« シュレック3 試写会後日談 | トップページ | レッドカーペット (試写会後日談) »

紀香の披露宴

たった今、紀香の披露宴の録画を観た。

興奮冷めやらぬ状態で、これを書いている。

オンタイムで見られず三日遅れとなったので、「なにを今更」感は否めないが、あまりに感動したのでここに感想を載せたいと思う。

******************

本当にたくさん泣けた披露宴だった。

陣内智則が立派な祝辞を述べたりして、イメージよりもずっとしっかりしていることもわかって、ますます好感を持った。

すでに芸能ニュースでもたくさん報じられているように、陣内が3ヶ月間、紀香に秘密で弾き語りを猛特訓したこと。 鍵盤のどれが”ド”か、”レ”か、”ミ”かも、わからないところからのスタート。 歌もオンチで、トレーナーに発声の仕方から習ったようだ。

当然、本番でも歌は下手に代わりがないが、とても心のこもったものであった。私も観ていて涙が止まらなかった。

私はコブクロのベストを最近のドライブ中には必ず聞いていて、この『永遠(とわ)にともに』も何度も聞いていたが、さびの部分しか歌詞を把握していなかった。だから、ピアノの弾き語りとともに現れる歌詞を読んで、本当に感動してしまったのだ。今日の、この日の二人のためにあるような詩であった。

*********************

ところで、この『永遠にともに』であるが、携帯の着うた・着メロのダウンロード数が25倍に跳ね上がっているということを知り、私も昨日、着メロをダウンロードしてみた (← 遅いって)。

ついでに、この時”着うた”のランキングを見たのだが、ムーディ勝山の曲が3曲もランクインしているではないか!(ちなみに私はメールの着信音にした)

前にお笑い番組でチラッとしか見たことなかったため、「へー、彼はこんなに売れているのか」と感心していたら、それも紀香の披露宴の影響であったことを今日、知った。

彼が「陣内・紀香の結婚披露宴、僕はそれを右から左へ受け流す~」と会場で歌ったからだった・・。 (紀香も受けてた)

披露宴放送の視聴率が、関西で40%(最高視聴率49%!)だったそうだから、影響力があるんだなー、と感心。

********************

最後に。

島田紳助が涙で目を赤くしながら

「芸能人の披露宴で、こんなにたくさんの芸能人(出席者)が泣いている披露宴は見たことない。」 といっていた。つまり、義理で出席しているのではなく、紀香や陣内のことを好きな人たちが集まってくれたということ。 

「紀香さんは今まで会った中で、最高の女や。見た目がきれいということではなく。」と、紳助がほめていた。

以前、別の番組でも、さんまが「あんなにきれいで、性格のいい女の人を嫁さんに出来るなんて・・」と陣内に向かって言っていたことがあって、私はその部分に痛く感動したし、嬉しかった。

そう、それこそ私が彼女を好きな理由なのだ。

きれいな女優さんならいっぱいいるけれど、彼女はきれいなだけではなく性格もいいのだ。どんなに売れても、自分の下積みで辛い思いをしたことを糧に、高飛車にならない。

私は彼女のそういうところにも惹かれて、好きなのだ。

私はモデルとはとてもいえないが、モデル事務所に所属している。(←エキストラ事務所というべきかも知れない。)

まあ、それはとにかく、その仕事で一度、紀香のCMの裏方役を務めたことがある。もう7,8年ぐらい前の出来事だったが、彼女は輝かんばかりのオーラを発していた。

本当は私の立場が芸能人に話しかけてはいけないのだが、私はミーハー根性を出して、思い切って話しかけてみた。 すると彼女は嫌な顔せず私に接してくれた。しかも会話をしてくれたのだ。

あれから、私は紀香のファンになり、今に至っている。

二人とも末永く幸せに!

|

« シュレック3 試写会後日談 | トップページ | レッドカーペット (試写会後日談) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀香の披露宴:

« シュレック3 試写会後日談 | トップページ | レッドカーペット (試写会後日談) »