« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

面白かったカラオケ

前回のブログで、風邪を引いているにもかかわらずカラオケに行ったことに触れた。

今回は、会社の社長、取引先の上司(男性)T氏と部下(女性)Nさんという4人でカラオケに行ったのだ。

いや、カラオケは単なる二次会であり、新しく私の会社の担当になったNさんとの「これからよろしくお願いします」という意味のお食事会のほうがメインである。

それでも、食事会の後にカラオケ、ということは既に食事会が決まった時点で決まっていた。

なぜなら。

何でもこのNさんは、もともと歌手志望であったこともあり、かなり歌がうまい。カラオケではマイクを離さないのだ。ということを何度もT氏から聞いていた。T氏はT氏で、「カラオケに行ったら彼女の歌をずーっと聞かされてて、いくらうまくても、たまらないんですよ~」とか何とか言いながら全然嫌そうではない。好きなのだ。カラオケが。

そして、社長も私もカラオケが大大大好きなのだ。(でも一緒に行くことは決してない)

さて。

面白いことに、社長は60歳代、T氏は推定50歳代、Nさんは推定40歳代、私は30歳代。見事に年代が違う。

どちらかというと社長の歌う歌は、T氏が「よくわかる!」といい、Nさんと私は歌う歌に相通ずるものがある。カラオケ・ボックス世代なのだ。

そして、Nさんは既に大学生と高校生の子供がいて、子供達の歌を聴いているからよく知っているということで、10歳代~20歳代の歌まで網羅している。実際のところ、私の聴いたことのないケツメイシの歌など歌っていた。さすが歌がうまいだけあって平原綾香の『Jupiter』のようなスケールのでかい曲も歌いこなしていた。

私は私で気を遣って、時々は宇多田ヒカル等を歌いながら、『悲しみ本線日本海(森昌子)』や『思い出まくら(小坂恭子)』など、演歌や懐メロなどを歌っておじ様達を楽しませたりもした。

社長はカラオケボックスは初めてだったけれども(カラオケバーばかり)、それでも気に入ったようで、人の順番を気にしないで曲を入れ、一番たくさん歌っていた。人に気を遣わないんだよねー、この人は。

まあ、私も同年代の方が楽しいから次があるかどうかわからないけど、これはこれで面白い出来事だったな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

回復のきざし

前回のブログを書いてから、日に日によくなっている。

富山の薬であるポリコデン(せきとたん用の錠剤)が良く効いているのである。

この薬を飲み始めた一昨日の昼間はまるっきり咳が出ず、夜は横になると咳が出たものの今までよりは格段に早く眠りにつくことが出来た。 そして昨晩は、まるっきり咳が出ることはなく、横になるとすぐに寝入ってしまったのだ。

ああ、また平和な睡眠の日々が訪れる!!うれしいっ。

今朝から薬を服用することをやめたし、夜も薬なしで寝てみようと思う。

***********************

前回の私のブログでは、シロップも総合感冒薬もまるっきり効かない!と断言してしまったので、ちょっと訂正をしておこう。 なぜなら、あれは私の飲む順番が悪かったことが原因だと推測するからだ。

咳というのは風邪を引いて、その風邪が治った後でもかなり長引いたりする。気管支や肺が咳をすることで傷ついて炎症を起こすからだ。 この時点では風邪が既に治っているんだから、風邪薬ではなく咳止め薬を飲む。

ところが、私のように風邪を引いている最中に、最初から”咳止めシロップ”を飲んだって効かないんじゃないだろうか。

風邪が原因なのだから、最初に風邪薬を飲んで風邪を治しておいてから、咳が引き続き出るようなら”咳止めシロップ”を飲むべきなのだ。思えば、一昨年の風邪はそうやって治した。

今回”富山の置き薬”が劇的に効いたのは、その前に大手製薬会社の総合感冒薬Pを一日飲み続けた後だからではないだろうか。  Pは咳には効かなかったが、確実に私の中の風邪菌を殺してくれたのだ。

その証拠に、私は水曜日の晩(つまりPを飲んだ日の晩)、前々から決まっていた食事会&カラオケに行って、大好きな歌を何曲も熱唱してしまったにもかかわらず、翌日は熱も出さずに会社にいけたのだ。

もちろん、夜は咳で眠れなかったし、翌日は多少、声がセクシー・・・もとい、ハスキーだったが。

**********

ちなみに、3月に引いた風邪は、一切薬を飲まないで治した。自然治癒というやつだ。でも結構長引いたな・・・。完全に咳が出なくなるまで3週間近くは掛かったと思う。

今回はあまりに辛いので、風邪薬に頼るしかなかったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても風邪を引く

3月の頭に、風邪を引いた。 詳しくは→『風邪を引く

このときは38度以上の熱が出て、その後は咳と痰に悩まされたのだったが、今考えると可愛いもんであった。なぜなら、現在再び風邪を引いてしまったのであるが、もっとつらいのだ。

**************

先週の月曜日に喉に”違和感”を感じはじめ、木曜日の朝、その”違和感”は痛みに変わった。

「いかん。この喉の痛みと感触は、3月に風邪を引いたときと同じではないか」ということで会社を休んで家で静養した。 

でも今から考えれば、このときに熱を出してしまった方がよかったのかもしれない。

”熱が出る”ということは、すなわち、体が風邪菌と戦ってやっつけている、ということ。

このときにやっつけておかなかったばかりに、発熱はないものの咳ばかりが長引きひどくなった。日曜日の晩からは眠れない日が続いているのだ。

咳風邪に悩まされた方ならご存知だと思うが、咳は昼間より夜に体を襲う。夜になるとやたらと咳が出て、眠りを妨げるものだ。

毎晩、横にはなるものの苦しくて眠れない。しばらくして眠りにおちかけた頃、あまりの苦しさに目が覚める。このとき、喉が悲鳴を上げるのか「ハァ」という音で、目が覚めるのだ。そして、咳き込む。

しばらく覚醒して、再び眠りに吸い込まれた頃に、また自分の喉の音に起こされ、咳をする。

この繰り返し。

よく体が持っているものだ。不思議と会社で眠くはならない。

*************

今回は発熱がなかったので、”咳止め”のシロップを飲んだ。 しかも二種類。

最初に去年に彼が風邪を引いたときに購入したもの(日本産)を飲み、次に一昨年に私が風邪を引いたときに購入したもの(中国産)を飲んだ。二つとも数回分ずつしか余っていなかったのだ。(もちろん消費期限内)

ところが、これらの薬が効かない! というか、片っ方なんて、飲み始めてからひどくなった気がする。

それから両方のシロップが切れたので、普通の風邪薬(大手製薬会社のP)を飲んでみたが、一向によくならない。

最後の頼みの綱は、会社にある”富山の置き薬”である。 

大手製薬会社製ではない”咳止め錠剤”を今朝から飲んでいる。今のところ、効いている気がするが問題は夜だ。

いやいや、そんなことより、一回の風邪でこんな4種類もの風邪薬を飲みまくっている私の体は、はたして大丈夫なのだろうか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会の景品

今後、二次会の幹事をやる方のご参考までに、どんな景品を用意したか紹介しよう。

私は、基本的に「要らないものをもらってもしょうがない」という主義なので、安いものを大量に用意するのではなく、「もらったらうれしいもの、もらっても困らないもの」を基準に景品を選んでいった。といっても、万人が欲しいものなんてほとんどないだろうから、”自分”が基準である。

しかも、欲しい人に当たって欲しいという気持ちから、景品にヒントとなる名前をつけた。 「商品そのものの名前を書いてあるのも興ざめかな」と思ったので、ヒントをつけたのだが、クイズで勝ち抜いた人々がこのヒントで中身が何かわかったかは、定かでない。(ちょっと”さぶい(=寒い)”ネーミングだし。ぷぷ)

ちなみに、景品は”新郎新婦の馴れ初めクイズ用””新郎クイズ用”と”携帯ビンゴ用”とある。 

<新郎新婦 馴れ初めクイズ用>

1) Sea or Land 賞

   ディズニーランド or シー のチケット2枚

かつて、私がゲットしたことのある二次会の1等商品。 たいていの人は嬉しいよね?!

