« TAIPEI 101 | トップページ | 夜のセンター街にて »

素晴らしき人生

なんと、この週末は、まるで37歳とは思えない行動を取ってしまった。

二日続けて、朝までカラオケ。 しかも、最初はそういうつもりではなかったのだった。

********************

金曜日の仕事終わりに、友達の家に行く。 特別、彼女の家に泊まるという約束はしていなかったけれども、そうなってもいいように泊まり支度をしていった。

まあ、そういう友達なのだ。

そして案の定「泊まって行けるなら、飲みに行こう!」と、想定内の展開に。

ちなみに、この友達には2人の子供がいるが、大人が遊びに行くのを阻止するかのようになかなか寝てくれない! 結局一人(5歳)は11時にダウン、もう一人(2歳!)が12時半ごろやっと寝ついてくれた。 ふぅ~。

そして大人の時間、到来である。 時計は既に真夜中1時に近かったが居酒屋へレッツゴー! かなり酔っ払いながらどうでもいいおしゃべりをして、3時ごろ「カラオケ行こう!」。 二人で歌いまくり、閉店である朝5時に店を出てくると、世の中は既に明るかった・・・。 

とりあえず、友達のうちに行ってシャワーを浴び、4時間ほど寝かせてもらった。

******************

そして、土曜日。 実はこの日も飲み会。 

昼間用事があったので、家には帰らないまま飲み会へ。

定期的に飲む仲間(男女混合)なのだが、前々回の飲み会で、私は酔っ払って歩けなくなったために、二時間ぐらい酔い覚ましにみんなをつき合わせてしまった。 (でも、私がマックで吐けずにうんうん苦しんでいる横で、友達はマック・フルーリーを食べていた(笑)) 

そこで「おいおい、この年で何をやっているんだ?」と反省。

・・・・したはずなのに、今回も気がついたら「あ、これは電車に乗ったらやばいかも」状態。

結構セーブして飲んでたはず・・??

・・・ああ、でも前日は朝まで飲み&カラオケってたんだったわ。

てなわけで、駅に向かう途中に「ごめん、私、一人でそこのロッテリアで酔いを醒ましてから帰るわ。トイレも行きたいし。」とみんなに別れを告げた。 

ところが、そこは危険な場所、渋谷センター街である。

一人の友達が「一人にしておけないよー」と心配してくれ、結局みんなで残ってくれた。

そして、その時点では終電があったはずなのに・・・、気がついたらみんな帰れなくなっていた!!

タクシーを乗るにも、みんな住むところはばらばらで、遠い人は12000円~15000円ぐらい。 結局、カラオケのフリーアワー(真夜中~閉店朝5時までの特別料金)にいたほうが全然安いということで、想定外の流れに・・・。

「みんな、私のために帰れなくなっちゃって、ごめんね~」とは言いつつ、酔っ払って思考能力も低下していた。 後で考えてたら、かなり迷惑な奴だな。

でも、カラオケ好きな私は、さっきの酔いなんて吹っ飛んで、結局朝まで歌いまくった。

ちなみに、一人は「タクシー代が高くても、どうしても帰らねば・・・」と夜中の二時には帰っていき、一人は事切れて横になり、生き残った二人(私含む)で交互に熱唱。

この友達も相当カラオケが好きらしく、4時の時点で「あー、あと一人6曲”しか”歌えない!」という始末。 今まで3時間も散々歌っていたのに・・・(苦笑)。

5時に閉店でカラオケ屋を追い出されるぎりぎりまで、二人で歌っていた。

*********************

しかし。

この年で、二晩続けて朝まで遊ぶと思わなかったな。 でも、久々に羽目をはずして遊びまくった週末で、とても楽しかった。

ああ、人生、素晴らしきかな。

|

« TAIPEI 101 | トップページ | 夜のセンター街にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしき人生:

« TAIPEI 101 | トップページ | 夜のセンター街にて »