« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »

ボディーメイク報告 11

5月のレッスンを終了することで、私は一年間ボディーメイクを続けたことになる。 始めた当初は一時間のレッスンを週二日受けていたが、今年に入って週一日に減らした。 たった週一回一時間のみであるが、継続は力なりである。

半年前にも『半年続けて得られた成果』をブログに載せたが、今回も『一年間続けて得られた成果』を書こうと思う。 ちなみに半年前は下記の6項目にわたって書いている。

1)肩こりの軽減 

2)体のゆがみが治ってきた 

3)腰痛がほぼ出なくなった 

4)スタイルが良くなった (体重が減ってきた)

5)肌がきれいになった 

6)体力がついた

詳細は、下記の2ブログに書いてある。

ボディーメイクの効果1(ボディーメイク報告8)

ボディーメイクの効果2(ボディーメイク報告9)

************************

一年経った今現在の私の感想は下記の通り。

1) 腰痛が出なくなった

私は椎間板ヘルニアによる腰痛持ちであった。 半年前はたまに腰痛が出ていたが、最近は全くない。 ちゃんとインナーマッスルがついて、正しい体の使い方が出来るようになってきた証拠だろう。 

2) 体のゆがみが良くなった

右肩が明らかに下がっていた私であったが、意識しなくてもほぼ同じ高さになった。

そして面白いことに、”逆に”変な姿勢があまり出来なくなってきた。 体がゆがんでいた頃は、変な姿勢(例えば、女の子座りとか、足を組むとか)が楽だったのに・・・。

3) 体が引き締まった

体重は減っていない。(まあ、原因はたくさん食べてしまう私にあるのだが。) 

ところが、体脂肪率が下がり(半年前と2%ぐらい違う)、筋肉量が上がった。 おかげで、以前と同じ体重でも痩せて見えるし、引き締まっている感じ。 ただ、まだまだ改善の余地ありの下半身・・・。 最近は大きなお尻を引き締めること中心のトレーニングをしている。

3) 体力がついた

以前は、冬の間に必ず1,2回は風邪を引いて(熱が出て)寝込んでいた。

ところがこの冬(といっても冬は数ヶ月前に終わっているが)、「あ、風邪を引いたっぽい」と思っても、悪化しなくなった。 喉に違和感を感じても、寝たら治ってたとか、一日で回復したとか、そんな具合である。 

4) 肌がきれいになった

肌はますますきれいになったように思う。 運動をすることによって代謝が良くなったり、運動後にサウナに入ったりするおかげもあるんだろう。 オンナとして嬉しいことである。 もちろん、これはまだまだ改善の余地ありだけどね! 運動したからって芸能人のような絹の肌になれるわけではない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Around 40

TBSのドラマ『Around 40 ~注文の多いオンナたち~』を観ている。 まさに、アラフォー世代(40歳前後)である私には身につまされるドラマである。

ちなみに私は現在37歳だが、あと数ヶ月で38歳なのである。 焦る・・・。

34,5歳までは”20代の延長”気分でいられたのが、36歳になったときに「うわっ、なんかいきなり40歳手前だ!」という落胆した気分を味わった。 「20代の延長だぁ??」などと笑うなかれ。 こう思っているのは私だけではないことが、このドラマでも似たようなセリフがあったことで実証されたのだ。 

ドラマの主人公は39歳。 私はそれより一歳若いといっても、この年の1年なんてあっという間である。 しかもドラマの主人公は、”ドラマの始まりでは独身・彼氏なしでも、必ずいい男性が二人以上現れて悩み、誰かと結ばれる”と相場が決まっている。 現実はなかなかそううまくはいってくれない・・・。

私は26歳で一回結婚をし、30歳で独り身になった。 その後、「結婚しない」「子供は要らない」といい続けてこの年になった。 ところが、最近になって「結婚したい」「この人の子供が欲しい」という思いに駆られる事件が起こってしまったのだ・・・・。 「35歳を過ぎると子宮が腐る」なんて20代の何もわかっていない女の子に言われたくはないが、35歳を過ぎると妊娠しにくくなるのは事実なのだ。 あ、焦る・・・。 

ドラマでも”子供を持ちたい男性にとってオンナの市場価値は、35歳から急激に下がる”というようなことを言っているが、まさにその通りだろう。 「見た目は若くても、確実にあなたは39歳なんですから」というようなセリフにも・・・数年前に「20代に見られた!」と喜びのブログをアップした経験のある私には、カウンターパンチである。 

わ、わかっているよ、そんなこと。 いくら気持ちが若いつもりでも、顔にしみができたり、白髪が出てきたり、生理に変化が出始めてからというもの、

「ああ、体は確実に年を取っている」と認識せざるを得なかったのだ。

最近40歳を超えて出産をしている有名人がいるので心強いことはあるが、それにしても焦る。 やっぱり40歳までにはもう一度結婚しておきたいなぁ・・・などとこのごろ考える私であった。

そんなわけで、余計にこのドラマに身が入ってしまう。 ちなみに明日放送日である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東電OL殺人事件

佐野眞一著の『東電OL殺人事件』を読んだ。ノンフィクションだ。 

皆さんは、1997年に起きた東京電力に勤める39歳のOLが何者かに殺された事件を覚えておいでだろうか?