2) リラックスしま賞

   マッサージ券 1万円分

私のご愛用の店、てもみんのマッサージ券。

3) 音楽を聞きま賞

     iPod Shuffle

1GB しかないけど、超小型。しかも価格は9800円!結構お得でしょ?!

4) 歯を磨きま賞

   超音波歯ブラシ

実は自分で愛用していて、このよさを他の人にも知ってもらいたい!と選んだ一品。

5) きれいなお姉さんは好きで賞

   フェリエ (顔そり用 電動かみそり)

これも自分で愛用。私もかつて、二次会の景品としてもらい、この良さを実感!!なんせ、かみそり負けしないのだ。 たぶんもう7,8年は使っているんじゃないかなぁ。

(実際は、残念ながら、男性に当たってしまった。まあ、奥様へのプレゼントとなるだろう。)

6) 自分と向き合いま賞

名前を度忘れ!! 東急ハンズで見つけたのだが、小型ゲーム機で、数十個の質問に答えていくとコンピューターが自分の性格を診断してくれるというもの。

友達や恋人も持っていれば、相性診断もできるというもの。

***********************************************************

<新郎クイズ用>

*新郎が風変わりな人物なので、新婦により彼を知ってもらうために用意したクイズ。

タカアンドトシのタカの”ライオンティーシャツ”

  → これは実用品というより、受け狙い景品。 もらった人はよほど気に入ったらしく、帰りの電車でも着用してくれていた。よかった!

*****************************************************

<携帯ビンゴ用>

*受付時に携帯番号を小さな紙に書いてもらい、新郎・新婦がその中からくじ引きのごとく引いてその場で電話をかけ、電話が鳴った人が当たりというビンゴ。

リフレクソロジー券 5,000円券 2名分

これまた私の愛用しているクイーンズウェイのリフレクソロジー券

以上です。どうでしょうか!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会、無事終了 その4

あまりに同じ話題ばかり続くと、読者は飽きるだろうという懸念はあるのだけれど、どうしても書きたいことがあるので、続いて書かせていただく。

今回、いろいろな感動があった。

司会をやったのは、去年結婚をした、元部長である。彼は、普段から面白い、というか変だ。不思議にカリスマ性もある。 その彼の司会は、素晴らしかった!! 二次会のイベントとして”馴れ初めクイズ”なるものを用意した。 もともとユーモアを交えて作成したものではあったが、彼がそれにツッコミを入れながら読んでくれたおかげで、かなり会場も盛り上がったのだ。

それから、受付とカメラマンは、後輩の男性陣に頼んだ(なぜなら女性の後輩は皆無)。彼らは、私が感動するくらい一生懸命、役割をこなしてくれたのだ。特に受付は、寒い外で行わなければならず、二次会開始後は、遅刻してくる参加者が時間を置いて訪れるので、ゆっくり飲んではいられず、入り口に常に注意を払ってくれていた。 写真もかなり撮ってくれたので、これで安心して新郎・新婦にプレゼントできる。

そして、幹事をやったほかの男性が言ってくれた言葉が私にとっては嬉しかった。なぜなら、人をほめるというタイプには見えなかった人たちだったからだ。

「素晴らしい企画表を作ってくれたよ」とか、「二次会が成功したのも香のおかげだよ」など。「香がいなければ、二次会出来ないな。俺達だけじゃ企画できないから、香が結婚する時は二次会無しね!」まあ、これは多少複雑な言葉ではあるが、とりあえず私が引き受けた甲斐があったのだ。

そして、去年引き受けた二次会の新婦が私のことを褒めてくれていたということをこのとき知った。

もう、二次会の幹事をやることはないだろうけど、自分も楽しかったし、いい思い出になった。幹事の話が来たときには「ええー!?」なんて言ってしまったけど、頼んでくれたことに感謝しなきゃね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会、無事終了 その3

ところが、新郎は「二時間で、せっかく来てくれたお客様を追い出すわけにはいかないよ。人数はもうちょっと集めるし、足りない分は自腹切るから、店には3時間貸してくれるようにお願いして欲しい」というではないか。

