« スミレ トーキョー | トップページ | シャープさんフラットさん ホワイトチーム »

スペイン旅行

9月18日から12日間、スペイン周遊のツアーに参加した。

私のもうひとつのブログ『旅はつれづれ・・』で、旅行記を書くつもりだ。 なるべく思い出が色あせない内に書き終えたい。

私の周りに3人、「スペイン大好き!」という友達がいる。 一人は結婚するまで毎年スペインに行き、スペイン語を学び、年賀状もスペイン語だったことがあった。 他の二人は、一度のスペイン旅行ではまり、新婚旅行にもスペインを選んだほどだ。

そんな私もやっと今回、スペインの魅力に触れることが出来た。 人から「良いよ~」と聞くのと実際に自分の目で見るのとは大違い。 ”情熱の国スペイン”のイメージとは違い、田舎町の静かなこと! フラメンコは自分の想像していたものよりもすごく、圧倒された。 ガウディの建物は魅力にあふれ、奇抜なデザインの中に驚くような機能性が隠されていた。

今回一番驚いたことは、1939年から1975年まで独裁政権下だったということ。 35年間スペインに滞在しているという日本人ガイドは何度も刑務所に入れられたそうだ。 一緒にしょっ引かれた南米系移民たちは、そのまま二度と会うことはなかった・・・・。 その時代、公の場・・・例えば喫茶店などで、男が3人以上で話していてはいけなかったそうだ。 その行為は”反政府運動の集い”とみなされたからだ。

・・・そんな暗い時代がつい最近まで、しかも社会主義のはびこっていた東欧諸国ではなく、西欧の一国であったなんて今回の旅行までまるっきり知らなかった。

多くの日本人と同様、私はスペインをイメージでしか捕らえていなかった。 もちろん、ツアー旅行でスペインを知ることが出来たとはいえないが、スペインでの発見やイメージの覆りなど、旅行記で触れていけたらと思う。

|

« スミレ トーキョー | トップページ | シャープさんフラットさん ホワイトチーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スペイン旅行:

« スミレ トーキョー | トップページ | シャープさんフラットさん ホワイトチーム »