私の中では、『東京電力に勤めるエリートOLが、実は売春もしていたというショッキングな事件。 外国人が殺人容疑で起訴されたけれど、無罪判決がでた』という程度の認識しかない。 かなり騒がれたが、私は特に新聞や雑誌などを熱心に読んだり、テレビのワイドショーを観たりしなかった。 容疑者として逮捕された”外国人”というのも、私の中では”アジアのどこかの国の色の浅黒い人種”という認識しかなく、ネパール人だということも今回改めて認識したほど。

私は普段、小説しか読まない。 なにゆえ、普段は読まないノンフィクションを、しかも10年以上も過ぎた事件を書いたこの本を今更読もうと思ったのかというと・・・去年秋、読んだ2冊の本がきっかけだった。  このブログ上でも公表したが『今頃読んでみた3 嫌われ松子の一生』と、ブログ上には載せなかったが桐野夏生の『グロテスク』である。 私はこの二冊を”立て続けに”読んだわけだが、どういうわけだかこの二冊の”参考文献”としてこの『東電OL殺人事件』が載っていたのだ!

なんという偶然! 私は偶然に同じ時期に読み、まるっきり関係なく思えたこの二冊が同じ参考文献を用いているということに運命を覚えた・・・・というのは大げさだが、かようにして『東電OL殺人事件』を読んでみようと思ったのだった。 

二冊ともとっても面白かった。 面白さの質は全く違うが、読みながらわくわくする。 いや、『グロテスク』の場合は”ぞくぞくする”といって方がいいかもしれない。

『グロテスク』は、この”東電OL殺人事件”をヒントに描かれているのは一目瞭然だった。 佐野眞一の『東電OL殺人事件』を読んで、更にその認識を強くした。 ところが、『嫌われ松子の一生』には、どう”東電OL殺人事件”が絡んでくるのか、皆目見当がつかなかった。 そこで更にその謎を解くべく『東電OL殺人事件』を読む気になったのだった。

ところが、読み終わった今でも『東電OL殺人事件』のどこが『嫌われ松子』の参考文献になったのか、未だにわからないままである。 たしかに、学校の先生という尊敬される立場からトルコ嬢(今で言う”ヘルス嬢”)に転落するという人生は、東電OLが”売春行為という”現実になしえた人生の転落と重ならないといえなくもないか・・・。 それにヒントを得たということか!

ちなみに私の悪い癖で、”気楽に読めなさそうな”感じを敬遠して購入してからしばらく別の本を読んでしまったために半年してからやっと『東電OL殺人事件』に手を伸ばしたのだった。

******************

この事件が起きた後、「私には彼女の気持ちがよくわかる」「彼女は私である」と訴える女性が後を絶たなかったそうだ。 殺害現場にも多くの女性が足を運んで花を供えたそうだ。

いい大学を出て、いい会社に勤めた時点で、世間は画一的に「いい人生だ」と羨ましがるかもしれない。 しかし、”優等生”である人生を親からも周りからも求められながら育つということがどれだけ本人のプレッシャーになることか。 たとえ、そういう風にしか本人が生きられなかったとしてもだ。 

しかも男女雇用均等法が出来て(実際の被害者は、この法律が出来る前に総合職として採用されたが)男性と同じだけ働くことを余儀なくされる反面、”女である”ことで昇級させてもらえなかったり昇給してもらえなかったりと差別を受けたりする。 がんばっている女性達はそこで葛藤し、そこから生まれる心の闇と闘っているのだろう。 一歩間違えれば”体を売る”という行為に及んだ被害者と紙一重かもしれない、という思い。

被害者は二度拒食症で入院しており、殺害当時もガリガリにやせていたそうだ。 それでも現場にはダイエットサプリが転がっていた。 努力家で自分を追い詰めるタイプ。 

私は井の頭線に乗って、渋谷に勤めている。 殺害現場となった神泉駅はひとつ手前だ。 なんとなく現場に足を運んでみたくなって神泉駅で降りてみた。 現場は駅改札から徒歩1分程度。 事件から10年以上経った今でも、殺害現場になったアパートも容疑者とされるネパール人が住んでいたマンションも残されている。 

私は努力家でもないし、キャリヤウーマンではない。拒食症にも売春婦にも絶対にならないしなれないけれど、やはり同じ女である以上、なんとなく彼女の心の闇を「絶対に理解できない」とはいえないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボディーメイク報告 10

うーん、実に久しぶり。 最後にボディーメイク報告を書いたのは11月22日だったので、約半年振りということになる。

過去ログを読みたい方は→ 『ボディーメイク報告』  (左下のカテゴリー欄の『パーソナルトレーニング・TRUE BODYMAKES東京』をクリックしても飛べる。)

さらに、ボディーメイクというものに興味のある方は→ 『http://www.bodymake.jp/』 (左下のマイリンク欄や、MY TEACHER欄からも飛べる。) ここは、私がボディーメイクというものを習っているパーソナルトレーナーさんの会社のサイトである。 実は、私もリンクを貼っていただいているので、がんばってブログに書かなきゃいけなかったのだ・・・。

************

『ボディーメイク』という言葉をはじめて聞く方もいると思うし、私も記事をアップするのが久々なので簡単に説明をすると、読んで字のごとく「体(ボディー)を作っていく(メイクする)」ことである。

こんな説明ではわからないよね。 しごく簡単に言ってしまえばパーソナルトレーナーに教わる筋トレなのだ。

人の体は重力やその人のクセなどで年をとるごとにバランスを崩していることが多い。 子供の頃にはなかった腰痛や肩こりなどは、大人になって”楽な方に、楽な方に”と流されていった末、体のバランスが悪くなったことが原因で起こっていることがほとんどなのだ。 だから、本来の筋肉(インナーマッスル)を本来あるべき姿に戻す(鍛える)ことで、体の不調を治したり、姿勢(スタイル)を良くしたりすることが、ボディーメイクの最大の目的である。 本来あるべき姿に戻し、あるべき筋肉の使い方をマスターした上で更に上を目指していく。

