トップページ | 2005年9月 »

カラオケ考察

カラオケ行きたーい。

まだ、20歳ぐらいの頃、友達3人で3件ハシゴして、8時間ぐらい歌ったことがある。今考えると、ハシゴした意味が、よくわからない(笑)。でも、楽しかった #^0^#

たぶん、今でもいけると思う。一緒に行ってくれる人がいれば、の話しだが。

とはいえ、カラオケが好きではない人と行くのは、地獄だ。以前、カラオケ嫌いな彼をつき合わせ、一時間ほどボックスに行ったことがあるが、結局彼は一曲も選べないまま、私が一人で歌っていた・・・。何でもいいから一曲ぐらい歌えばいいのに・・・・(←心の声)。彼氏もつまらないせいか、機嫌が悪いし、私も気を使うし、散々だった。

ここ数年、カラオケ友達が(結婚&出産、遠方への引越しなどで)減ってしまって、めっきり行けなくなってしまったのが寂しい。カラオケ教室なるものに行けば、友達が見つかるかなとも思うが、ご年配の方ばっかりだったらと思うと・・・、怖くていけない。

今の夢は、一人カラオケデビューをすることかな・・・・?!?

それにしても、カラオケにあまり行けなくなってからというもの、いや、もしかしたら年を取ったからかもしれないが、新曲を入手するのが億劫になってしまった。以前は、カラオケのためにせっせと曲を仕入れて聞いていたのにな。

結局はいつも歌いやすいという理由で、同じ曲を歌っているような気がする。

ああ、カラオケ行きたーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんこ、ちゃんこ

先日、話題のちゃんこ屋『ちゃんこダイニング 若』渋谷店に行った。(8月20日の土曜日のことである) 

二週間以上前に電話をしたら、希望の7時はすでに満席(><)!8時半なら空いているとのことで、その時間を押さえた。行きたい人は、早めに予約することをお勧めする。

メンバーは男二人に女二人。鍋を食べに行くなら大勢がいいと思ったけど、これは、正解!!

充実した(そして魅力的な)ちゃんこ以外のメニューの中から、サラダやら、つくねやら6,7種類ほど選び、締めはちゃんこを二人前。で、最後にラーメンを投入して食べ、更に、最後にご飯を投入して雑炊まで堪能!!(店の人にも驚かれた)・・・はぁ、おいしかった。

ちゃんこは塩、しょうゆ、味噌、キムチの四種類あり、ちゃんこのトッピングメニューも充実。(私たちは、塩を選んだけど、さっぱりしてておいしかった)。 その他、お酒や、おつまみ&食事メニューのラインナップも充実してて、美味!

しかし、いやー、飲むわ、食べるわで、なんと一人8千5百円近くも掛かってしまった!!

私たちはかなり食べたほうだけど、やっぱり、全体的に単価高。(和牛のあぶりたたきは2500円だったし、男二人が飲んだ焼酎は一杯1300円だった・・・)

でも、味は結構いいし、ちゃんこは作ってくれるし、スタッフの態度もいいし、店内はおしゃれだし、高いお金を払っても満足かな。また、行きたい。

余談だが、友達が「花田勝氏は、毎晩どっかしらの店に顔を出してるらしいよー」と話したとたん、私の目に花田勝氏の姿がっ!かなり興奮したが、男友達が写メールを無断で撮ろうとしたのを「本人の了承を取らなきゃだめだよ!!」と怒ってやめさせた。

でも、「写真を撮ってください」と言っていいものかどうか・・・と考えあぐねていたら、写真を頼んでいるお客さんが・・・。「私たちも後で撮ってもらおー!」と張り切っていたけど、気がついたら彼は去った後だった・・・ががーん。ミーハー心を抑えて、失敗した私たちだった。

店のスタッフに聞いたら、どこにいつ現れるかはみんなには知らされていないそう・・・・。

みなさん、もし会えたら、ラッキーですよ。

今度は、他の店舗にも行ってみよっと!!

ちなみに、女二人で行っても、結構あっさりしているのでみんな平らげてしまうそう。(店の人談)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翻訳

会社での仕事で、たまに翻訳をすることがある。うちは商社なので、お客様とメーカー側のやり取りの翻訳(和訳・英訳)が主で、たまに製品の仕様書の翻訳などである。(そんな大それた翻訳でもない)

ところで、『翻訳』って、むずかすぃ~。

翻訳をやっていると、自分の国語力のなさを改めて思い知らされる。英訳は正しいかどうかは知りようがないが、和訳は読んでみて「お前は作文を書く小学生並みか(くりーむしちゅー上田風に)」と自分で突っ込みを入れたくなるほど、情けないものである。おそらく、英訳も小学生並みなのであろう・・・・。(たまに、英語の先生にみてもらうけど・・・、情けねぇだ・・・・)

やっぱり、小さいころに本を読んでなかった罰が当たってしまったのかっ!

そう。翻訳とは英語力というのも大事だが、もっと大事なのは母国語である日本語なのである!!日本語を知らないと、辞書に載っている言葉が訳した文章にそぐわないときに、意味を違えないような同義語を持ってくることができない!つまり意訳ができないのである。

みなさんは翻訳物を読んだときに違和感を覚えた経験はないだろうか?外国語の直訳は、案外通じない。意味がわからない。意訳をしないと、ちんぷんかんぷんになってしまう。そこで、国語力が試されるのである。

日本語を英訳するときも、また然り。

ひとつの文章は、何通りの日本語でも言うことができるものがある。「私は彼から不思議なものを受け取った」は「彼は私に不思議なものを渡した」と言うことができ、更に”不思議なもの”とは、strange (変なもの)なのか、miracle (驚くべきもの)なのか、前後の流れを見極めながら、どの英語が適切なのかを導かなくてはならないのだ。”どの日本語で”辞書を引けば、一番近い英語に行き着けるのか、考えなくてはならないのだ。

