« 厳しい手荷物検査 | トップページ | 手荷物検査 こぼれ話  »

厳しい手荷物検査 2

前回の続き。

今回の旅は成田からシカゴへ飛び、シカゴからインディアナポリスへの国内線へと乗換えがあった。 シカゴで一旦、入国審査を受けなければならない。 預けていたトランクをピックアップした後、入国審査を受け、再びトランクをX線に通して預ける。 その後、国内線のターミナルまでモノレールで移動し、再び手荷物のX線検査を受けて搭乗口に入る。

と、このX線検査のところで呼び止められた。

「バッグの中を見ていいか?」というので、別に怪しいものを持っているつもりがなかった私は自信満々に「どうぞ」と返した。

しかーし!

なんと、私が成田で購入した化粧品は液体だったのだ!!だからここで没収するといわれてしまった。

ががーん。

買ったばかりなのに。 

しかも、安いもんでもないのに・・・。

パッケージだって、誰が見ても開いていないのに・・・・・。

私は必死に「これは成田で買ったばかりなの」と訴えたが・・・・結果はX。 

そう。例外は認められないのだ。

こうして、没収された飲みかけのペットボトルなどが既に入っている簡易なゴミ箱に、私の新品の化粧品は投げ込まれてしまったのだった・・・・。

********* ********* ********

後でアメリカに住む友人に話すと、入国審査時の荷物のピックアップ時にトランクに詰め替えればよかったということが判明した・・・・。 でも、そんなこと考えもしなかったよー。実際、現物を持って国際線に乗れているのだから。 

不幸中の幸いというべきか、今回いろいろな化粧品を購入せず、たった一種類だけだったということ。化粧落しだから、乳液やクリームなどに比べて比較的安いものだと自分を慰めた。

それから唯一救われたのが、検査官が嫌な人ではなかったということだ。

白人の中には東洋人を毛嫌いしている人や、小ばかにしている人がいるけれど、彼は私に同情心すら見せてくれて、私が「成田で購入したばかりだ」と訴えたときも「じゃあ、他の人に聞いてみるよ」と小さな努力をしてくれた。

もし彼が嫌な人だったら、私の気分はもっと暗いものになっていたに違いない。

|

« 厳しい手荷物検査 | トップページ | 手荷物検査 こぼれ話  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

きゃぁ~((*へ*)/
大変!!!!

結婚してからというもの
全く海外へは行かないので

手荷物検査がこんなにも
厳しくなっているとは
思いもしませんでしたぁ(汗)

でもでも
ホントに 1品でよかったですねぇ~
アタシなら
めちゃくちゃ買ってそうだぁ・・・>0<

ハワイに行きたくってたまらないけど
今年も 近場の温泉で落ち着くことになった
ひなぷーでしたぁ(;へ;)α-ーー

投稿: ひなぷー | 2006年12月21日 (木) 19時33分

ひなぷーさん、こんにちは!
そうなんですよ。特にアメリカは厳しすぎますね。(トルコに行ったときは、ペットボトルも全然オッケーでした)もしハワイにいかれるなら、気をつけてください。

私も化粧品を一度に何種類も買うこともあるので、今回は本当によかったです。

温泉、楽しんできてください!

投稿: | 2006年12月22日 (金) 11時33分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳しい手荷物検査 2:

« 厳しい手荷物検査 | トップページ | 手荷物検査 こぼれ話  »