最大の特徴は、それぞれの人の体の問題点やその目的によって、筋トレのプログラムが違うということ。

例えばたくましい体を目指す男性は筋肉をつけ、女性は筋肉ムキムキにならないような筋トレをしスタイルをよくすることを目指したり。 例えば、腰痛の原因は人によって様々なので、それを重点的に治したり。

興味が湧いた人は上のサイトをご覧下さい。

実際のところ、私も腰痛(椎間板ヘルニアによるもの)が出なくなったし、体のラインが引き締まってきれいになってきたのだ(発展途上だが)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯のバッテリー

私はドコモの携帯愛用者なのだが、先月SH903i から P905i に変えた。

SH903i はデザイン的にとてもお気に入りだったのだが、バッテリーの消費が早くなったことと、デコレーションがハゲハゲになってきたことが買い替えの理由である。

ちなみにデコレーションとは、マロニエゲートにてシールによるデコレーション(←興味ある方はクリック)で、さすがにシールだから長くは持たなかった。 デコったのは去年9月で、上から透明マニキュアを塗ってみたのだが塗らないよりはましという程度で、時間とともにシールが剥がれ落ちてきて、さすがにみっともなくなったのだ。

ところで、話は本題の携帯のバッテリーに移る。

バッテリーが持たなくなったことについて、いろいろな友達の家に遊びに行ったときに話した。 すると、ある家の旦那様には

「携帯の充電は、電池を使い切ってからしないとどんどん短くなるよ」といわれた。 つまり、”大げさに言えば”バッテリーの容量を100とすると、残量30までしか使用しない時点で充電することで容量自体が70になってしまう。 さらに、容量70の時点で、残量20までしか使用せずに充電することで、容量自体が当初100だったのに対し、50まで減ってしまう。 バッテリー残量を残したままで充電することを繰り返す内に、どんどん残量部分が切り捨てられてしまうわけだ。

ところが、別の友達の家でそれを話すと、やはりそこの旦那が「いや、それは昔のバッテリーの話で、今のリチウムイオン電池はそんなことないよ。」といわれた。 (余談だが、男性はやはりメカ的なことに興味があり、女性はやはりメカ的なことに弱い、もしくは興味がないのだということを改めて思った。)

 いったいどれが本当なの?? なんで電池寿命は短くなるの?? 

実は、3台前の携帯(N502i)の話である。私はこれを4年近く使用していたのだ!! カラーが一般的になる直前に購入してしまったため、長い間友達にも「まだ白黒なの?!」と馬鹿にされたのだが、意地で使い続けたし、使い続けられた

ところが、SH903i もその前のN900i も、2年もすると電池が一日も持たなくなった。i-mode 接続をすればすぐ無くなるし、メールのみでも10通もやりとりするとなくなってしまう。不便なことこの上なかった。

***************

結論を言えば、バッテリーが少なくなってから(電池表示が一本になってから)充電するのが好ましいことは、事実だそうだ。

また今回始めて知ったのだが、携帯を”充電しながら”通話したり、i-mode に接続したり、メールを打ったりすると、極端に短くなることが判明。

ただ、バッテリーは消耗品なので、使用年数が増すごとにバッテリー容量が減っていくのはしょうがないそうだ。

そっか~。確かに900 シリーズにしてからというもの、携帯でi-mode を見たり、ゲームをするようになった。 もともと i-mode もゲームもすぐにバッテリーを消費してしまうため、充電をしながら使用するようになった。 だから逆に言えば、充電しながら使用しなかったN502i は寿命が長かったのだ。

なるほどね~納得! 今後はぜひ気をつけてみよう。

それでも、バッテリーが少なくなってから充電するというのは、働く身にとっては難しい。 外出先の途中でバッテリーが切れたら困るから、どうしても少なくならない内に充電せざるを得ない場合もある。

詳しくは、ドコモのホームページで見つけた電池に関する情報をみてね。(ページの一番下)

http://www.nttdocomo.co.jp/product/related/safety/usage/index.html#p02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玉蘭

先月、台湾出張に行ってきた。

今回は、旅行記を書くようなこと(観光など)はほとんど体験しておらず、しいて言うならば鼎泰豊(ディンタイフォン)に二日続けていって小籠包などを堪能したことと、いつも行っている足裏マッサージに今回も行ったこと、ビリヤードで遊んだことなどがある (← しっかり遊んでるじゃないか!)。 二年前の台湾旅行記・・・じゃなかった 台湾出張記の一部はここをどうぞ→ TAIPEI101

いつも台湾での移動は弊社代理店の張さんという人が車を出してくれる。 空港とホテル間の送り迎え、ホテルから客先までのタクシー代わり、はたまたプライベートでの食事や、マッサージやビリヤードに行くときさえも・・・。 彼はとってもいい人で親切すぎるぐらいである。

さて、この張さんの車に乗って客先に向かっているとき、赤信号で止まっていると物売りがやってきた。

車の窓を開けて台湾語でなにやらやり取りしたあと、張さんがお金を払う。Dscf2133

それがこれだ→

花と葉が針金でつなげられている。真ん中の花は玉蘭だそうだ。

とても甘い、いい香り・・・。そして切ない香り。

いや、切ないのは私だけだろう。 数年前に読んだ、桐野夏生の『玉蘭』を思い出したからである。

ところでこれは何かというと、いわゆる車の芳香剤みたいなものらしい。 自然の優しい贈り物だ。 次の日には駄目になってしまうのもちょっと切ない。 

そして日本にはいない路上の物売りというのが台湾らしくていいが、それも貧しさゆえということを思うとちょっと切ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笠間 グルメ編

