« 健康診断 後日談 その2 | トップページ | 東京ミッドタウン ツアー »

Toshi Yoroizuka in 東京ミッドタウン

先日、東京ミッドタウン(六本木)に初めて行ってみた。 

Photo_4 2007年3月30日にオープンして以来、興味はあったものの、混雑しているだろうと思ってなんとなく行きそびれていた。 たまたま、東京ミッドタウンも六本木ヒルズも行ったことのない友達と話していて、「行こう!」と盛り上がり、混雑を避けてわざわざ会社を休んで遊びに行ったというわけ。

さて、六本木駅8番出口で11時に待ち合わせた私たちは、最初に、ミッドタウンの中でも行列のできると評判の、Toshi Yoroizuka (トシ・ヨロイヅカ)に向かった。 女優・川島なお美との結婚を間近に控えた、有名シェフ・鎧塚俊彦氏のデザートが堪能できるという店だ。 

数時間待たなくては入れないと聞いていたので、真っ先に"Toshi Yoroizuka" に行ったわけだが、さすがに平日で、しかもオープンから一年半以上経っていたからか、そんなにこんでいない・・・? すると店の前に並んで待つのではなく、入店時間を告げられる方式だった。 ディズニーランドのファストパスのようなものだ。 告げられた時間は、「11:45」。 名前を呼ばれたときにその場にいないと順番が消滅してしまうという注意を受けた。 

たった40分弱という中途半端な時間を使って、私たちはランチを食べる店を物色しつつ、『東京ミッドタウンのツアー』なるものを見つけた。 この模様については後日お送りしよう。

**************

Photo_2  さて、11:40頃に再び"Toshi Yoroizuka" に戻ると、すぐに中に入れてもらえた。

店も徹底していて、「一時間以内に食事を終えられてください」と頼まれる。 そうすることで、後の人の予約の時間を守ることが出来る。 まあ、置いているのはデザートだけなので、よっぽど話が興に乗って時間を忘れてしまわない限りは、常識では食べ終わる時間だ。

たった10席ほどのカウンター席に座って、7種類のデザートとドリンク(ワインなどのアルコールもある!)の中から好きなものをチョイス。 

Toshi Yoroizuka ブレンドという紅茶の中から、私はPOOH (プー)という洋ナシとハチミツのフレーバーティー、友達はTAHITI (タヒチ)というマンゴーとアプリコットのフレーバーティーを頼んだ。 とってもいい香りで、かいでるだけで幸せな気分~。

Photo_3 『旬のものを使用』という売りのデザートはどれもおいしそうで、選びかねる。 あまりにも悩んで、二つオーダーしてしまおうかと思ったほどだが、そこは我慢!! 店の人の意見も聞きつつ、季節限定だという『卵のスフレ』(写真左)を私が、『アシェット・モンブラン』(写真右上)を友達がチョイス。

『卵のスフレ』は、那須高原で放牧で飼われている鶏の有精卵を使用している。 スフレの底には黄身がそのままとろ~り入っているのだが、普段スーパーで買う卵より味が濃厚でおいしい!! 注文が入ってから焼くというスフレは、熱々で、口に入れたらふんわりと優しくとける。 まさに絶品!

もちろん、友達の『アシェット・モンブラン』も食べさせてもらった・・・というより、小食な友達は、最後3分の1を食べられずに、結局私がもらったのであった。 

これは、優しい甘さで繊細な味。 和栗と洋ナシとチョコが絶妙にマッチしていてとてもおいしかった。 

また、機会があったら来てみたいなぁ・・・。

ちなみに火曜日はショップはお休み。残念ながら何も見られなかった。

|

« 健康診断 後日談 その2 | トップページ | 東京ミッドタウン ツアー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Toshi Yoroizuka in 東京ミッドタウン:

« 健康診断 後日談 その2 | トップページ | 東京ミッドタウン ツアー »