« 積丹半島にて 積丹岬 | トップページ | 旧軽を歩く (望月・軽井沢旅行記 その2) »

汗をかく (ボディーメイク報告 番外編)

ボディーメイクの後は、毎回シャワーの後にサウナに入っている。 サウナは苦手だったが、これにはわけがある。 

これは”汗腺のトレーニング”なのだ。

もちろん、ボディーメイク中もTシャツがぐっしょり濡れるほど汗をかくのだが、インナーマッスルを使用した筋トレは”ジワーッ”とかく汗で、有酸素運動をした時のように”ドバーッ”と噴出す汗ではない。

********************

以前、今はなき『あるある大辞典』でやっていた”さらさら汗とべたべた汗”で、恐ろしいことを言っていた。 (まさか、これはウソではあるまい。)

人間は、本来全身の毛穴から汗をかく。 ところが、昨今のエアコンの普及により、汗をかくことで体温調節をする、という機会が激減。 すると汗腺機能は退化してしまうらしいのだ。 

体温調節をするための汗は、汗腺が体内のアミノ酸など栄養素と水分を分離して、水分だけを出すようにしてくれるため、”さらさら汗”だ。 

ところが、汗腺機能の退化により、分離作業ができなくなり、栄養素なども一緒に汗腺から排出するようになる。 その結果、その汗は”べたべた”で、しかもその栄養素をエサに雑菌が繁殖しやすくなるため”臭い汗”になるのだそうな。

確かに、一昔前に比べて「うわ、この人、汗クサ!」と感じる回数が多くなってきたように思う。 女性は気にしてケアしている人が多いためか感じないが、男性に多い。 きっと冷房ガンガンの部屋ばかりにいるのだろう。

*************

話はちょっと変わるが、私は下半身に汗はかかなかった。 その代わり、背中は怒涛のように汗をかいていた。

去年の冬、ある友達が合成皮革のスカートを「これをはくと、脚の間とかに汗をかいて気持ちが悪いから」と私にくれたことがある。 私も何着か合成皮革スカートを持っていたが「脚に汗をかいて気持ち悪い」思いをしたことがなかった。 思えば、彼女はスポーツジム暦が長いのだ。 運動によって全身の汗腺が、健全に働いているのだろう。

話しは元に戻って、『あるある』でアンケートをとった約7~8割が”べたべた汗”という中、”さらさら汗”をかいていると紹介されていた女性は、普段からスポーツジムに通い、汗をかくという行為をしていたのだ。 しかも、全身から満遍なく噴出す汗を・・・。

****************

能書きが大変長くなったが、そういうわけで、私は”汗腺トレーニング”をすべく、毎回サウナに入っているのだ。

初回は、数分入っていると上半身は汗をかき始めるが、10分いても下半身には全く汗をかかなかった。 脚の皮膚は、熱いせいで白と赤のまだらになった。

ところが3回目あたりから、足にも汗をかき始めるようになった。汗腺はトレーニングすれば、機能を取り戻すのだ。

3ヶ月経った今でも、下半身は上半身に比べると格段に汗のかき始めが遅い。 私は下半身のむくみがひどく、新陳代謝が悪いからだ。 けれども、確実に汗腺は目覚めている。 普段から、暑い日には寝ていても脚にもうっすら汗をかくようになったのだ。 

また上半身でも、以前は背中限定の汗だったのが、ほぼ全てから汗をかくようになった。 例えば首や胸はもちろん、二の腕にも、手首にも汗が浮かぶ。 

さあ、みんなも、さわやかな”さらさら汗”をかこう!

|

« 積丹半島にて 積丹岬 | トップページ | 旧軽を歩く (望月・軽井沢旅行記 その2) »

ボディメイク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汗をかく (ボディーメイク報告 番外編):

» ビリーズ ネガティブワーク [日記]
スクーターはタイヤが小径で安定性が悪く、それにともないブレーキディスクも小さい、ニーグリップできないのでコーナリングや急制動ではふらつく可能性も。ハンドリングもスポーツバイクに比べて、フレーム強度や剛性が足りず、タイヤもプアな所から、スクーターは一般的に駄目です。つまり「走り」の充実は安全性にプラスになるということです。 逆に言えば、スクーターはスポーツバイクよりも危険�... [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 10時21分

» ダイエット合宿の日記。 [ダイエット合宿ブログ]
ダイエット合宿するなら内村式。大自然の中でオシャレにダイエットしませんか?ヨガにトレッキングにヘルシー料理で楽々ダイエット。 ダメなら全額返金。 [続きを読む]

受信: 2007年9月 8日 (土) 10時04分

» サウナダイエットで痩せる体作りを [お風呂でダイエット!]
サウナダイエットはサウナに入って汗をかいて体の新陳代謝を高める方法です。サウナダイエットの方法もサウナに入浴するだけです。サウナに入る時間はだいたい10分程度です。サウナに入って汗をかいて、そのあとサウナ施設の外に出て水を浴びたり外の温度で少し体を冷やします。休憩する時間はおよそ10分程度です。それを何回か繰り返し行うことによってより効果的になります。ただし、このサウナダイエットの入浴する時間や繰り返す回数はあくまで一般的に言われる数字なので、慣れない人は時間を短くしたり、繰...... [続きを読む]

受信: 2007年9月10日 (月) 12時41分

« 積丹半島にて 積丹岬 | トップページ | 旧軽を歩く (望月・軽井沢旅行記 その2) »