« ボディーメイク報告 3 | トップページ | 積丹半島にて ウニ・トロ丼 »

積丹半島にて 神威岬

2007_07070039 7月からずっと書きたかった北海道旅行記が、今頃になってしまった。 ちなみに、ブログを書いている順番がまるっきり逆だが、起こった出来事としては 北海道旅行(7月上旬) → 台湾出張(7月下旬) → ディズニーランド(7月末) → 朝までカラオケ飲み会(8月上旬) → 新潟・山形旅行(8月中旬)となる。

*******************

7月に北海道に家族で行った。ゴルフ旅行と積丹半島めぐりが目的であった。

ゴルフでは、ボディーメイクの効果か、初のスコアーを出した!と喜びたいところだけど、後半ハーフは新記録だったが、前半ハーフがガタガタだったので、合計するとたいしたことはない。 まあ、この時点ではボディーメイクを始めてまだ一ヶ月しか経っていないのだが。

ゴルフはさておき、積丹半島があまりにもすばらしかったのでお伝えしたい。

小樽から車で一時間半~二時間で、積丹半島の神威岬に行ける。ここは、あまりにも絶景なので、もし時間が許せばぜひお勧めしたい。(と、本当は、夏休み前にこのブログはアップしたかったなー)

かつては『女人禁制』だったとかだが、理由は看板に書いていなかった。 この絶景を男性だけで堪能したいという男尊女卑思想なのか、はたまたカムイ岩が男性にとって神聖なものとされていたのか・・。

2007_07070035 2007_07070037 ← この門をくぐってから、岬の突端までは徒歩で10分ぐらいだ。

舗装されていない、ちょっとした坂道(山道?)を登ったり降りたりするので、靴はヒールのあるものだときつい。 まあ、運動靴でなくても、底がフラットな靴がいいだろうという程度。 (私も実はサンダルだった)

前方に右の写真のような絶景が広がる。

2007_07070045 見下ろせば、海は青色と緑色が混じり、とても綺麗である。

歩いている10分間は、四方八方、見渡す限りの絶景。本当に叫びだしたい衝動に駆られるほど綺麗だった。

2007_07070044 ちょっとへとへとになった頃に到着する神威岬の突端からは、カムイ岩が見られる。

ここのほかにも、いくつかこのように海に突出した岩がある場所があり、おそらくここらへんの潮の流れと岩の質に関係があるのだろう。

ここは、本当に心が洗われるような素敵な場所だった。

|

« ボディーメイク報告 3 | トップページ | 積丹半島にて ウニ・トロ丼 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 積丹半島にて 神威岬:

« ボディーメイク報告 3 | トップページ | 積丹半島にて ウニ・トロ丼 »