« 日焼け | トップページ | 下呂温泉 »

ミシン

2008_08300014 たまには女らしいところも披露しておくか。

会社の移転に伴って、トイレにカラーボックスを置くことになった。 トイレットペーパーなどの備品や、掃除用具など。 (ちなみに以前のところには、戸棚があったのだ)

ただし、あからさまに見えるのもどうかと思い、カーテンをつけることにした。 ところが東急ハンズをのぞいたのだが、カラーボックスに取り付けるような既製品のカーテンなどはおいていない。

ならば自分で作ろうと思いたち、私の趣味で、ハイビスカス柄の布地を購入。 家にあるミシンを取り出した。 

ミシンを使うのは何年ぶりだろう・・・・・。

おそらく「いい奥さんになろう!」とはるか12年ほど前に結婚したときに(4年ほどで破綻)、ミシンを購入したのだった。 さらにワンピースだかスカートだかを作成しようと、洋裁の本と布地まで購入してあった。 ところが、その決心はどこへやら。 

結局「ああ、私は永遠に作らないな・・・。服も買ったものの方が素敵だし。」と思い、その後引っ越を機に本と布地は廃棄処分・・・したらしい(どこにも見当たらないから)。 ただ、ミシンは何かの役に立てばと取ってあったのだ。

********************

ところが、ミシンを出してみて、青くなった・・・。全く使い方がわからん。

正確に言うと、糸の掛け方がわからん。 ミシンを使用したことがある方しかわからないと思うが、ミシンは上糸と下糸というものが存在し、上糸はおよそ5箇所のポイントを通過してミシン針の穴に通す。糸の掛け方が結構複雑なのだ。

下糸も、上糸からボビンという下糸を巻く道具に巻きつけて、自分で作成しなければならない。それもミシンを使って行うが、どこに糸を通せば良いのかは一見しただけでは???である。

・・・・・・結局、説明書と格闘しながら、はるか遠い記憶を呼び起こすしかなかった。やっと縫えるぞ!という状態に持っていくまで30分以上かかってしまった

ふう・・・。

布を切り、アイロンで折り目をつけてミシンで縫う。 ちょっとドレープを入れる(カーテンみたいにする)のも試行錯誤だ。 三枚作成して、だんだんと要領を覚えると、楽しくなっていった。

出来上がりは下の写真のとおり。 あまり近くで見るとぼろが出るけど、なかなかの出来でしょ?!。 

2008_08300015

|

« 日焼け | トップページ | 下呂温泉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミシン:

« 日焼け | トップページ | 下呂温泉 »