Dscf2178 笠間の観光する前に、そば好きの友達夫婦がネット口コミで探したというそば処『いそやま』に行ってきた。 大きな道路からは大きく外れているので通りがかりで入るということはなく、口コミじゃなきゃ知られないような感じの場所にひっそりとある。

私は鴨南つけそばと天ぷらを堪能。 天ぷらはかなり量が多くて最後は食べるのが大変だったが(写真は3人前)、ぜんまい、タラの芽など、春の味覚万歳で大満足だった。Dscf2177

鴨南つけには舞茸が入っていて、その風味をよりいい物にしている。 そばもコシがあり、とてもおいしい。

*****************

笠間を去るときに、グリュイエールというケーキ屋の五穀ろーるというのを友達が買ってくれた。 茨城出身の彼女は昔から大のお気に入りなのだそうだが、これは本当においしかった!!

体にもよさそうなネーミングだが、甘さも控えめで優しい口当たり。 一度食べたら病み付きになるのがわかる。 私も一切れ食べた後、「やっぱりもう一切れ!」とお代わりしてしまったほどだ。

賞味期限が二日と短いが、宅配もやっているので興味のある方はどうぞ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の笠間を歩く

Dscf2187  先週末、水戸の友達の家に泊まりに行った。

友達夫婦が今回私を連れて行ってくれたのは、茨城にある笠間という街。水戸から(高速を使わず)西へ40分ほど車を走らせる。(高速だと20分らしい) 

Dscf2184 お昼ごはんにおそばを食べ(このそば処については次回のブログにて紹介)、向かった先は、笠間つつじ公園。 小高い山の斜面にたくさんのつつじが色とりどりに植えられていて、圧巻である。

頂上は、ちょっとした展望台が設けられていたり、広々として眺めがいい。 雨が降っていなかったら絶景だろう。 坂本九のゆかりの地であるらしく、彼の歌が絶えず流されている。 

残念ながら、つつじの見ごろはゴールデンウィークあたりだったようで、既に花が落ちているつつじもたくさんあったがそれでもこの景色! 雨が降っていなかったら、青空に映えてよりきれいだったろう。

Dscf2185 ← 普段見たことのない真っ赤なつつじに、赤好きの私は心を奪われた。

***********

次に笠間稲荷へ。 

Dscf2190 ここは、藤の花がとても美しかった。 ちょうど見ごろで、思わず見とれてしまうほど。 薄紫の花が長く垂れ下がる藤棚は、下に立つととてもいい香りがして幸せな気持ちになる。 その隣には、 ”八重の藤”という藤棚が並んでいて、見ごたえあり。 八重の藤というのは、普通の藤に比べ花の丈はだいぶ短いが、紫色のグラデーションが見事。 グラデーション好きの私としては、これにも心を奪われた。Dscf2191 (八重の藤の写真を撮り忘れた

ここで、お稲荷さんに会社の繁栄(?)を祈願、別の場所に祀ってある大黒天にも食住の安定を祈願し、ここを後にした。

**********

笠間という街は、焼き物でも有名。 実際のところ私は”笠間焼き”というのを今回始めて知ったのだが・・・。

何軒も笠間焼きの店や、焼き物を体験できる工房が立ち並んでいるエリアがある。

私たちはとりあえず体験は時間も無いのでよしとして、いくつかの販売店を見て周った。 結構店によってラインナップが違っていて面白い。 素朴なものばかり並べている店もあれば、ちょっとおしゃれなものばかりを置いている店もある。 できればいくつかハシゴしてみることがお勧め。 

Dscf2199 私は最初買うつもりは無かったが、二件目に周った店でひとつ気に入ったものを見つけたので記念に購入することに。 きれいなさくらが描いてある湯飲み茶碗である。 ちょうど、緑茶をマグカップで飲んでいたので、湯飲みで飲むほうが風情があっていいかなと・・・。

おそろいのお皿も見つけたので、お茶菓子用にこれも購入した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

25周年イベント前のディズニーシー

Dscf2082 既に一ヶ月以上前のことになるが、ディズニー・シーに行ってきた。 大人三人と子供一人。

驚いたことに、この日のディズニーシーはとてもすいていた!

春休みの終わった後で、翌週からは『25周年イベント』が始まるという、ちょうど狭間の金曜日だった。 天気予報も直前まで雨の予報だったことも幸いしたかもしれない。 実際のところ、開園時間から快晴になっていたというのに。

すいていた恩恵を受けたのは、特にこの二つ!

タワー・オブ・テラー と ミッキーやミニーたちと会えるレストラン『ホライズンベイ・レストラン』だった。

タワー・オブ・テラーは、なんと10分待ち。 ファスト・パスを取りに行ったつもりが10分待ちなので即乗ることに。 かなり怖かったけど、終わった後に「面白かった~!!」という感覚が湧いてきた。 友達の一人は、既に体験済みで「二度と乗らない」といって今回はパスだったが、私は次回もまた乗りたいっ。 

Dscf2096 レストランでは、ミッキー、ミニー、プルートが次から次へとやってきて、何枚も写真を取り捲った。 みんなで撮った後に、一人ずつと撮ってもらったり・・・。 特に友達の子供はハグしてもらったり、チューしたりと独り占め状態。 もしレストランが満席だったらこんなわけにはいかなかったんじゃないだろうかと思うほど長い時間だった気が・・・。

