覧の通り、足が一つしかない。 足のパーツは三つだったのだが、保存方法が悪かったのか、くっつかなくなってしまった・・・(涙)。 水で洗ったり、中性洗剤で洗ったりしてみたが無駄だった。 消耗品なのだとあきらめることにした。

粘着力が無くなったのはともかく、別の保存方法が悪かった点に気がついた。 購入時の通り、フィルムに貼り付けてしまっていたのだが、どうやらまっ平らな場所に保管しなかったためにジェム・ジェルが一部、折れ曲がった状態になっていたらしい。 途中で折れ曲がったジェム・ジェルは接着面が少なくなっているために、二度と貼りつかない・・・。 本当は、サンタさんの横に大きなプレゼントの箱があったんだけどな。 皆さんも気をつけよう!

006 誰を家に招いてパーティーをするわけでもないが、クリスマスの飾りつけはちょっとした心のゆとりとして、毎年やっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッスルミュージカル

前々から観にいきたいと思っていたマッスルミュージカルについに行ってきた!

本当に面白かった。

期待以上に面白かった。

これは観なきゃもったいないっ!!とまで思った。

こんなにわくわくドキドキしたのは、シルク・ド・ソレイユの『ドラリオン』以来。 お腹の底から湧き上がってくるあの興奮。 ん~、たまらんっ!

一緒に行った友達も同じく、「こんなに面白いと思わなかった!!」

ということで、年末年始の『セレブレーション』のカウントダウン公演にも、一緒に行くことにした。

ちなみに『セレブレーション』は、『クリスマッスル』『カウントダウン』『ハッピーニューイヤー』の三部作なので、私は既に(人を変えて)全部を観にいくことに決めている。

**************

余談だが、もともとのきっかけが『アルカザール』という新宿のニューハーフ・パブにショーを観にいったこと。 ここのメンバーの一員である妃羽理(ひばり)さんは、おっぱいがある筋肉ムキムキ・ニューハーフでとっても面白かったしすごかった。 彼女(彼?)が、マッスルミュージカルにも出演しているということで、そのときにこの友達と「じゃあ、マッスルミュージカルも観にいこう!」と盛り上がったのだった。(今年の春先の話である。 このときのブログを書いていなかった・・・・・)

マッスル・ミュージカルは、数ヶ月おきに演目を変え、出演者も変わっていくので、残念ながら今回の公演には妃羽理さんは出ていなかった。 

現在の演目は『Magicarade 』(マジカレード)というもので、マジックが組み合わせてある。

体を張った業なので緊張で手に汗握りながら観る場面もあり、笑いもあり、感動もあり・・・(肉体を駆使しながらがんばっている人たちを観ると、私は泣けてしまうという理由で)・・・涙あり。

私は声を大にして言いたい。

こんなにたくさんの感動を味わえるんだから、見なきゃ損です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »