« 上山(かみのやま)温泉 | トップページ | 忘れないと誓ったぼくがいた »

山形への道のりと冷やしラーメン

話が前後するが、山形の上山温泉に行ったのは、お盆真っ只中であった。 恐怖の大渋滞である。

東北道の渋滞はハンパないと聞いていた。 岩手出身の人から以前、一番いいのは夜中の2時に家を出ることだと教わった。 (その人は、ありとあらゆる時間に帰省してみて、この時間が一番渋滞に巻き込まれないと知ったのだそうだ)

そして私たちが家を出たのは明け方3時半。 ちょっと遅かった。 東京都内はすいすい抜けたが埼玉に差し掛かると既に大渋滞。 しかも止まっては少し進みまた止まる・・・という最低の渋滞だった。 (のろのろでも完全に止まらないで進める渋滞というのはまだいい。) そして、たまに渋滞が嘘のように解消したと思ったらすぐに渋滞、というパターンでそれは断続的に福島県まで続いた。

山形に到着したのは昼の12時。 約8時間掛かった。 途中どうしても眠さに耐え切れず、どこかのパーキングエリアで15分ほど仮眠を取った。

辛い・・・ものすごく辛い。 もうちょっと年を取ったらこんな無理はしたくないと思った。

*****************

2008081312200000_2  山形市内で、有名な冷やしラーメンを食べた。 山形は東京より涼しいかと思いきや、盆地らしくてとても暑い。だから"冷やしラーメン"が出来たそうだ。

12時を廻っていたので、既に店の前にはずらっと列が出来ている。

暑い中で待つこと2,30分。 やっと店内に。 ところが、大忙しの真昼間。 注文してからも2,30分ほど待たされた。 店に「遅い」と苦情を言っている人もいたが、こればかりはしょうがない。

そして出てきたのは、右の写真。2008081313070000

 わかりにくいかもしれないが、氷も浮いている。

太い麺に、さっぱりとしたスープ。 スープは通常のラーメンの脂分を抜いて、酸味を強くした感じ。

なかなかおいしかったけれど、私にとってはハマルほどではないかな? 「一度はご賞味あれ!」といっておこう。

|

« 上山(かみのやま)温泉 | トップページ | 忘れないと誓ったぼくがいた »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

栄屋の冷やしらーめん。
クチコミでその評判を聞き、僕も山形に行った時に食べて、結構、そのおいしさに感動しました。
しかも、一度ならず二度までも。
親戚のひとを誘い、そのために仙台からクルマで行ったほどです。
商品化して全国宅配したり、手軽に食べられるようになればいいなと思います。

投稿: ルイス | 2008年10月12日 (日) 03時49分

ルイスさん、こんにちは!
そうでしたか、ルイスさんははまりましたか。確かにあのスープの味は忘れられません。また機会があれば食べてみようかなと思います。
宅配はやっているみたいなんですよ。クチコミサイトに「宅配で取り寄せた」とあるので。見つけたら送りましょうか?!(笑)

投稿: | 2008年10月12日 (日) 13時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山形への道のりと冷やしラーメン:

« 上山(かみのやま)温泉 | トップページ | 忘れないと誓ったぼくがいた »