ミッキー、ミニー、プルートは別々に周ってきて、しかもそれが2,3回ずつやってきてくれるものだから、しまいには食傷気味に・・・・。 だって、ここで撮った写真だけでも30枚以上はある。 ずっと笑顔でいたせいで、レストランを出るときにほほが痛かったほどだ。 最初かなり高かったテンションも、だんだん下がってきた。

やっぱ、ミッキーやミニーにはたまにしか会えないからこそ、プレミアム間があるんだな・・・などと贅沢にも考えたりした。

**************** 

ところで、25周年記念イベントの始まる前だったにもかかわらず、園内のいたるところにイベントに向けた飾り付けが始まっている。 しかも、グッズも既に販売していたのだ。(25周年記念イベントで販売するグッズのごく一部だったのか、全部を既にこの時点で販売していたかどうかはわからない)

とりあえず、この”限定物”というやつに多少弱い私は、お皿を四枚ゲット!

子供もいないのにお子様ランチのお皿一枚(ミッキーの形)と、小皿三枚(写真)。Dscf2198  

そしていつものようにゲットしたことで満足している私は、包装も解かないまま放置して、一ヶ月以上が経っているのだった・・・・。(写真を撮ることでやっと包装を解いた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドトールにハマる

Dscf2157 今、私がはまっているもの。

それはドトールの黒ゴマ豆乳ラテ と ミラノサンドC (炭焼きチキンのゴマソース) である。

ゴマも豆乳も体にいいとされているし、おいしくて健康によければ一石二鳥である。 コラーゲンを含むとされるマシュマロまで浮いている。 女性に嬉しいメニューである。

チキンも、私の習っているボディーメイク的には、”筋肉の基となる動物性たんぱく質”を摂取するのに最適! 

一人で食事をしなくてはならない時、レストランに入るほど時間的余裕が無いときにドトールはお勧め。 しかも喫煙者の私にとって、強い見方なのだ。

ただ、「体にいい!」とゴマをとってもタバコを吸ってちゃ意味ないか・・・。

*****************************

と言う記事を書いたのはゴールデンウィーク。 本日アップするまでタイムラグがあった間に・・・・な、なんと『黒ゴマ豆乳ラテ』の販売は終了していました~!!

大変失礼いたしました。 また復活することを祈って、ここに載せることにしました(^0^)。

ちなみに、つい先日"販売終了"をドトールの店頭で知った私は、ひとしきりショックを受けた後、気を取り直して新メニューの『黒糖豆乳ラテ』を頼んだのだった・・・。

これもおいしいよ!!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森林公園 続き

さて、1時半ごろ、やっと借りることが出来た自転車に乗ってまず目指したのは『ぽんぽこマウンテン』。

Dscf2162_2 自転車置き場から10分ほど歩くのだが、途中こんもりした森の中、小さな滝があったり、釣り橋があったりして歩きながら目も楽しい。 ようやく開けたところに来ると、おお~!!たくさんの子供が飛んでいるではないかっ!! 

巨大な山形の白いトランポリンの上、何百人というちびっ子たちが飽きもせず懲りもせず、ぴょんぴょん飛んでいる様は一種異様である。 

うーん、ムズムズ。 私も飛びたい、ムズムズ。 しかもこのトランポリン、何ででこぼこなの??

好奇心で一杯になった。

注意事項を読んでも『大人は遊んでは駄目』とは一切書いていない。しかし、誰一人トランポリンを飛んでいる大人はいない・・・・

それでも、やっぱ飛ばない手はないでしょ!!

Dscf2168 このトランポリン、かなり弾力があってすごい! 面白かった。 友達の子供の引率と見せかけて自分もかなり楽しんだ。 おそらく、大人が子供と一緒に遊ぶのは構わないのだろう。 けっこう背の高い私がサングラスをして飛び回っていたのだからかなり目立ったはずなのに、誰にもとがめられなかった。 (自分の子供を撮影したい親にとっては、私は目障りな存在だったかも??) 

ただ、トランポリンの端っこでデジカメの画像をチェックしていたら警備員らしき人に、「外で(子供を)待っててください。」と注意されてしまった。 立ち止まってちゃ駄目なのね・・・。

**************

Dscf2173 さて、このトランポリンですっかり汗をかいた私たちは、近くの売店で休むことに。

この日、東京は厚い雲に覆われていたらしいが、埼玉の森林公園は雲の浮かぶ青空。結構暖かい日だった。 自動販売機は10人以上の人々が常に並び、カキ氷は3時ぐらいには売り切れ!(私たちで最後だった) ここからの眺めがとてもよく、ぽんぽこマウンテン側の反対を見ると、目にしみこむような緑の景色。

「はぁ~、来てよかった」と心から思える景色だった。

余談だが、自動販売機には常時10人以上が並んでいたが、少し離れたところに売店があり、人海戦術で3人がジュースだのビールだのを売っていた。 こういうときには、自動販売機なんかより、人間のほうが断然早い!! こちらも長蛇の列だがどんどん人がはけていく。 皆様、覚えておいた方がいいですよ。(もし、同じ場所に両方あればの話だが)

****************

自転車を待っているときに友達の作ってくれたおにぎりを食べて飢えをしのいだが、そろそろ本格的におなかが減ってきた・・・・ということで、中央レストランに向かう。

夕方の3時半頃でかなり食事をする人が減ってきているだろうに、厨房はてんてこ舞い!! 食券を出してから、料理が出てくるまでに20分以上待たされたのではないだろうか。 お昼時間に来ていたら一時間以上待ったんじゃないの??と思うほどだ。

