« 腸内洗浄体験 1 | トップページ | ちゃんこ、ちゃんこ »

翻訳

会社での仕事で、たまに翻訳をすることがある。うちは商社なので、お客様とメーカー側のやり取りの翻訳(和訳・英訳)が主で、たまに製品の仕様書の翻訳などである。(そんな大それた翻訳でもない)

ところで、『翻訳』って、むずかすぃ~。

翻訳をやっていると、自分の国語力のなさを改めて思い知らされる。英訳は正しいかどうかは知りようがないが、和訳は読んでみて「お前は作文を書く小学生並みか(くりーむしちゅー上田風に)」と自分で突っ込みを入れたくなるほど、情けないものである。おそらく、英訳も小学生並みなのであろう・・・・。(たまに、英語の先生にみてもらうけど・・・、情けねぇだ・・・・)

やっぱり、小さいころに本を読んでなかった罰が当たってしまったのかっ!

そう。翻訳とは英語力というのも大事だが、もっと大事なのは母国語である日本語なのである!!日本語を知らないと、辞書に載っている言葉が訳した文章にそぐわないときに、意味を違えないような同義語を持ってくることができない!つまり意訳ができないのである。

みなさんは翻訳物を読んだときに違和感を覚えた経験はないだろうか?外国語の直訳は、案外通じない。意味がわからない。意訳をしないと、ちんぷんかんぷんになってしまう。そこで、国語力が試されるのである。

日本語を英訳するときも、また然り。

ひとつの文章は、何通りの日本語でも言うことができるものがある。「私は彼から不思議なものを受け取った」は「彼は私に不思議なものを渡した」と言うことができ、更に”不思議なもの”とは、strange (変なもの)なのか、miracle (驚くべきもの)なのか、前後の流れを見極めながら、どの英語が適切なのかを導かなくてはならないのだ。”どの日本語で”辞書を引けば、一番近い英語に行き着けるのか、考えなくてはならないのだ。

和英辞典を引くときに、どれだけ自分の言いたい表現したい英語を見つけることができるか・・・それはやはり国語力。

ちなみに、常識かもしれないが、私は和英辞書で引いた英語は、必ず英和で引きなおしてみる。辞書って人が作ったものだから、パーフェクトではないと思うし、言葉って案外、人によってニュアンスの捉え方が違うものだ。

ここで、私の失敗談をひとつ。

電話での会話の後、自分の下手な英語を謝ろうと、メールにしたためた文章だった。「焦ってしまって、上手に会話が出来なかったわ。ごめんなさい」と・・・。

”焦る” という日本語である。辞書で引くと下の方に”UPSET” とあったので使用した。すると「なんで怒ってるんだ?」というメールが来て、驚いた。なんと、UPSETとは通常、怒るという意味で使用するそうだ。慌てて、違う言い回しのメールを入れて事なきを得た。

確かに、「焦る」という言葉を和英辞書で引くと、UPSET が出てくるのにー!!

でも、結構、常識だったらしい。英語が出来る数人の友達にその話をすると、知らぬは私ばかりなりだった・・・・恥ずかしい。

話を元に戻すが、翻訳をやった後は、必ず頭痛がする。普段使っていない頭を使っている証拠である。あーあ、翻訳業の人って、本当に尊敬しちゃうな・・・・。

|

« 腸内洗浄体験 1 | トップページ | ちゃんこ、ちゃんこ »

英語」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 翻訳:

« 腸内洗浄体験 1 | トップページ | ちゃんこ、ちゃんこ »