« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

忘れないと誓ったぼくがいた

平山瑞穂さん。 まだあまり知名度が高くないが、私の好きな作家である。 本屋でもたまに”女流作家コーナー”に置かれてしまうが、男性である。 

私の感性の琴線に触れるものがある。 時折見せるブラックなところも好きだ。

出会ったのは、このブログのプロバイダーであるココログのネット小説であった。 なにげに読みに行ったその作品に、思わず引き込まれた。 いちいち「ああ、その感覚わかる!」と嬉しくなって、コメント欄に書き込みをしたくなること満載。 実際、多くの人が感想を書き込んでいた。 そして載せるコメント欄にいつも丁寧に返事をくれ、そんなやり取りも私がはまったひとつであった。 作家という存在をちょっとだけ身近に感じられるのだ。

シュガーな俺』というこの作品は、既にハードカバーでも売られているが、ネット小説に興味のある方はタイトルをクリック!

この作品は作家本人の”糖尿病”体験によるものである。 糖尿病という病気を持つ人が身近にいたら、是非読んでみるといいだろう。 「糖尿病の本は、医者側から書いたものが多い中、患者側からの貴重な体験談である」からだ(受け売り)。

ちなみに私は、自分自身も親戚や友人にも、今のところ糖尿病患者はいない。 でも十分楽しめると思うし、意外に身近な病気なので知っておいて損はないと思う。 この飽食の時代、将来ならないという保証なんてないし。

****************

ところで、そんな彼の作品の中で私が一押しするものをここで紹介したい。

『忘れないと誓ったぼくがいた』(新潮社からハードカバーと文庫本)

タイトルからもわかるように、これは恋愛小説であるが、ただの恋愛小説ではない。

高校時代の甘酸っぱい経験なら、みんな誰しも経験したり憧れたりしただろう。そんな青春時代の切なさというものを再び呼び起こされる。

そして、一番のテーマは人間の”記憶”である。

記憶というものは、とてもあやふやで、はかない。 同じ出来事でも、人によって捉え方が違ってて、数年後に仲間でそのときの出来事を思い出すと人によって覚えている部分が違っていたり、かたやまるっきり忘れていたり・・・そんな経験はないだろうか?

また、自分の中での記憶というものも、実はかなり加工され改ざんされている。

私は今では五年日記というものを四年間つけ続けているが、昔は恋をするとつけていた時期があった。 恋をすると、その思いがあふれてきて文字に残したくなったからだ。 それを数年後になって読んでみると、「こんな風に感じたり、捉えていたりしたんだ!」と自分に起こったことにもかかわらずびっくりするようなことを考えていたり、起こっていたことを忘れていたり。

そんな”記憶”というもののはかなさを違う方向から描いているのがこの小説だ。

7月に文庫本にもなり、かの有名な脳学者、茂木健一郎さんが解説を書いているのだが、これがまたいい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形への道のりと冷やしラーメン

話が前後するが、山形の上山温泉に行ったのは、お盆真っ只中であった。 恐怖の大渋滞である。

東北道の渋滞はハンパないと聞いていた。 岩手出身の人から以前、一番いいのは夜中の2時に家を出ることだと教わった。 (その人は、ありとあらゆる時間に帰省してみて、この時間が一番渋滞に巻き込まれないと知ったのだそうだ)

そして私たちが家を出たのは明け方3時半。 ちょっと遅かった。 東京都内はすいすい抜けたが埼玉に差し掛かると既に大渋滞。 しかも止まっては少し進みまた止まる・・・という最低の渋滞だった。 (のろのろでも完全に止まらないで進める渋滞というのはまだいい。) そして、たまに渋滞が嘘のように解消したと思ったらすぐに渋滞、というパターンでそれは断続的に福島県まで続いた。

