« 讃岐うどんを食す 4 『池上』 | トップページ | 讃岐うどんを食す 5 »

金刀比羅宮 書院の美

ところで、先日書いた『こんぴらさん』には続きがある。 実は、この時期に香川に訪れたもう一つの理由がこれだ。

金刀比羅宮 書院の美

2007年10月1日~12月2日と、12月29日~1月31日に開かれ、その後、三重県やフランスでも公開されるらしい。

丸山応挙、伊藤若冲、岸岱などの襖絵(障壁画)が間近で観られるというのだ。

特に、重要文化財である丸山応挙の虎の絵は、子供の頃に教科書かなんかで見たのか記憶がある。 絵画などあまりわからないが、かなり興味深く観ることができた。

あの時代の日本に虎はいなかったが(現代は動物園のみ)、中国からの剥製と、猫を観察しながら描いたそうで、確かに虎は目が大きくてかわいい感じなのだ。

ところで、私が訪れた11月18日は、気温が12度ほど。 その日で、展示物のある表書院、奥書院は日本家屋のために、ものすごーく、ものすご~く寒かった。 琴平の辺りは、真冬は2度とかになる日もあるのだとか。 12月29日~に訪れる人は、ぜひ厚手の靴下を持参することをお勧めしたい。 絵なんか優雅に見ているどころじゃないと思う。

|

« 讃岐うどんを食す 4 『池上』 | トップページ | 讃岐うどんを食す 5 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金刀比羅宮 書院の美:

» シルク・ドゥ・ソレイユとは何!? [ドラリオンファン【ドラリオン】のための【ドラリオン】ブログです!]
シルク・ドゥ・ソレイユとは!?ドラリオンを語る時に、シルク・ドゥ・ソレイユって、付随しますよね!シルク・ドゥ・ソレイユって、何を意味してるとか思いませんでした?笑い^^!シルク・ドゥ・ソレイユとは、1982年ですね、遠く太平洋を隔てたカナダはケベック州の...... [続きを読む]

受信: 2008年1月 1日 (火) 13時59分

« 讃岐うどんを食す 4 『池上』 | トップページ | 讃岐うどんを食す 5 »