そこで、私はカツカレー、友達はラーメン、その子供はお子様セットを食べて、気がつけば4時過ぎ。 自転車は4:25 までだったので、これ以上先に進むのはあきらめて帰途に着いたのだった。 しかも閉演時間は5時だったし。

*************

Dscf2165 自転車を返して門を出たが、かなりの人が帰途に着く。 行きは駅から2.9kmを歩いたけれど、自転車も結構ハードだったので足は限界。 帰りはバスで帰ることにした。(大人200円、子供100円)

ところが通常ならバスで7分のところを、40分かかってしまった! バス停は駐車場の一角にあり、その駐車場をでるのだけでも20分以上は要したのではないだろうか・・・。 帰宅の車・くるま・クルマの嵐。 良かったよ~、電車で来てて。やっと駐車場からでたと思っても、大渋滞は続いていたのだから。 バスは混んだバイパスをパスし、迂回路を通って私たちを”森林公園駅”まで運んでくれたのだった。

そんなわけで、体も適度に動かし、のんびりもできた、気持ちのいいゴールデンウィークの一日だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

森林公園 

ゴールデンウィーク、といっても私の場合はカレンダー通りだったので”たったの四連休”という感しかない。 その四連休で出かけたのはたったの一日という寂しさ。 後はほとんど惰眠をむさぼっていた。

さて、森林公園というのは日本全国いろんなところにある。 今回、私の訪れた森林公園というのは埼玉にあり巨大で、正式名称を『国営武蔵丘陵森林公園』というらしい。

今回森林公園に行ったのは、友達の小学二年生になる子供があまり自転車に乗るのを得意としないので、車が走っていないところで存分に自転車に乗らせよう!というものに私も誘ってもらったからだった。  

一昨年8月の記事 『国営ひたち海浜公園』(←クリックで読めます) でも書いたが、十数年ぶりに乗った自転車の気持ちよかったこと! 森林というマイナスイオンの中を自転車でかっ飛ばして、心も体もリフレッシュしたのだ。 だから、今回のこのお誘いには二つ返事だった。(ちなみに、前回と今回は別の友達である)

************** ******

3日に行く予定が雨が降ってしまったので4日になったのだが、なんとこの日は”入園料無料”。(大人400円) そんなつもりは無かったのでちょっとお得な気分。 それを知ってか知らずか、お天気のせいなのか、森林公園はわんさか人が来ていた。

朝の9時半に友達と池袋で待ち合わせ、東武東上線に乗ること一時間弱、『森林公園』という駅で降りる。 そこで降り立つと目の前のバス停から直通バスが出ているが、その昔遠足で来たことがあるという友達の「駅からすぐだよ」という助言を信じて、私たちは歩き出した・・・・はいいが、実は駅から森林公園入り口までは2.9kmという道のりであった。20年以上前の記憶じゃしょうがないな・・・・。

途中で遠いことに気がついたが、結局「急ぐ旅じゃなし」ということで歩くことにした。 ちゃんと遊歩道と自転車道が別になっている道が森林公園まで整備されており、八重桜や松や様々な木が植わっていて、歩くのもお勧め。 

そんなこんなで、森林公園に着いたのが11:45 だった。

Dscf2160 な、なんと1300台完備というレンタサイクルは全て終了~!! 公園の周りのレンタサイクル店をいくつも周ったが、まるっきり自転車は残っておらず、仕方なく園内で順番待ちすることに。 ”90分待ち”という看板どおり、1時間半待ってやっと自転車を借りることが出来た。(3時間制なので、朝借りた人が返しにやってきたのだ) ちなみに、ここは自転車持ち込みもOKなので、そのまま乗ってくる人や、車に積んでくる人もわんさかいた。

それにしても、ここは広い! 縦は4km、横は1kmあり、とても自転車じゃないと周りきれない。 自転車専用道路があり、自動車も歩行者もいない道を行くのは気持ちがいい。しかも結構起伏があるので、かなり運動になる。 日ごろの運動不足解消にも、森林浴にもかなり適したところである。

(長くなったので続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーム・バチスタの栄光

この本を読んだとき、是非ブログに書かなくてわっ!と思うほど、気分の高揚感があった。 最高に面白かった。 

『このミステリーがすごい!』大賞を受賞したということで前々から評判になっており、映画も公開された。 まあ、いつものごとく流行に”真っ先に”飛びつくのではなく、”まったりと(?)”飛びつく私なので、読者の皆様にとっては「何をいまさら」的な記事であろうことは想像に難くないが。

いやー、これは読んでいない人は是非読んでみて!という感じである。 左下の書評(?)にも書いたが、普段読書をされない方でも確実に入り込めるような魅力を持っているのだ。 もちろん、普段から読書をされている方もどっぷりはまるに違いない。

1) 医療のことを扱っているにもかかわらず、全然硬くない。わかりやすく書かれているのだ。

2) 一人ひとりの人物の描写がすごくリアルで、個性的でかつ魅力的だ。

3) 物語のテンポもまたすばらしい。どんどん引き込まれていくストーリーだ。

**************

ところで、先日台湾出張に行く機会があり、たまたま機内で『チーム・バチスタの栄光』をやっていたので観てみることにした。

あれだけ面白い本だから、映画を観たらがっかりするだろうな・・・・という予想に反さず、やっぱりがっかりだった。  本自体が、主人公の田口医師の目線で、その語り口調で成り立っているのだからそれを客観視した時点で、魅力が半減してしまう。

よかった、高い金払って映画館で見ないで。

しかも、私は直前まで知らなかったのだが、主人公の田口医師は原作では男性にもかかわらず、女性に変更されて竹内結子が演じているではないか~!! 本のオビに映画化の宣伝が載っていて、何ゆえ阿部寛と竹内結子なのかな~? 女性看護師の役は脇役なのに竹内結子?なんて、のんきに考えていた。

私は竹内結子は美しいので大好きなのだが、田口医師のあの役はちょっと・・・。 

阿部寛の場合は、本を読みながら「この白鳥に阿部ちゃんならぴったりだ!!」と思っていた。 すごく適役! すばらしい配役! 彼を置いて他にあの役をできるものはいない!と。 

ところが! 本であれだけ面白い白鳥の役も、映画ではなんだか魅力半減。 いや、阿部ちゃんが悪いのではない。 二時間という映画の制約上しょうがないのだろうが、白鳥の毒や面白さが描ききれていないのだ。

最後に一言。

ベースボールのシーンって(原作にはないけど)必要ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メラノーマ

先月上旬の話だ。

私の父が、水虫を見てもらうために行った皮膚科で「足の裏にほくろがある。紹介状を書くから大病院で見てもらったほうがいい」といわれた。

その疑いのある病気とは、メラノーマ

悪性の強い皮膚がんの一種で、名前からも想像できるようにメラニン色素の変異したものだ。 詳しくは、上記の”メラノーマ”をクリックしてもらえればお医者様の解説が載っているので参考にしてもらいたい。 

体中どこでも出来るらしいが、日本人の場合は足の裏、手のひら、爪の中などにできることが多いそうだ。 

私は子供の頃から、医学全書を愛読書としていた母から「ほくろが突然出来たり、大きくなるようだったら、絶対にいじってはいけない」といわれていた。 なぜなら、突如出来たほくろを「なんだろう?」と思って、鋭いもの(例えばボールペンの先とか)でつついたが最後、全身にすばやく転移して死に至るというのだ。 他のがんよりも進行が早いらしい。

決して「そんなことしないよ~」なんて笑うなかれ。 実際にそうして転移している人は少なくないらしいのだ。

*************

父は早速行きつけの慶応大学病院へ。 見せると、即翌週に手術となった。

手術は2泊3日の入院で中日に2時間程度の手術で済むとのこと。 

************

そんな中、私も”メラノーマ”というものを知ろうと思い、ネットで上記のサイトに行き着いた。すると、「んん?!」。 私の足の爪にできている青あざとそっくりのメラノーマの症例写真が出ているではないか!!

実は、去年の夏に(何かは忘れたが)ものを足の親指に落として、でっかい血豆が爪の中に出来てしまった。 だけれども、すでに半年以上消えないこの血豆に、さすがに不安になっていたときだった。

 「血豆がメラノーマに変異することってあるのかなぁ・・・」

とっても心配性の私は、早速皮膚科へ・・・。

皮膚科の先生には、「実は父がメラノーマで、ネットで私の足にそっくりな症例が出ていたので心配になってきました」と告げた。

先生は、虫眼鏡のようなもので私の足の親指を見て

「うーん。・・・なにか、足に落としませんでした?」

そう。 私の足の爪のものは、やっぱり紛れもないただの血豆だった。良かった~

爪の中の場合は新陳代謝が遅く、血豆が出来ても取れるのが一年ぐらいかかる場合もあるのだそうだ。 

ただ、皮膚科の先生はそんな私の心配性を笑うことなく、

「肉親にメラノーマの人がいると自分もメラノーマになる確率が上がるから、気をつけたほうがいい」と教えてくれた。  私は父に似て、結構ほくろが出来やすい体質なので確率としては決して低くなさそうだ。

********************

ところが、実際のところ父はメラノーマではなかった!!

私に輪をかけて心配性な母が「メラノーマのほくろに似ている」とほぼ断定の口調で語るものだから、私はすっかり「父はメラノーマなんだ」と信じ込んでしまっていた。 たくさんの友達にもそう話してしまった。 友達よ、心配させてごめんよ~。とほほ。

ではなぜ手術をしたのかというと、それにはわけがある。

上記でもお伝えしたとおり、メラノーマは刺激を与えると転移してしまう。がんは普通、疑いのある細胞組織を採取して悪性か良性かを判断するのだが、メラノーマの場合はこういった理由から細胞採取検査が出来ないのだ。 だから、疑わしきは手術で取りのぞくことしか方法が無いのだ。

手術から二週間後、細胞の検査結果が出た。 結果はシロ。 最初に足の裏にほくろが見つかってから約四週間、家族は気をもんだのだった。 

当人の父は、母とは正反対の楽天家で「たぶんメラノーマじゃないと思ってたけどね」だって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サプリメント

いかん、4月は一回も記事を書かずに終わってしまっていた・・・・。

ところで、最近たくさんのサプリメントや薬類を摂取するようになってしまった。本当は私はサプリメント懐疑派なのにもかかわらず、だ。

テレビで以前、サプリメントのみを食して生きている人々が紹介されていたのを観た事があるが、とても物悲しく感じた。 食事をすることのあの楽しさをわからないなんてっ!!もったいないではないか。 

しかも、老人になって歯が抜け落ちて、”咀嚼(そしゃく)”ということをしなくなった人はボケる確率がかなり高いらしい。 つまり、何かを噛んで飲み込むという行為は脳に刺激を与え、しいては健康につながるというのに・・・・。

彼らはいったいどうなっていくのだろうか・・・。大きなお世話か?

また、以前人から聞いた話だが、たとえばビタミンCのサプリメントを取ることによって、食物からビタミンCを摂取しなくなるらしい。 サプリメントは体に吸収されやすいように出来ている。 人間の体は、悲しいかな、楽な方に楽な方に流されやすいように出来ている。つまり、一旦サプリメントから楽チンにビタミンCを摂取してしまうことを覚えた体は、それより困難な食物からの摂取をしなくなるというわけ。

*********************

こんな御託を並べた後で大変恐縮だが・・・・私の今、摂っているサプリメント、もしくは医薬品を紹介しよう。

養命酒 : 以前にも書いたが、体の冷えがつらくて数年前から飲み始めた。 ホルモンのバランスかたまに下腹部の冷えには悩まされるものの、だいぶ軽減された。その記事を読んでみたい方はこちら → 『冷え性

ルミンA : 花粉症の症状の軽減にかなりお勧めとのことで、今シーズンはこれで乗り切った。 荒れた胃も治す(薬局談)とのことで、花粉症が治まった今でも飲み続けているが、結構飲み忘れている(汗)。

この記事を書くことで探したネット情報は、そのほかたくさんの効能を載せていて面白い。(名前をクリックしてね)

New セルライトソリューション バージョンアップ : 私の脚はセルライトの塊である。恥ずかしながら。セルライトは運動では落ちないので、藁をもすがる気持ちで飲み始めた。

ちなみに、これもこの記事を書くことでネットで調べてわかったことだが、上記は『セルライトソリュージョン』のバージョンアップ版なのだが、なぜか”ソリュージョン”と”ソリューション”という名前の違いがあり、販売元も違うが製造元はどうやら同じだそうだ・・・変なの。

ドクターウエルネス ナチュラルマリンコラーゲン: 私はよく爪が割れる。 伸ばしすぎているわけでもないのに、ふとしたきっかけで割れたり、二枚爪になったりして、かなり大変だ。 ストッキングは伝線するし、服などにすぐ引っかかってしまう。

そして、実は妹の肌が結構きれいになったので聞いたら、これを購入して飲んでいるとのこと。 しかも数あるコラーゲン製品の中から漢方屋さんが勧めてくれたものらしい。 コラーゲンは爪にもいいそうだということで、これで肌もきれいになるなら一石二鳥である! 私も数ヶ月前にネットで取り寄せてみた。 肌状態は、はっきりとはわからないが、いい感じではあるかも。 爪に影響が出るには数ヶ月はかかるかな。

ビタミンC(ローズヒップ) : マリンコラーゲンを取るときにビタミンCを一緒にとると効果的なのだそうだ。 上記のことがあるので気が進まないが仕方なく・・・・一日4錠という目安量だが1錠だけにしている。でもこれって意味ないのかな? ジュースでもいいらしいのでサプリメントはやめるかも。

新ビオフェルミンS : 私は腸に難あり。 便秘にもなったかと思えば、軟便にもなる。 このことに悩んで、以前”腸洗浄”(← クリックすれば、私の過去の体験談が読めます) にチャレンジして一時期改善されたのだが、最近また悪い。 腸洗浄はお金も時間も気力もいるので今回は断念。

実は私は毎食、乳酸菌は取っている。 朝は市販の無糖ヨーグルト、昼と夜はヤクルト製品を飲んでいるのだが私には全く効かない。 もう何年もこの生活を続けているので、ヤクルト販売の方と親しくなってしまったためにやめそびれている。 

ということでCMで蒼井優が「ヒト由来の乳酸菌」と言っていたので、今回これを買ってみた。 ただし飲み始めて3週間だが、以前よりは改善された気がするものの劇的な効果はなし。 新ビオフェルミンSで治らなければ、ザ・ガードも試してみようかしら?? 

ちなみに、植物性乳酸菌 ラブレを試したこともあったが、お腹がゆるくなっただけで私には効かなかった。

*****************

ところで、私はこのほかに、健康のために食前にトマトジュースを飲んでいる。

新ビオフェルミンS以外のものは、全て空腹時・・・結局は食前になってしまっている。

こんなに一度にいろんなものを飲んでいると、さすがに不安になってくる。 体の中で化学反応が起きないのか?とか、一緒にとることで摂取の意味が無くなるものはないか?とか。 ほら、鉄分を取るときにタンニンの多い緑茶や紅茶と取ると、鉄分の吸収が悪くなって意味が無いというじゃない?

上記それぞれの効果についての私見は、後日、ここで発表するかもしれないし、しないかもしれない。(最近、ブログ・サボラーなので、お約束できないのだ)

***************

最後に、長年サプリメントに対して不満に思ってきたことがある。

私はちょっとの知識でいくつかのことを知っているが、それがサプリメントの外装に全く明記されていないとはどーゆうことなの???

法律によって指図されなければ明記しないというのは、『売れればいいや』的な企業の自分勝手な発想ではないか???

あ、失礼。何のことかわからないよね。

例えば、マリンコラーゲンは食事と一緒だと吸収率が下がるから空腹時に摂取し、しかもしばらく食事をしない時間帯がいいとか。 ビタミンCと一緒にとれば効果的だとか。

これは妹の通う漢方屋のねーさんが親切で教えてくれたからいいものの、知らなかったら食後に飲んでたかもしれないじゃん?(つーか、ヨコスカ弁)

ただ、ビタミンCだけの摂取の場合は、空腹時に摂取するより食事と一緒に取ったほうが吸収が緩やかになってよいとか。

でも、こんなことちっとも外装には書いて無いんだよねー。不親切だと思いませんか(怒)?!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年6月 »