和英辞典を引くときに、どれだけ自分の言いたい表現したい英語を見つけることができるか・・・それはやはり国語力。

ちなみに、常識かもしれないが、私は和英辞書で引いた英語は、必ず英和で引きなおしてみる。辞書って人が作ったものだから、パーフェクトではないと思うし、言葉って案外、人によってニュアンスの捉え方が違うものだ。

ここで、私の失敗談をひとつ。

電話での会話の後、自分の下手な英語を謝ろうと、メールにしたためた文章だった。「焦ってしまって、上手に会話が出来なかったわ。ごめんなさい」と・・・。

”焦る” という日本語である。辞書で引くと下の方に”UPSET” とあったので使用した。すると「なんで怒ってるんだ?」というメールが来て、驚いた。なんと、UPSETとは通常、怒るという意味で使用するそうだ。慌てて、違う言い回しのメールを入れて事なきを得た。

確かに、「焦る」という言葉を和英辞書で引くと、UPSET が出てくるのにー!!

でも、結構、常識だったらしい。英語が出来る数人の友達にその話をすると、知らぬは私ばかりなりだった・・・・恥ずかしい。

話を元に戻すが、翻訳をやった後は、必ず頭痛がする。普段使っていない頭を使っている証拠である。あーあ、翻訳業の人って、本当に尊敬しちゃうな・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腸内洗浄体験 1

先日、腸内洗浄に行ってきました。初体験。

汚い話で恐縮ですが、私はここ何ヶ月もずっと軟便しかしたことがありません。自慢じゃないけど、夕食は野菜たっぷりのバランスの取れた手作り料理、三食食後にヨーグルトや某ヤ○○ト製品を取っています・・・でも、効いていませんでした。いや、製品が悪いって訳じゃなく、結局、腸がかなり弱っていたみたい・・・。そういう人はサプリを飲んでも効かないそうです。

そこで、これはビフィズス菌よりも洗浄だっ!というわけで、誕生日の記念もあり、行ってきたのです。

腸内洗浄は、腸の状態を整え、相乗効果で、冷え性も治り、肌もきれいになり、極めつけはダイエットにもなる!!(今流行のデトックス効果だよ)

・・・前置きが長くなりましたが、今回は新宿の某クリニック。とっても近代的できれいでおしゃれです。

院長の問診の後、いよいよ腸内洗浄に!洗浄担当の先生はなかなか美人で親しみやすい人で、ひとまず、ほっ。(以下、美人医)

ところで、結構痛いです。美人医の言葉を借りれば、「おなかを壊したときと同じ痛み」でした。ネットや雑誌の体験記では、そんなこと一言も書いてなかったどころか、気持ちいぃみたいなことを書いてあったのですが・・・・どうやら興味があっても、来なくなっちゃう人がいるからみたいです。でも、痛みは人によっては千差万別。それに、先生も「我慢しろ」とは言わないので、これから行こうと思っている人は、安心してくださいな。

私は幸運なことに、「痛みにも強いし、お湯もたくさん入るほうですね(^^)」と褒められました。

そう、・・・この人肌に温まったお湯を肛門から腸に入れて、洗浄していくのです。ってゆうか、肛門に入れる棒状のものを見て、びびってやめてく人も多いそう。

私の場合・・・35歳になれば、怖いもんなしさ!!の精神で、先生の言ったとおりにリラックスしてたら全然、へいのチャラでした。

脱線しましたが、お湯はどんどん入っていくので、自分の限界と思うところで止めてもらいます。そして、マッサージしてもらいながら出す、またお湯を入れては出す、を繰り返すこと5,6回。自分の出したものも見えるんだけど、最後のほうは大分色が薄くなってきてたなぁ・・・。でも、このマッサージは甘くありません。痛いです。

余談ですが、病院を離れてから一時間後、トイレに行ったときに、残ってたお湯が出てきました。半透明の黄色いぶよぶよの塊が・・・・ああ、これが宿便かぁ・・・・。(感動)

結果としては、体重は1キロ弱しか減らず(2,3キロ減るって読んだことあったのに!)、だけど、腸内状態は(完璧とはいえずとも)良くなりました。(^^)。ただ、一回では効果が出ないそうで、最初は一週間に一回を数回、次に二週間に一回を数回、あとは一ヶ月に一回・・・と、どんどん減らしていけばよいそう。

早速二回目!!っと思ったけども、普通のOLでは行ける時間帯が結構混んでて、次回は二週間後にしか予約を取れませんでした。また、新しい発見があったら、報告します。

9月には別の病院(銀座)にも行きますので、体験記をお楽しみに!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

太陽のにおい

太陽の香り、というより、こっちのほうが私的には”しっくり”きたので、
こういう題名をつけてみました。
太陽のにおい・・・
家事をやったことがある人なら気がついている人も多いと思いますが、
布団や洗濯物を干したあとにする、あのにおいが私は好きです。
室内干しでは、絶対にああいうにおいはしません。
脳をやさしく揉みほぐしてくれるような、幸せなにおい・・・。
今まで気がつかなかった方も、ぜひ、何かを外に干したら
そっとにおいをかいでみてください。
私の好きなもののひとつです。
余談だけど、以前、もう何年も前に、化粧品会社でその香水が発売されたと聞いたことがあります。
あれはどうなったんだろう。。。。購入した人はいますか?

末筆ながら、これから、私の感じたことや出来事などをここに載せて行きたいと思っています。

結構このさわやかなタイトルにそぐわないような、泥くさいテーマを書いたり
するかもしれないけれど・・・末永くお付き合いください。
よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年9月 »