山形に到着したのは昼の12時。 約8時間掛かった。 途中どうしても眠さに耐え切れず、どこかのパーキングエリアで15分ほど仮眠を取った。

辛い・・・ものすごく辛い。 もうちょっと年を取ったらこんな無理はしたくないと思った。

*****************

2008081312200000_2  山形市内で、有名な冷やしラーメンを食べた。 山形は東京より涼しいかと思いきや、盆地らしくてとても暑い。だから"冷やしラーメン"が出来たそうだ。

12時を廻っていたので、既に店の前にはずらっと列が出来ている。

暑い中で待つこと2,30分。 やっと店内に。 ところが、大忙しの真昼間。 注文してからも2,30分ほど待たされた。 店に「遅い」と苦情を言っている人もいたが、こればかりはしょうがない。

そして出てきたのは、右の写真。2008081313070000

 わかりにくいかもしれないが、氷も浮いている。

太い麺に、さっぱりとしたスープ。 スープは通常のラーメンの脂分を抜いて、酸味を強くした感じ。

なかなかおいしかったけれど、私にとってはハマルほどではないかな? 「一度はご賞味あれ!」といっておこう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

上山(かみのやま)温泉

下呂温泉から帰った三日後、今度はお盆休みのイベントとして山形の上山温泉へ。 

Dscf2297_2  またしても、部屋付き露天風呂 & 米沢牛 という豪華二本立て。 下呂でも部屋付き露天風呂と飛騨牛を堪能したばかりで、贅沢なことこの上ない夏だった。

泊まったところは、『葉山館』の翠葉亭(すいようてい)。 部屋がすばらしい!!入った瞬間、心が小躍りするのがわかった。 畳の上にはこだわりのシモンズベッドと、すわり心地のよい低いソファー。 ベランダには、足湯もついていた。Dscf2300

部屋付きの露天風呂と足湯からは、蔵王連峰が見える・・・はずだった。 あいにく到着した日は曇り、翌日は雨。 旅館の人は 「今回は残念でした。冬ならもっと綺麗ですよ。空気が澄んで蔵王がくっきり見えますし、夜には蔵王スキー場のライトアップも見えるんです。」と教えてくれた。ぜひ、一度冬に来てみたい。

2008081319520000_2  米沢牛は・・・・残念ながら”たたき”だった。 私は「牛はやっぱりステーキ」派なのでちょっとがっかり。

写真の右は”国産牛の陶板焼き”。 これはおいしかった。 

****************

『葉山館』は割とこじんまりした雰囲気を漂わせているが、サービスも満足。 ホームページも魅力的だ。

実は隣には、『また泊まりたい旅館』だか『サービスのいい旅館』だったかで毎年ナンバー10に入るという”古窯(こよう)”という旅館がある (←友達の受け売りで、自分で調べたわけではない)。 

この古窯は、旅行会社に勤める別の友人からも勧められたのだが、いかんせん予約が取れなかったのだ。 そういうことからすれば『葉山館』ががんばっているのもうなずける。

どちらにしても、蔵王連峰の眺めと、米沢牛ステーキ、サービスがいいという古窯へのリベンジがあるので、またいつか上山温泉には訪れようと思う。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

下呂温泉

Dscf2289 夏休み前のことになるが、岐阜の下呂温泉に友達といってきた。 ”日本三大○○””世界三大○○”といったものに弱い私は、喜んで行った。

友達のご両親が有する会員制のホテルで、部屋つき露天風呂のある部屋を取ってくれた。 右の写真がその部屋からの眺め。 下呂の街を見渡せる高台で、なんとも気持ちがいい。 夜はもちろん、夜景を眺めながらの入浴となる。 

もちろん大浴場もあったので、私は夕飯前に部屋つき露天風呂、夕食後に大浴場を堪能。 もちろん、朝もね!

夕飯には飛騨牛!! サシがいっぱい入っていて本当においしかった。 ステーキ大好き

ちなみに下呂温泉駅では、あの食品偽装で一躍名を世間にとどろかせた『丸明』の看板を発見。「まだ看板出してるんだな・・・」と関心。

温泉、飛騨牛と、究極のところである女同士のおしゃべりを存分楽しんで、なんとも贅沢な旅行になった。 (お互い、楽しい話題ばかりではなかったけれど)。

***************

下呂温泉(岐阜)は、有馬温泉(兵庫県)、草津温泉(群馬)と並んで日本三大名湯だそうだ。 

お湯は、無色・無臭。 入ると肌にまとわりつくようなやわらかい、優しいお湯である。 臭いも色もないために普通のお風呂と一見変わらないが、出てから”温泉であること”を実感する。 汗がずっと引かない。 いつまでもぽかぽかだ。 

これでこそ温泉!!と大満足。  さすが三大名湯。 湯治にも使われているという。

*******************

翌日、下呂温泉駅前を探索。 土産物屋が並ぶ通りを抜けると、下呂大橋にぶつかる。大きな川にかけられたこの橋を渡って更に行くと、温泉街に入る。 先ほどの川に合流する細い川を見下ろす欄干がずっと続き、その両側に並ぶ温泉宿。 坂になっているのでよけいに風情をかもし出している。 昔行ったことのある湯河原を思い出した。  

ちなみに、右の写真は土産物屋でゲットした大吟醸ケーキ。2008_08300013

「運転する前には食べないで」という注意書きがあるので、お酒に弱い人はダメかもしれない。

これがめちゃくちゃおいしかった。 しっとりとしたパウンドケーキだが、ほのかなお酒の風味。 また食べたい一品だ。

***********

さて、この旅行にはひとつ余計なおまけがついていた。 

露出狂に会った。 しかも、真昼間の炎天下の中。 白昼堂々、まばらではあるが家族連れも歩いている中で、だ。

下呂大橋の下の河原には、川の横になぜか”外湯”がある。 いや、外湯はこの下呂温泉の町にいくつか存在するのだが、そのひとつが河原にある。 橋から見下ろすと、どう見ても真っ裸の男性が二人。 しかもお互い知り合いではないような・・・。 色白の中年のおっさんと若そうな日焼けした青年。

私たちの視線に気がつくと、若者は私たちの方に体を向け、そして立ちあがったっ!!

う~ん、複雑。 もうキャーキャー行って逃げる年でもないし。 よっぽど110番してやろうかと思ったけれど、やめた。 私たちの後ろに歩いていた中学生らしき娘を連れた家族連れは気がついたのかな、と心配になったけど。 

なんであんな360度見渡せるところにいるのかな~??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ミシン

2008_08300014 たまには女らしいところも披露しておくか。

会社の移転に伴って、トイレにカラーボックスを置くことになった。 トイレットペーパーなどの備品や、掃除用具など。 (ちなみに以前のところには、戸棚があったのだ)

ただし、あからさまに見えるのもどうかと思い、カーテンをつけることにした。 ところが東急ハンズをのぞいたのだが、カラーボックスに取り付けるような既製品のカーテンなどはおいていない。

ならば自分で作ろうと思いたち、私の趣味で、ハイビスカス柄の布地を購入。 家にあるミシンを取り出した。 

ミシンを使うのは何年ぶりだろう・・・・・。

おそらく「いい奥さんになろう!」とはるか12年ほど前に結婚したときに(4年ほどで破綻)、ミシンを購入したのだった。 さらにワンピースだかスカートだかを作成しようと、洋裁の本と布地まで購入してあった。 ところが、その決心はどこへやら。 

結局「ああ、私は永遠に作らないな・・・。服も買ったものの方が素敵だし。」と思い、その後引っ越を機に本と布地は廃棄処分・・・したらしい(どこにも見当たらないから)。 ただ、ミシンは何かの役に立てばと取ってあったのだ。

********************

ところが、ミシンを出してみて、青くなった・・・。全く使い方がわからん。

正確に言うと、糸の掛け方がわからん。 ミシンを使用したことがある方しかわからないと思うが、ミシンは上糸と下糸というものが存在し、上糸はおよそ5箇所のポイントを通過してミシン針の穴に通す。糸の掛け方が結構複雑なのだ。

下糸も、上糸からボビンという下糸を巻く道具に巻きつけて、自分で作成しなければならない。それもミシンを使って行うが、どこに糸を通せば良いのかは一見しただけでは???である。

・・・・・・結局、説明書と格闘しながら、はるか遠い記憶を呼び起こすしかなかった。やっと縫えるぞ!という状態に持っていくまで30分以上かかってしまった

ふう・・・。

布を切り、アイロンで折り目をつけてミシンで縫う。 ちょっとドレープを入れる(カーテンみたいにする)のも試行錯誤だ。 三枚作成して、だんだんと要領を覚えると、楽しくなっていった。

出来上がりは下の写真のとおり。 あまり近くで見るとぼろが出るけど、なかなかの出来でしょ?!。 

2008_08300015

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日焼け

最近、二人の人に「いい感じに焼けてますね」といわれた。

ががーん。 

焼いているつもりはないのに・・・。

二人が口に出したということは、もっと大勢の人が同じ感想を抱いているということだ。

彼らの「いい感じに焼けてますね」には、「日焼けするようなところに、旅行にいかれたんですか?」というニュアンスが含まれるのだ。

私がハワイに行ったのは6月の中旬。 三ヶ月近く経った今になって指摘されるのはおかしすぎる。 そう、この日焼けは普段の生活でできあがったものだ。

実は、私は紫外線を吸収しやすいのだ。

毎朝、SPF 35 の日焼け止めを塗っているが、『塗っていないよりはマシ』という感じだろう。

母と妹は、ジグロ(地黒)である。 ちなみに父は日焼けをしているが、外に出さない部分は白いので、もともと色白である。

「私、ジグロだから・・」と周りにいうと「え?そう??白いじゃん」といわれることからして、私はどうやらジグロではないらしいが、かといって色白では決してない。

いいなぁ~。色白、憧れるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角川文庫のプレゼント

一ヶ月ほど前、角川文庫を四冊購入した。 

すると、偶然にキャンペーン中だった。 二冊分の応募券で一回応募できる。

私はこういうものにはたいてい応募しない人間なのだが、今回は応募することに。 プレゼントがブックカバーだったことと、その絵が気に入ったこと、また”必ず”もらえるからだ。

本屋さんでもらう紙のブックカバーは、一冊か二冊読み終わった頃にはぼろぼろになっていて捨てるしかない。 もったいないなぁと毎回思う。 かといって、なかなかいいブックカバーが見つからない。 先日、franc francでショッキングピンクの布製のブックカバーを気に入って購入したのだが、本にショッキングピンクが移ってしまうことが使ってみてわかった。

さて、何種類もあった絵の中から私が選んだのは『新世紀エヴァンゲリオン』と『スヌーピー』。

2008_08300016_2『エヴァ』がなかったら応募しなかった私だが、 考えてみればこれをつけた本を電車の中で読むのは恥ずかしいかも・・・?? 

『スヌーピー』は応募券が二枚余ったので、次に気に入ったものにしたまでだ。 結果的にはこっちの方が使えるかも。

ちなみに右のしおりは”松山ケンイチのシークレットしおり”らしい。 応募した人には”漏れなく”ついてくる。 写真には一枚しか写ってないが、二つ応募したので、違うショットの松山ケンイチしおりが届いた。

でも紙製なんだよね。 取り立てて松山ケンイチのファンでもない私はどうでもいいのだが、せっかくのプレゼントなんだからもっと高級チックにすればいいのに。

もしファンだったら、使わずに取っておくのだろうなぁ。  ファンでない私はどうしようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »