« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

シュレック3 試写会後日談

27日アップの『シュレック3』という記事で、「5人の当選者の中に選ばれた超ラッキーな私」というようなことを書いたが・・・・ふたを開けてみれば、なんのことはなかった。

月曜日の夕方5時に集合。

これらの条件により、ファンサイトでの応募者はかなり少なかったようで、推測するに、5人だけではなく応募者全員を当選ということにしたらしい。10人ぐらいはいたかなぁ・・・。

「あ、別に”超”ラッキーってわけではなかったんだ・・あはは」

しかも、席も普通に試写会に当たった人たちと一緒に並んで、指定席券をとらなければならないという。ファンクラブから応募した人たちが集合した5時の時点で、既にNHKホールには長蛇の列。

「もしかして、ファンクラブだから前の方に座れるかなぁ」といった希望は、あえなく潰えた。

「・・・・そ、そういうもんだよね。そんなに人生、うまくいかないよね・・・・。」

***********************

「”超”ラッキー!」と舞い上がりながらも、心のどこかで「そんなはずは・・・」という懐疑心がなかったわけではない。 だから、落胆はしたものの、ショックは最小限に抑えることができた。

しかも、友達から「でも、”生”キャメロンや紀香を見れたんでしょ? それだけで十分ラッキーじゃない。」といってもらって気がついた。(正確に言うとミクシィで友達からそういうコメントをもらった)

そう、そうなのだ。

”大きすぎた私の期待通り”に物事が運ばなかったというだけで、普通に考えれば、あの場にいられたことはとても素敵なことなのだ!!

*********************

いやー、既にテレビでその模様を観た方も多いと思うが、熱気あふれるレッドカーペット&試写会場 のまさにあの場所に私はいたのだ!!

しかも、キャメロン・ディアスを間近に見る機会は、めったにない。というか、もう二度とないかもしれない。

彼女は、テレビで見るとおり、とてもチャーミングだった。しかも、サービス精神旺盛で、レッドカーペットの脇を埋める人たちに、なるべくたくさんサインをしてあげようと端から端までサインして歩いてくれたのだ。

私は人だかりの後ろの方にいたのだけれど、ミーハー根性を最大限に出して「キャメロ~ン!!」と叫びながら、人ごみに体を割り込ませ、サインを求めた!!

が、一歩及ばず・・・・。

「負けるか、こら~」(←スロット、『ヨシムネ』風)とばかり、レッドカーペットを先回りして、

再度「キャメロ~ン!!」と懇親の力を振り絞って叫び、手を伸ばすも・・・・またも届かず。

ふ~。くたびれた。

キャメロンはかなりの人数にサインをしてあげていた。

私は彼女のサインこそゲットできなかったが、終始チャーミングな笑顔で接していた彼女をこの目で見ることができたので、それで満足することにした。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウチハクツヤジャナイ 3

『うちは靴屋じゃない』シリーズの最終回。

私のお気に入りの靴のブランドは、ナインウエスト(NINE WEST)である。数えたら、下の二足も入れて7足あった。お気に入りの理由は、シンプルだけどおしゃれなデザインと、私の幅広足に合うものが多いことなどである。

思えば、ナインウエストとの出会いは、4,5年前に行ったラスベガスのアウトレットであった。何気なく入った店で「あ、ここの靴、私好み!」と一目ぼれし、友達を待たせながらも、夢中になって選んだっけ・・・。 あの時もサンダル2足、パンプス1足を購入。

今回は、残念ながらアウトレットでいいものが見つけられなかったが、5番街のナインウエストでおしゃれなサンダルを2足ゲット! やはりコーチと同じく、ここアメリカではこのブランドはそれほど高くない。店内は安めでおしゃれな靴を買うお客さんがいっぱい!

2007_0508kutsu0101_1 このサンダルも59.99ドルで、2足購入すれば20%オフと、かなりお得な感じ。

ところで、私は気に入ったデザインのものがあると、色違いで購入してしまう。

いわゆる”セレブ買い”というやつだが、服でも靴でも下着でも、二、三色ずつある物が割と多い。 友達に言わせると、それは「もったいない」そうだ。 彼女の理論は、違う色のものなら、違うデザインで持ったほうが楽しめるから、だそうだ。

いかがなものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュレック3

試写会に応募した。

当たった!!

なんと、藤原紀香とキャメロン・ディアスが舞台挨拶をするという、アニメ映画『シュレック3』のプレミア試写会なのだー!!!

しかも、しかもね、すごいんだよ。

たった5名しか当選が出ないという、紀香のファンクラブのサイトからの申し込み。たった5名のうちの一人に選ばれるなんて、超ラッキーな気分。

ちなみに『シュレック』のフィオナ姫、アメリカでの声はキャメロン・ディアスが担当し、日本語の吹き替え版では紀香が担当している。

*********************

今まで何度か書いているが、私は紀香のファンで握手会などに足を運んじゃったりしている。(神戸の生田神社まで結婚式を観にいくような”追っかけ”ではないが。)

しかも、今週の水曜日、5月30日に彼女は結婚披露宴を迎えるのである。おそらく今はその直前で、彼女の美しさが燦然と光り輝いているだろう。

そんな紀香をみられるのもとても嬉しいが、今回はキャメロン・ディアスも一緒。

最近、『ホリデー』という、キャメロン・ディアスが主役の映画を飛行機の中で観たばっかり。とっても気に入って、またDVDで観たいと思ったほど。 そのほか、『イン・ハー・シューズ』『チャーリーズ・エンジェル』『メリーに首ったけ』など、彼女の作品は結構好きなものが多い。

こんなチャンス、めったにない!!

***********************

明日の晩、私は紀香とキャメロンを観て、興奮していることと思う。

舞台挨拶はどうだったか、映画はどうだったか、後日お伝えする予定!!

ああ、あとは座席が前の方であることを祈りたい・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

泣けるCM

先日、昔の職場の仲間と集まった時、涙もろくなった話をした。

私は、たぶんもともと涙もろいのだが、30才を過ぎてからますますひどくなった気がする。

普通に生活を送っている上で涙することはないが、映像にからきし弱い。

「泣かせるぞ~」ということが見え見えの映画やテレビドラマはもちろん、感動話の再現ビデオ、親子もの、動物ものなど、ほとんどすべてである。

友達には「年取ったんだよ」とからかわれたが・・・・・・そうかも。

自分でも笑ってしまうのは、CMを見て涙が出てしまったことだ。

なんのCMだと思う?

なんと、日清カップヌードルである!(← クリックすれば、歴代のCMが観られます!)

宇多田ヒカルの歌がバックに流れ、大友克洋のアニメでつづられている最新作。

敵に襲われる宇宙基地から、自分を犠牲にして、友達二人をロケットに乗せて逃すというもの。

たぶん、多くの人が涙を流すことなく、感動することなく、観ているだろう。

******************

ところで、私の今一番のお気に入りCMは フリスク 『ドクター編』である。(← クリックで、CM 観られます)

医者が患者に聴診器を当てるが心音が全く聞こえない。ところが、フリスクを食べると聴診器が耳にちゃんと差し込まれていないことに気がつく、というもの。

あのじいさん医者の驚愕の表情、患者の不安そうな面持ち、・・・たまんないねぇ。とくにじいさんが芸達者である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民宿舎もちづき荘 (望月・軽井沢旅行記 その1)

先週末、家族で長野へゴルフ旅行に行った。

望月東急ゴルフクラブでゴルフを楽しんだ後、国民宿舎もちづき荘で一泊して、翌日は観光で軽井沢を周ったのだ。

ゴルフについては、何もいうまい・・・。ただ、望月東急ゴルフクラブは面白いコースだし、景色がよい。天気がよければ浅間山をはじめとするいろいろな山の稜線がきれいでお勧め。 ただ、先週土曜日は雨と強風、晴天がめまぐるしく変わった一日だった・・・。

国民宿舎もちづき荘は、”いかにも国民宿舎~”という感じだった(← 名前をクリックしてみてね)。 つまり、築年数が古そうな建物に、共同トイレ(!!)。いまどきの共同トイレだよ。 その代わり、値段も7000円台とお得。 食事もなかなか。 全体的に清潔にしてるし、共同風呂は改築したようで風呂場も脱衣所もきれいである。

ここは春日温泉といって、アルカリ泉。 無味無臭で、飲用もできるし、入ったら肌がつるつる! 源泉は25℃と低いために温めてはいるが、”源泉かけ流し”なので消毒臭くない。これはだいぶポイント高いぞ!