学生時代、ちょっとケチで有名だったその彼が、そんな太っ腹なことを言うなんて・・・・。しかも、来てくれる人にそんな思いやりを抱いていたなんて・・・。

ちょっと、彼を見直したのだった。

それから、サークルのメンバーは一人も増えなかったのだったが、新郎が結構人数を増やしてくれ、46名に。

店には「50名に足りなくても、その分は新郎が自腹を切ると言っているので、3時間貸し手ください!」とお願いした。

***********************

こうして当日。

前回のときにも体験したのだが、結構ドタキャンはいるもんだ。

今回も、5名以上が来なかった。もちろん、当日、飛び入り参加の人もいた。

まあ、本人にとってはのっぴきならない用事だったのかもしれないが、幹事としては「ドタキャンは勘弁してくれ~」である。

もちろん、予算は達成できなかった。

事前連絡の参加者人数から予算を割り出し、2万円は浮くはずだったのだが、ふたを開ければ2万円近い赤字である。

もちろん、新郎に払わせるわけには行かない。

だって、彼のお祝いなのだから。

結局、サークルのメンバーで行った三次会で、みんなに少しずつ負担してもらった。ちょっと高い飲み代になってしまったけれど、お祝いだからいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会、無事終了 その2

春分の日に、幹事と新郎新婦が打ち合わせをした時、新郎が

「会場は3時間ぐらい貸してくれるって。2時間だと短いから、6時ごろに受付開始で、9時前にみんなが退場できればいいってよ」といっていた。

私は、それに合わせて結構、緻密なスケジュールを作成した。エクセルの表に、イベントごとに時間とその担当者と、準備するものと準備する人をすべて打ち込んでいったのだ。

例えば、イベントが”受付開始”なら、”30分”の時間を要し、”受付”要員が2名と参加者をカメラに収める”カメラマン”が担当だ。そして、そこで名簿、ペン、クラッカー、記帳ノート、カメラ、などが必要で、それぞれ誰が用意するか・・・といったことをそれぞれの行・列に書いていく。

それを二次会の一週間前に作成し、幹事のみんなと新郎にメールで送信してから、店に参加人数を告げるために電話をした。これは店に頼まれていたことだ。

ところが、店長は人数を告げると、「全部で36名ですか?!」 

しばし沈黙。

「困りましたねぇ。新郎様から50名~60名だといわれていたので、3時間ぐらいオッケーですよといったのですが・・・・その人数ですと、2時間で撤収していただかないと」と言った。

種明かしは、店の一日の売り上げ目標である。25万円。50名来るならば、飲食代を一人5,000円にすれば、その店の一日の売り上げ達成である。60名くれば、ウハウハである。

ところが、36名であるならばその日の予算に大きく届かないので、二時間でパーティーはお開きにしてもらい、そこから一般のお客さんに店を解放して、売り上げを達成しなければならないそうである。

ががーん。

し、新郎め~。

店なんか決めなくていいから、早く幹事をこちらに振ってくれればよかったのに・・・。

今から、人数を集めるのは無理そうだし、会費を上げるわけにもいかない。

しかたなく、「では、2時間で切り上げということで、お願いいたします・・・。」と告げて電話を切った。

作ったスケジュールも二時間用に作り直さなくてはならない・・・・。

私は事情を書いたメールと、作り直した二時間短縮案をみんなに再度、送ったのだ。

(またまた続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二次会、無事終了 その1

二次会の幹事をおおせつかり、楽しいながらも、心理的プレッシャーがあったので、昨日無事に二次会が終了して解放された時には心底ホッとした。

新郎・新婦から「楽しかった。ありがとう」といわれ、新婦が「友達も『すごく楽しい二次会だった』って言ってました」といってくれた。

今回は、新郎と大学時代のサークルのメンバーが私を含め、幹事や司会となったので、それ以外の人たちが楽しめたことがなにより”成功”だと言えたのではないだろうか。

なにせ、私のサークルは馬鹿騒ぎが好きな、ノリだけはいい仲間の集まりだったからだ。新郎・新婦の会社関係者や友人が”引いて”しまったらおしまいだ。

*****************************

二次会は、その準備途中でも、ちょっとした山あり谷ありだった。

前回も書いたとおり、準備期間はたったの二週間とちょっと。

去年、二次会を担当した時の新郎は、サークルでも部長を務め、人徳があったと思う。しかも準備には二ヶ月ぐらいの期間があった。それでもサークルでの出席者数は思ったほど伸びなかった。50名ぐらいを考えてたのが、ふたを開けたら40名を大きく下っていたのだ。 卒業してから14年も経つと、仕事や家庭でままならないことが多いのだろう。 慌てて呼ぶつもりのなかった新郎の会社関係や友人を集めたのだ。(ちなみに、新婦はあまり交友関係が広くない人だった)

今回の二次会は、びっくりしたことに、新郎・新婦が会場を予約してくれていた。(← これが後から大きいキーワードになる)

新郎が予想したサークル関係者は30人以上。それに新郎・新婦、各10名ぐらいの会社関係・友人を予想していた。

この話を聞いたとき、「二週間前で、そんなに来るはずないやん!!」と心の中で突っ込んだが、その場ではもちろん言わなかった。

そして、サークルメンバーに連絡メールを回して一週間、予想通り、というか予想よりも大幅に少ない人数しか集まらなかった。

12名。しかも6名は披露宴参加者である。

がびーん。

やっぱり、二週間じゃ予定決まってるよ、みんな・・・。

実は、新婦はかなり前から急かしていたそうだが、新郎は持って生まれた楽観的かつ、のんびりとした性格から一ヶ月前でいいと踏んでいたそうだ。ところが、一ヶ月前に転勤が決まり、引越しでばたばたして、ようやく二次会に対して腰を上げたのが、二週間前だったということ。

まあ、今回のことで一番ショックを受けているのは新郎だろう。

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度言い

親の遺伝子を強く感じる瞬間がある。

『二度言い』・・・・これがそのひとつだ。

『二度言い』とは、同じことをひとつの会話の中で二回、もしくはそれ以上言ってしまうことだ。と自分で決めた。

本人の心理としては、「これは面白い」、「この部分が今の話の中で”核”である」、「ここを強調したい」という思いから二回繰り返してしまうのだが、聞かされたほうはきっと

「また言っているよ」と思うに違いない。

***************

私は既に実家から独立しているので両親とはたまに会うだけである。一緒に暮らしていたときは会話がなかったが(私って男、つまり息子みたいなのだ。存在が。)、ごくたまにしか会わないので、会った時は話をする。ちなみに電話で話すことはほとんどない。

すると母が同じことを何度も繰り返して言うことに、多少うんざりしていくのだ。特にお酒が入るとひどい。声もでかい。

「前回にもそれ、聞いたよ」というのならともかく、今さっき言ったことなので余計に”うんざり”ということになってしまう。

そして、自分も友達と話してて、これをやっていることに気がついているのだ。

学生時代など若い頃はまだそれほどでもなかった記憶があるが、年齢を重ねていって、ますますそれがひどくなってきた気がする。

気をつけねば。

あー、血は争えないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またしても二次会幹事 2

今回は、前回と事情がかなり違う。

なんと結婚式は4月7日(土)なのにもかかわらず、幹事を頼まれたのが3月20日(火)なのだ! その時点で、三週間もないではないか・・・。

********************

3月21日の春分の日、新郎・新婦と幹事たちで、二次会についての第一回会合が執り行われた。。というか、会合は一回しかないけどね。

幹事はなぜだか、男4名、と私。

何で男が4人もいるのに、私が手伝うのー?!という感は否めない。あんた達は4人そろって一人前か?!

しかもその”男4名”の中に私の彼もいるのだ。実は今回の新郎と私の彼は親友なのだ。

でも、はっきりいって私の彼は”こういうことでは”とても頼りにならない男である。そこで、私の出番となってしまったわけだ。

***************************

二次会を取り仕切るのは二回目なので、前回ほどプレッシャーは感じてはいない。

なんと会場は既に、新郎・新婦が押さえていてくれたのだ。 だから、去年の経験に照らし合わせて、今回は何が必要かを考えていくだけである。

しかも、話し合いをしながら、実は楽しかった。話し合いといっても、飲んでたし(^^)

ああ、結局私はこういうことが好きなんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »