« TASPO の洗礼 | トップページ | Cheeseburger in Pradise »

コールドストーンクリーマリー in Hawaii

Hawaii017 再びハワイ旅行記。

日本で大人気のコールド・ストーン・クリーマリー

冷たい石の上(-9℃のみかげ石らしい)で、アイスクリームとフルーツやナッツを混ぜ合わせるパフォーマンスが人気で、どこでも行列が出来ているとかいないとか。

実は友達も私も、日本では未体験。 しかし、二人とも興味はありありだったので、行ってみた。

*********

夕方の4時ごろで、お客さんは2, 3人。 日本の行列は、なんなのだろうか。

頼み方がわからずオタオタしたが、ショーケースに載っているメニュー表の下に小さく英語で書いてあった。 

なぜか、『チョコチップ』『アーモンド』などのトッピングは日本語でわざわざシールが貼ってあるが、肝心の注文の仕方は英語のみ。 トッピングに日本語書いてなくても、それぐらいの英語は読めるし、目で見てわかるよ~。 頼み方こそ日本語で書いたら??と突っ込みたくなった。

とりあえず、メニューの中からアイスの種類を選び、サイズを選び、コーンかカップかを選べばいいらしい。 サイズ表示が、一番小さいのが『Like it』、少し大きいのが『Love it』といった感じになっており、そのおしゃれなネーミングがアメリカっぽくて憎い!!

慣れてくれば自分でいろいろなトッピングを考え、オリジナルのアイスクリームも出来るらしい。

私はストロベリーチーズケーキ味を 友達はモカ味を選んだ。 もちろん一番小さいのを選んだのだが、よっぽどのアイス好きじゃなければこれで十分だろう。

しかも値段が7.29ドルだから、約800円である!!

私の昔の感覚だと、アメリカのものは日本で食べると高い、現地で食べれば安いと思っていたが、アメリカでも高いのねー。 スターバックスコーヒーも然り。

*****************

ああ、こんな暑い日はまたあのアイスが食べたくなるなぁ~。 

|

« TASPO の洗礼 | トップページ | Cheeseburger in Pradise »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コールドストーンクリーマリー in Hawaii:

« TASPO の洗礼 | トップページ | Cheeseburger in Pradise »