« 好きなCM パート2 | トップページ | 再会 エピソード3 »

再会 エピソード2

時は遡り、私が20歳の頃。

私がバイトをしていた結婚式場では、平日は、会社のパーティーなども開かれる。

その日、私は”なんかのおえらいさん”に水割りをぶっ掛けてしまった。手が滑って、グラスをその人に向けて落としてしまったのだ。「も、申し訳ありません。すみません。ごめんなさい」 (← 余談だが、人は結構「すみません。ごめんなさい。」と一緒に言うものである。面白い)

隣にいたおっさんが「なんて事をするんだね!こんなえらい人に(だかなんだか)・・・・!」と怒鳴る。 一生懸命謝った。

バイトでは収拾がつかなくなったときは、後の始末は”黒服”(いわば、会場の一番上の人)がつけてくれる。

私は、裏の作業場に戻り、隅で泣いていた。失敗したショックと怒鳴られたショックで・・・・。

そのとき、ふと後ろに人が立ち、聞いた 「君、身長いくつ?」

・・・なんで、このひとは、こんなときに、こんなことをきくのだろう・・・・・・

ま、それがきっかけで、その彼と付き合うことになった。5歳年上のその彼は、私と同じぐらいの身長だったので、気になったらしい。友達が「爬虫類みたい」と酷評するその彼に、しかし私はぞっこんになった(・・・表現古すぎ?) お兄さんが欲しかった私は5歳年上の彼が嬉しく、また新鮮だった。バイクにも乗せてくれたし、タバコも教わった。

ところが、3ヶ月も過ぎた頃、電話もくれなくなったし、私がしても電話に出ないことが多くなった。(ちなみに、携帯のない時代)・・・振られたのだ。別れの言葉はなかったのだけど、振られてしまったことはわかっていた。

*****************************

10年の月日が経った。

友達の結婚式に行ったときの事だ。

披露宴会場。 黒服が椅子を引いてくれる。 

「お久しぶりです。」

振り向くと、10歳年をとった彼が笑っていた。

まだ、結婚式場で働いていたんだ!!(説明すると、こういう業界ではバイトは派遣業に登録している。一ヶ所で長く働く事が多いが、他の結婚式場に移動になったり、短期で派遣されたりする)

それにしても、偶然である。数ある東京の結婚式場で、一日に数百と開かれている結婚式の中で、どうして出会えたのだろう。もしや、運命?!

その後、彼は私だけに”氷入りジュース”を持ってきてくれたりして、友達からは冷やかされたが、なにせ彼は仕事中。あんまり長く話してはいられない。

それでも、彼が今は結婚して子供もいることがわかった。しかも、奥さんに携帯を牛耳られているらしく 「携帯は教えられない。ここの結婚式場にはしょっちゅう仕事にきているから、ここに電話してくれれば会えるよ。」

・・・・・・??!なにそれは。

なんか、そこまでして会いたいと思わない。10年の月日は私を変えてしまったし、彼の中の”あの頃、私が感じた”魅力のようなものもすでになくなっていた。

というわけで、ほっておいた。運命なんてものはなかったのである。

|

« 好きなCM パート2 | トップページ | 再会 エピソード3 »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。