温泉は二ヶ所もうけられて、温泉だけの利用も可。 私たちは夕飯前と就寝前、起床後の3回入ってしまった。 シャワーでも肌がぬるぬるするので、温泉成分が入っているらしい。 本当に、土曜日から本日に至るまで、肌の調子がよくって驚きなのだ~。

また、写真を撮ってくるのを忘れたのだが、周りにはつつじが咲き乱れ、とてもきれいだった。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウチハクツヤジャナイ 2

一年半ほど前に行ったパリで、冬のバーゲンで見つけたプラダのバッグ。確か半額ぐらいになっていたと思う。

2007_0513bag0114 今回、たまたまアメリカのアウトレットで、なんと同じ柄の靴を見つけてしまった!

履いてみると、なんと私の足にぴったり・・・・。と、まるでシンデレラのようなことを言ってしまったが、1年半も経って、違う国で見つけた同じ柄のバッグと靴に運命を感じてしまったことは事実だ。

ただ、アウトレットとはいえ、プラダの靴はちと高い・・・。

靴は傷みが早いから、あまり高いお金を出したくないなーと悩んだ末、一旦はあきらめて店を後にしたものの・・・他の店を回っていてもあの靴が気になる。とうとう帰り間際に「旅行なんだしいいや!えいっ!」と再び店に戻った。そして思い切って買ってしまった。

奇しくも、私がNY旅行で持ち歩いていたのは、このバッグだった。このバッグを提げて、この靴を履く・・・・ちょっとアホかしら?

2007_0508kutsu0102

それからコーチ のこの靴も、スプリングセールとかで、98ドル。

安くない?!円安だから12000円弱なわけだけど、日本では絶対に手にはいらなそうな値段。

しかも全ての靴がスプリングセールになっているわけではなかったので、ちょっと嬉しい。

店員にも「ちょうどセールで、運がいいわね!」と言われた。

これも、購入の決め手は、安かったほかに、この柄のバッグを持っていたからだ。2007_0513bag0113

実はこのバッグも、安く購入している。コーチで一時働いていた友達に、社員割引で買ってもらったのだ。

結構”おそろい好き”な私であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンドナンド

アンドナンド( and on and)』ってなんだか知ってるだろうか?(←名前をクリックしてみて!)

実は、ミスタードーナッツが経営する、大人のドーナツ屋さんなのだ。

先日、『プルスキ!』という記事で書いたあの飲み会の時に、友達が教えてくれた。ちょうどプルスキ屋から徒歩2,3分の所にあるという。そこで、二次会はアンドナンドに行くことになったのだ。2007_0513bag0110_1

夜10時だというのに、ほぼ満員。おしゃれな店内。ミスドのイメージは全くなし。

ただドーナツは妙に種類が少なく、そして高い!!

一個、180円か、250円なのだ(300円もあり)。180円が最低って、ミスドの高い方のドーナツと一緒じゃない?!

それでも、目移りして、店内で1種類、お土産に4種類購入した。 店内で食べたのは”クラシックメープル”というもの。(コーヒーと一緒に写ってるドーナツ)

2007_0513bag0112_1 それからお土産に”プレミアムリッチチョコレート” と ”プレミアムミックスベリー”!外のコーティングのほかに、中にもクリームが入っている豪華ドーナツなのだ。

そのほか、見た目がつまらないので写真は無いが、”黒ゴマスティック”と”かぼちゃスティック”というものを買って帰った。

味は、結構甘さ控えめ、大人の味である。

そして、”プレミアム”というだけに素材にもこだわっているのだそうだ。ガーナ産のチョコレート、沖縄産の黒糖など。

↑ 実はこの情報は読売新聞のもの。 私が『アンドナンド』を知った翌々日に、新聞にこの店が紹介されていた。記事のテーマは”プレミアム”。

なんでも、今は”プレミアム”ブームなのだそうだ。

”プライム”という通常のカレールーの価格の二倍はするカレーだの、”プレミアム”というビールだの、ちょっと値段が高め。でも、原材料や製法にこだわりがある。

だから、ドーナツもこんなに高くても売れるのかもしれない。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プルスキ!

先週末、”プルスキ”なるものを食べに行った。

韓国のプルコギ と 日本のすき焼き を融合させた料理。

1,2ヶ月前、たまたまテレビで紹介されているのを見て興味が湧いた。ちょうど飲み会幹事で飲み屋を探しているときにホットペッパーでその店を見つけたので、さっそく選んでみたのだ。

神戸元気食堂プルスキ屋 

2007_0513bag0106 アボガドのサラダ、揚げ春巻き、サラダなど、数種類の料理の後で、ドドーン。

でました、プルスキ!

4名で、この量!!→

もちろん、野菜が生のためこのボリュームがあるが、ぐつぐつ煮ていくとうまく鍋に納まる量になる。すき焼きのしょうゆベースの甘い味に、韓国らしく唐辛子や、トッポギ(韓国のもち)なども入っている。

コース設定も2,000円でお得感あり!!(しかもホットペッパーのクーポンで、1,800円になった)

この飲み会のメンバーだと、過去に一人6,000~8,000円という目玉が飛び出る金額に何度もなっているのだが(もちろん普通の居酒屋で)、今回はたった2,800円!!

とても安くすんだ。

ちなみに今回はあえて”飲み放題コース”を選ばず、みんなが”節度をわきまえて”飲んだので、今回はこの値段ですんだのだ。(前回、私も酔いつぶれる寸前だったので、反省したのだ。みんなに迷惑を掛けたので。)

恐ろしいことに、この飲み会メンバーだと、梅酒が何種類もある店では、端から全種類の梅酒を頼んで行き、デザートが魅力的なお店では、全種類を頼むとかいうことをやっちゃうのだ・・・・。

最後にデザートの写真でっす!花火がついてます。2007_0513bag0109

| | コメント (0) | トラックバック (2)

犬は鎖につなぐべからず

先日、青山円形劇場に『犬は鎖につなぐべからず』というお芝居を観にいった。興味のある人は6月3日までやっているのでどうぞ!

私の好きなナイロン100℃のメンバーの他に、客演として 緒川たまき、萩原聖人などが出ている。

緒川たまきは『トリビアの泉』の中の『トリビアの種』というコーナーに出ていた。様々なシチュエーションにおける「うそつき」というただその一言だけで、タモリや八嶋智人を悶えさせていた、あの女優である。

青山円形劇場は、小さい。その名の通り、舞台が円形なので、客席の多くが舞台を間近に見ることができ、演ずる役者の表情までがばっちりわかる。

緒川たまきは、月並みな言い方だが、テレビで見る以上にとてもきれいだった。とても色白で繊細で、そして細かったが色気がある。『トリビアの種』のときはそれほどいいと思わなかったが、今回、納得がいったぐらいである。

萩原聖人は・・・・まあ、テレビで見たとおりである。

話がちと(ちょっと)脱線するが、どうして女優は「テレビで見る以上にきれい」な人が多く、男優はそうではない人が多いのだろう。もっとも、やはり顔がきれいな男優は「テレビで見る以上にきれい」だそうだが。 

**** **** **** ****

ケラリーノ・サンドロビッチ(以下、ケラ)演出の芝居だが、通常の芝居は彼が脚本まで書いているが今回はちょっと違う。岸田國士(きしだくにお)という人の戯曲を使用。いくつもの短編戯曲をケラが彼なりに纏め上げてひとつのストーリーを作りあげていて、ケラ独特の世界を失っていない。

岸田國士は、大正から昭和初期にかけて活躍した人である。舞台の脚本・演出を手がけ、先ごろ亡くなった岸田今日子の父である。岸田國士戯曲賞という賞があり、ケラは『フローズン・ビーチ』という作品でその賞を受賞している。

ちなみにケラリーノ・サンドロビッチといっても、別にロシア人ではない。れっきとした日本人である。演劇界では脚本・演出での多才ぶりを発揮し大活躍だが、テレビ界ではまだ知らない方が多いだろう。

一番納得されるところでは、オダギリジョー主演の『時効警察』で、一話分のみ、彼が脚本・演出を手がけている。前回も、2回目となる『帰ってきた時効警察』でも。

あまり有名になってもらうと、芝居のチケットが取りにくくなってしまうので心配だが、私のブログに訪れる人が仮に全てファンになったとしても、大勢に影響はなさそうかな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウチハクツヤジャナイ

前回に引き続き、タイトル・パクリ・バージョンで『うちは靴屋じゃない』をお送りいたします。

*********************

このゴールデンウィークの前半は、会社の休みもくっつけて、ニューヨークに行ってきた。

ニューヨークの旅行記については今後、このブログ上か、『旅はつれづれ』の方で書くつもりなのでよろしくね!

余談だけど、トルコ旅行記は去年の11月を最後に一回も更新されていない・・・。まだ3分の1以上日程が残っているというのに、これではどんどん記憶が薄れてしまう。でも完成させたいので、がんばろう。(と、まるで独り言になってしまった)

ところでニューヨークは観光はもちろん、女友達とのショッピングツアーでもあった。

いろいろ買ってきたが、自分でも驚いたのが靴の数だった!!

な、なんと8足も買ってきてしまったのである。(ちなみに、友達も7足買っていた。)

自分でも思う。

バカじゃないのか

そこで、今回改めて自分が靴を何足持っているのか数えてみた。

1,2,3,4・・・・55足!!

冬用ブーツが10足ほど、夏用サンダルが10足以上あるので、クローゼットの服の衣替えのように、靴箱の靴の衣替えも行わなくてはならない。

うーん。世間一般の同年代の女性が何足持っているものなの皆目わからないが、「多い方だ」ということだけは確かだろう。まあ、芸能人には負けるだろう。

そして、今回思い切って捨ててみることにした。

2007_0508kutsu0105 でも、これは決して”無駄捨て”ではない。

4年から10年ぐらい履いたものばかりで、よくみると「よく今までがんばったね~」と声を掛けてあげたくなるものばかりである。

私はつま先を十分にあげずに歩く癖があるらしく、つま先が擦り切れて外側の皮が擦り切れて内側の層が顔をのぞかせているものばかりだ。

実はニューヨークでも一足捨ててきたので、ちょうど10足が靴箱から消えることになる。

いままでお役目ご苦労様でした!

***********************

2007_0508kutsu0103 ちなみに、こちらはニューフェース!

これらの靴のいくつかについては、いろいろ話したいことがあるので後日、もう一度触れることする。

お楽しみに!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウチハカサヤジャナイ

すみません。私の好きな演劇集団”ナイロン100℃”の芝居、『ウチハソバヤジャナイ』のタイトルをもじりましてん。

題して、『うちは傘屋じゃない』をお送りいたします。

*********************

GW の前半の話は後日するとして、後半はというと家の大掃除をやっていた。

うちのマンションは靴箱が二つ壁に埋め込んである。

両方とも天井から下まであってかなり大きめなのだが、左側の下、左半分は傘立てになっている。 だから右側の靴箱はすべて私が使い、左側は靴数の少ない彼が使っている。

この休みに、靴の整理でもしてあげようと靴箱を開けてみて、ぶっ飛んだ。

ビニール傘、かさ、カサの山!

「なにこれ~!!」

2007_0508kutsu0096_1 数えたら、全部で14本もあった。

確か以前は3,4本だったのに・・・・。

どうやら、行きは降っていなかった雨が帰りに降っていた場合、会社から置き傘となっているビニール傘を持ち帰っていて、こんな本数になってしまったらしい。 壊れているのも何本かある。

しかし、問題なのはこれらのほとんどが彼の買った傘ではないということだ。

他人が放置しておいた、ビニール傘なのだ。

私はこういうことは大嫌いなので、今までも何度も怒っている。

それでも彼に言わせてみれば「会社のみんなが、ビニール傘を勝手に使っている」というのだ。 「”会社にある傘”であって、決して”よそで知らない人の傘”を持ってくるようなことはしない」と・・・。

それでも「ビニール傘ならいい」という考えが許せない。

ビニール傘だろうと高級傘だろうと人のものを勝手に持ってきてしまうということが信じられない。

こんな男とは別れたい。

だって、これらは誰かがお金を出して買ったものなのだから。盗難じゃないか。

しかも14本あるということは、少なくとも10人以上の人が2本以上の傘を買っていることにならないか?

その会社の人たちは、持って行ってしまう人も持っていかれてしまう人も「ビニール傘ならいいや」と思っているだろうことが問題なのではないだろうか。

彼らにとっては、こんなことにいちいち腹を立てる私は、既に時代遅れなのか。

*********************

この記事を書いていたら、はらわたが煮えくり返りそうになったので、気分を変えよう。

私の大事な傘、二本をお見せしよう。

タイトル『派手好きな私』でも紹介してきたように、派手な柄が好きな私の傘たちも派手である。

左の黄色い方が、ELLE。右の赤い方が、Pinky&Dianne。

とはいっても、両方とも”ムーンバット製”だろうと思うけど(笑)。(つまり、ブランド名だけを借りている委託生産物)

ちなみに私はこれらを10年近くは使っているんじゃないだろうか。

2007_0508kutsu0099 2007_0508kutsu0100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »