« カイモノヂカラ | トップページ | 定期入れにまつわる”ダーク”な思い出 »

長浜屋台ラーメン

福岡に着いた日・・・(まだこの日の話題かっ!)午後三時にホテルを出発し、中洲商店街や、ホークスタウンモールをまわってスパで楽しんだ私たちは、夕飯を食べないまま12時を迎えようとしていた。

福岡といえば、屋台でしょ!ということで、屋台に行くことに。

地下鉄まで遠いし(徒歩10分以上)、台風一号の影響で雨も降っていたので、スパでタクシーを呼んでもらう。 タクシーの運転手に聞けば、冷泉公園や中洲の屋台よりも、長浜のほうが数が多いそう・・・。

ところが行ってみて驚いた!

長浜の屋台は、全部長浜ラーメン屋だったのだ。ラーメンのほか、おでんや天ぷらというメニューも並んでいるけれど、基本はすべてラーメン屋。どうやら他の二箇所は、もうちょっとバラエティーに富んでいるらしい。・・・失敗か。

道路の両側に屋台が立ち並ぶ、その入り口付近でタクシーから下りた。雨が次第に強くなる中、とりあえず奥まで歩いてみることに。

入り口の『ナンバーワン』とか言う店は、満員で、待っている人も3,4名。ところが奥に行けば行くほど、お客さんの入りが怪しくなってくる・・・・。暇そうな店の人ばかりで、たくさんの店主に「ここ入りなよ」と声をかけられた。

人が閑散としたレストランはまずいかもしれない・・・と思ってしまうのは世の常、人の常だろう。

もしかしたら入り口付近の店が混んでいたのは、”入り口に近い”からで、”おいしい”からじゃないのかもしれないが、私たちには確かめようもない。ガイドブックにもどこがおいしいかは載っていない・・・。

私たちは、安全策をとることにした。

結局、混んでいる店に入ることにし、入り口の店まで戻ったのだ。

でも、最初の数件は満席で入れず、雨脚が強まる中並んで待つ気にもなれず、結局3、4件目くらいの”空席があるが人がそれなりに入っている店”に。

++++++++++++++++++++++

「ねえちゃんたち、うろうろしてたよね。」・・・・観察されてた?

ラーメンと餃子を頼んだあと、どんなメニューがあるかとメニューをみていた。おでんやお酒のおつまみが並ぶ。。。すると、店のおじさんが「なんか他にも食べるか?」と聞くので、「ラーメン食べた後、お腹があいてたら頼みます。」と答えたら、

「ラーメンは、最後と決まっているんだ。ラーメンを食べたらとっとと店を出る。長浜の”しきたり”なんだよ。」(博多弁がわからないので、東京弁で書いてみました)

「・・・・」

仕方がないので、ガイドブックに載っててちょっと気にかかっていた博多名物『いわし明太』というものを頼んでみる。

いわしのお腹に明太子を挟んだ単純なものだが、いわしがおいしい。2006_05210012(^^)

餃子といわし明太を食べ終わったころあいを見計らって、長浜ラーメンが出てくる。

2006_05210013 とんこつだが、くさくない。

そういえば、屋台の前を歩いていても、とんこつの匂いは漂っていなかったな・・・。

しかも、結構さっぱりしている!

ま、辛口でいえば「まずくはないけど、感動する味ではない」というところか。

他の店はもっとおいしかったのかなぁ・・・・?

今回、中洲や冷泉公園の屋台にいけなかったのが、とても心残りである。

|

« カイモノヂカラ | トップページ | 定期入れにまつわる”ダーク”な思い出 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。